logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2016/11/11

土踏まず の機能・役割

人間には、地面からの衝撃や自身の重さを支えるための機能、『土踏まず』『半月板』『椎間板』『S字状のカーブ』があると前回述べました。

 

まずは『土踏まず』です。

扁平足や足部に関するトラブルは以前にも述べました。

扁平足障害扁平足が原因となるスポーツ障害胼胝・鶏眼種子骨炎モートン病中足骨疲労骨折

 

裸足や下駄を履いて生活をしていた頃は、常に足趾(足の指)を使っていたので足底の筋肉がしっかりとしていて足底のアーチ(縦のアーチ、横のアーチ)もしっかりと機能していました。

靴の生活になり、足趾を使わなくなっている事が多い現代では、足趾が動かせない人足底のアーチが無くなってきている人が多く、足底のクッション機能が弱くなってきています。

(※すべての人に該当するわけではなく、個人差があります。)

%e6%89%81%e5%b9%b3%e8%b6%b3%e2%91%a0

 

 

 

 

 

 

 

 

また、偏った姿勢でいたりすると、当然荷重のかかり方が左右で異なります。

左右の違いだけではなく、片側の足の裏の中でも、つま先荷重であったり、踵荷重であったりと荷重のかかり方は異なります。

そうなると、足部の負担の掛け方や、歩行時の足の着き方が徐々に間違った形になり、足底のアーチも崩れてきてしまいます。

 

足底(土踏まず)の機能を取り戻すためには、青竹踏みや足底のストレッチ・マッサージなどで足底の筋肉の柔軟性を獲得すると共に、足趾のグーパー運動タオルギャザーと言った運動により足底の筋肉を鍛えていく必要があります。

(※足趾のグーパー運動における“グー”とは、手のこぶしと同じように足趾の付け根の部分に骨がしっかりと出てくるのが理想です。曲がっているのが足の指先だけでは不十分です。)

 

 

次回は『半月板』『椎間板』についてです!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/11/09

体の偏り 体の歪み 姿勢について

体の歪みの原因となるケースを考えてみました。

ほんの一部ではありますが、驚くほどありました!

日常生活の中で、ほとんどが歪ませて生きているのだなと思いました…。

 

< 家において >

○あぐらをかいて腰が丸まる

○横座りで体が片側に偏る

○ソファで体が沈み込むように座ると背中・腰が丸まる

○食事中やTVを見る際に体を捻っている

○子供の抱っこが毎回同じ側

%e6%8a%b1%e3%81%a3%e3%81%93

 

 

 

 

 

 

 

 

< 仕事中(特にデスクワーク) >

PC作業を片肘つきながら行っている

○ノートPC作業を、手元で背中を丸めながら行っている

○デスクトップPCで、画面が正面に無いために頚or体を画面の方に捻りながら作業している

○椅子と机の高さが合っていないために背中が丸まる

○机の下に荷物があるので、足の置き場所が変な位置になる

○決まった側の脚をよく組む

%e7%8c%ab%e8%83%8c%e2%91%a1

 

 

 

 

 

 

 

< 外出中 >

○荷物は毎回同じ側の肩に掛ける(手で持つ)

○傘を持つ手は毎回同じ側の手

○信号待ちや電車を待つ時、電車内で立っている時、毎回同じ側の脚に重心を掛ける

○犬の散歩などでリードを持つ手は毎回同じ側

○満員電車での無理な姿勢

%e6%ba%80%e5%93%a1%e9%9b%bb%e8%bb%8a

 

 

 

 

 

 

上記に挙げた例はほんの一部に過ぎず、日常生活において体を歪ませる場面と言うのは、挙げればキリがないくらいにあると思います。

 

大切なのは、生活習慣や環境に合わせて姿勢が歪んでしまった時に正しい姿勢にリセット出来るようにニュートラルな状態を体に覚え込ませておく事と、自身でニュートラルに戻す様にケアしていく事です!

(ご自身で難しければ、治療院などで定期的にケアしていくのもひとつの手段です。)

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%81%e2%91%a0

 

 

 

 

 

 

人間は、4足歩行から2足歩行に進化してきましたが、その過程で2足歩行でも体が耐えられる様に進化もしています。

4つ足動物は、自身の体重を4本の脚で支えていますが、人間は2本の脚で支えています。

 

歩行時の地面からの衝撃や、自身の重さを支える負担は4本から2本に減りましたが、体の各箇所にはそれを補う機能があります。

 

足底には『土踏まず(横アーチ、縦アーチ)

膝には衝撃を吸収する『半月板(線維軟骨)

頚~腰にも主に水分が成分の『椎間板(線維軟骨)

脊椎(背骨)は体の前後に『S字状のカーブ』を呈し、体に掛かる負担を前後に分散させます。

 

しかし、そのせっかくの機能を、体を歪ませることによって弱めているのです。

 

どのようにして弱まっているのかを次回に述べていきます!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/10/05

子供の姿勢矯正 子供の肩こり腰痛

子供に矯正?!

と思われる方もいるかもしれませんが、子供の体には、出産の時からストレスがかかっています

 

出産時に、お母さんの骨盤が歪んでいると、赤ちゃんは歪んだ骨盤に引っ掛かってうまく出てこられません。

これは、お母さんの体に負担が掛かるのと共に、赤ちゃんの首の骨が歪んでしまう原因にもなります。

また、出産後も頭が左右どちらかを向いて仰向けに寝ていると、頭の歪みと向き癖がついてしまいます。

頭の歪みも、首の骨、背骨、骨盤の歪みにつながり、これが肩こりや腰痛の原因となっていきます。

 

赤ちゃんは生まれてから、寝返り→お座り→ハイハイ→つかまり立ち→ひとり歩きと、成長していきますが、その間、尻餅をついたり、転倒したり、抱っこから落ちてしまったり、と言った具合に体に対しての衝撃が幾度となく加わります。

babay_tukamaridachi

 

 

 

 

 

 

そのたびに背骨がゆがんでいく原因になるのですが、小さいうちはまだ関節、筋肉の柔軟性があるのでそれほどダメージは表面化しません。

ただし、現在は携帯電話や携帯型ゲーム機の普及もあり、良くない姿勢でいる事が多いので、肩こりを訴える子供が多かったり、体の歪みの為にまっすぐに走れなかったり、転んでも手が出ずに顔を打ってしまうなんて子もいます。

子供のうちは症状が出なくても、ダメージは蓄積されますし、歪みはそのままなので、大人になってから症状が出る事になります。

 

小さいうちからでもケアをしていく事は大切です。

子供だから大丈夫という事ではなく、子供のうちから気にしていくべき事です。

姿勢が悪いと、背中が丸まるので、胸郭(胸の部分)が縮こまります。

shisei_isu_boy_bad

 

 

 

 

 

 

 

胸郭が縮こまると、呼吸も浅くなってしまいます。

呼吸は、人間が生きていくうえでエネルギー源となる酸素を大気から体内に取り込む大切な行動です。

取り込んで、エネルギー代謝で産出された二酸化炭素を体外へ排出する行動でもあります。

これは、普段は無意識下で行われていますので、問題とすることはないと思いますが、それが逆に怖いところでもあります。

エネルギー源となる酸素が不足してしまうと、集中力が低下したり、体の疲れがとれなかったり、病気や怪我に対する体内の抵抗力(免疫力・自然治癒力)が低下したりします。

 

当院の矯正(バイタルリアクトセラピー)は低刺激で、子供から年輩の方まで安心して受けられる治療ですので、ぜひお気軽にご来院・ご相談ください!

姿勢を良くして、体内の自然治癒力をUPさせて、健康な生活を手に入れましょう!!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/10/04

妊娠中の姿勢矯正、産後の骨盤矯正

女性は妊娠をすると、リラキシンというホルモンが分泌されて出産までの期間で徐々に骨盤の靭帯をゆるめていきます。

これにより、骨盤が広がり、赤ちゃんが通る為の産道が確保されていきます。

 

ただし、動く事が激減した現代では、関節をつないでいる靭帯や骨盤周囲の筋肉が弱くなっている為、妊娠すると骨盤がゆるみ過ぎてしまう場合があります。

ゆるみ過ぎると、腸が下がり、それにつれて膀胱や子宮、直腸も押し下げられるので、骨盤をゆるませ過ぎない様にする事が大切です。

つまり、骨盤ケアは妊娠中から始まっているのです。

ninpu_genki

 

 

 

 

 

 

 

骨盤がゆるむと、そのゆるみから、骨盤の上にある背骨は不安定となり、歪みやすくなります。

つわりが長引いたり、重症化したりする場合、胃や腸の裏側の背骨のバランスの悪さや、筋肉のこりから起こる事もありますので、骨盤はベルトで締めつつ、背骨の歪みを防止します。

当院のバイタルリアクトセラピー(カイロプラクティック)は、骨盤を矯正しないでも、首の骨(頸椎)や頭蓋骨を矯正することで全体のバランスを整えることが出来る治療です。

低刺激の矯正ですので、ぜひお試しください。

 

また、骨盤ベルトですが、これは締める位置に注意が必要です。

下記サイトに詳しく出ているので参照してみてください。

トコちゃんベルトの青葉

 

お腹を締めてしまうと、子宮の赤ちゃんを圧迫してしまいますし、腹部にある大きな静脈も圧迫され、心臓に戻る血液が戻りにくくなり、足がむくむ原因となります。

また、同様に腹部にある大きな動脈も圧迫されるので腎臓に行く血液が減り、おしっこが作られにくくなります。これにより、腎臓から血圧を上げて血液をもっと送って欲しいというホルモンが出て、血圧が上がってしまいます

 

産後の骨盤矯正ですが、治療開始の目安としては

自然分娩では出産後1ヶ月半ほど

帝王切開では出産後2ヶ月ほど

となります。

頻回な矯正も逆に痛みが出る原因となりますので、大体、2週間に1回ぐらいの目安で進めていきます。

初回時に骨盤のゆるみ具合をチェックして、状態を確認しながら施術を進めていきます。

 

また、骨盤の歪みだけではなく、出産後のお母さんは、赤ちゃんの抱っこやお乳をあげたりなどで無理な体勢をとったり、夜泣きなどで睡眠も不充分になったりします。

体全体の歪みや交感神経の過緊張など、体に負担となる要素がたくさんありますので、頻繁でなくとも定期的にケアが出来ると大分違うと思います。

当院には、ベビーベッドもあり、女性スタッフもいますので、お気軽にお問合せ・ご来院ください!

akachan_dakko

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/09/05

猫背の影響が肩こりや腰痛へ

猫背姿勢になると、頭が前方に突き出る形になるので、頭が落ちない様に首から肩周りにある

僧帽筋の上部線維肩甲挙筋

などの筋肉が緊張します。

これらの筋肉の緊張が、肩こり肩の痛みを引き起こす原因となります。

症状が強い方は頭痛吐き気を伴う方もいます。


%e5%a7%bf%e5%8b%a2

 

 

 

 

 

 

 

 

また、背中が丸まるので、

肩甲骨が背骨(脊椎)より引き離される(体の中心より離れる)状態

になります。

肩甲骨には、

僧帽筋の中部線維・下部線維,大菱形筋,小菱形筋

など他にもたくさんの筋肉が付着しています。

これらの筋肉も緊張状態になり、背中のハリや痛みへとつながります。

 僧帽筋・菱形筋

 

 

 

 

 

 

肩を動かす際には肩甲骨も動きますので、肩甲骨周りの筋肉が緊張してしまっていては、肩甲骨の動きが悪くなり、肩の動きも悪くなってしまいます。

さらに、猫背で背中が丸くなると、そのバランスを取ろうと腰の弯曲もおかしくなってきてしまいます。

腰の反りは重要で、大きくても少なくても腰痛の原因となります。

 %e8%85%b0%e7%97%9b

 

 

 

 

 

 

 

猫背はご自身でも意識することは出来ると思いますが、腰の反り具合というのは分かり辛いと思います。

姿勢に関しては、加療だけではなく、患者さまご自身の注意・意識も必要となります。

当院では、良い姿勢へ向けての加療,取り組みを精一杯お手伝いさせて頂きますので、ぜひご来院ください!

また、疑問点などがありましたらお気軽にご質問ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/09/03

不良姿勢の原因

人間の体は連動しているので、

猫背から骨盤が歪んできたり、

骨盤の歪みから猫背になってきたり、

足の痛みをかばって骨盤が歪んできたり…

と、1箇所の痛み・歪みが体全体に影響を及ぼします。

 

ただし、日常生活において、無理な体勢(不良姿勢)をしなくてはいけない場面は多々あると思います。

 

デスクワークでの不良姿勢や、

かがんだ体勢や中腰姿勢での作業

子供の抱っこやおんぶ

体を右(もしくは左)捻った状態でいつもテレビを見ている

など…。

また、デスクワークの不良姿勢と言っても、

視力が悪くて顔が画面に近付き、猫背になるのか、

机や椅子の高さが合っていないのか、

パソコン画面が体の斜め前にあるのか、

デスクトップ型パソコンなのかノートパソコンなのか

などなど考えられる原因は沢山あります

 

こういった日常生活の不良姿勢体で生じた体への負担を放っておくと、初めは腰なり背中なりの1箇所で、そこまで気にならない程度であったものが、徐々に広範囲になり、更には複数の箇所が辛くなってくるといった状態になりかねません。

 

また、不良姿勢を長く続けていると、正しい姿勢がわからなくなったり、正しい姿勢でいる事が辛くなってしまいます。

 

そうならない様に、早めの対応が肝心です。早めの対処が早期の改善につながります。

自分の姿勢・体の歪みがどのようになっているのか気になりましたら、ぜひご来院ください!

お体の状態を分析・ご説明すると共に改善に向けてのお手伝いをさせて頂きます!!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

浦和にあるメリー整骨院のブログでは日々のお体のケアのアドバイスもご提供しております

浦和で信頼と実績ある当院のブログでは、日々の診療の様子や患者様とのエピソードのご紹介をはじめ、気になるお体の悩みや辛い痛みの原因と改善方法のご紹介、痛みの改善や予防のためのアドバイスなどをご紹介しております。
メリー整骨院で患者様から信頼を寄せられ、親しみやすく優しい施術で人気の柔道整復師が、分かりやすいアドバイスをご提供しておりますので、ぜひブログをご覧ください。
ブログをご覧になって当院の施術にご興味をお持ちになった方や、当院が推進する痛みやコリの根本改善療法を受けてみたいと思われた方は、お気軽に浦和にある当院までお問い合わせください。お一人お一人のお悩みやお体の状態に寄り添い、親身で安心な施術をご提供させていただきます。