logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2016/12/09

呼吸と姿勢の関係④ さいたま市浦和区 メリー整骨院

人間は、1日に約3万回の呼吸を行うと【 呼吸と姿勢の関係① 】で記載しました

 

息を吸う事で、エネルギー生成に必要な酸素を体内に取り込み、

息を吐く事で、エネルギー生成によって発生した二酸化炭素を体外に排出します。

 

普段、呼吸は特に意識をしなくても繰り返し行われます。

この無意識に行われている呼吸をコントロールしているのは『延髄』です。

 

また、人は意識的に呼吸を調節することも出来ます。

呼吸の深さやリズムを変えたり、呼吸を止めたりすることも出来ます。

この時に呼吸をコントロールしているのは『大脳皮質の運動野』です。

 

人が喋っている時は大脳皮質によって延髄は働きを抑制され、喋り終えると抑制が外されるのです。

ただし、一息で喋るのには限界がある、呼吸を止め続ける事は出来ない、と言ったように抑制をし続ける事は出来ません。

 

 

そして最後にもうひとつ、恐怖や不安、怒りなどの感情によっても呼吸は変化します。

緊張したり、不安になったりすると呼吸は乱れて早くなり、

リラックスしている時には呼吸はゆっくりと落ち着きます。

この時に呼吸をコントロールしているのは『大脳辺縁系にある扁桃体』です。

 

それぞれ、呼吸をコントロールしている中枢の違いによって

『延髄』⇒『代謝性呼吸』

『大脳皮質の運動野』⇒『随意呼吸』

『大脳辺縁系の扁桃体』⇒『情動呼吸』

と呼ばれます。

%e5%91%bc%e5%90%b8%e4%b8%ad%e6%9e%a2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呼吸は、姿勢などの外的要因でも変化するし、感情などの内的要因でも変化するのです

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/12/05

呼吸と姿勢の関係③ さいたま市浦和区 メリー整骨院

良い姿勢と言えば、胸を張って背筋が伸びた姿勢を思い浮かべると思いますが、“胸を張る”という部分が過度に意識されてしまうと逆に緊張を高めてしまう姿勢になります。

 

%e8%83%b8%e7%aa%81%e3%81%8d%e5%87%ba%e3%81%97%e5%a7%bf%e5%8b%a2%e2%91%a0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①は“良い姿勢”であり、横から見た時に、

耳垂(耳たぶ) ⇒ 肩峰(下の図参照) ⇒ 大転子(股関節横の骨のでっぱり) ⇒ 膝関節 ⇒ 外果(外くるぶし)前方

を通ります。

 

②は“猫背姿勢”で、胸椎が後方に突出して背中(肩甲骨部分)が丸まります。

 

③は“腰反り姿勢”で、腰を前方に突き出すようにして立ちます。お尻が後方に突き出されたようでもあります。

腰の前方への弯曲が強くなるので、バランスをとるのに自然と胸椎(背中)の後方への弯曲も強くなります。

 

④は“胸張り姿勢”で、一見背筋が伸びて良い姿勢に見えますが、重心が前方に移動してしまっています。

 

重心が前方に移動してしまうと、前方に倒れない様に下腿三頭筋(ふくらはぎ)や大腿四頭筋(前もも)に力が入り、腰が反って腰の筋肉も緊張してしまいます。

 

また、胸を張っている事で背部の筋肉にも力が入ってしまいます。

 

下の図は体を上方から見た時の脊椎(背骨)と肋骨と肩甲骨の位置関係です。

図の様に、肩甲骨は脊椎の平行面に対して30度の角度を成しています。

 

%e8%82%a9%e7%94%b2%e8%83%b8%e9%83%ad%e9%96%a2%e7%af%80

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の胸郭(肋骨で覆われた部分)は、脊椎(背骨)はゆるやかに後弯し、肩甲骨は脊椎(背骨)の平行面と30度の角度にあります。

胸を張り過ぎると、生理的な脊椎の弯曲と肩甲骨の30度の角度が減少してしまうのです。

 

このように筋肉の緊張を伴う姿勢は、交感神経が優位になります。

交感神経が優位になると、呼吸は早くなり、心拍数は増加、さらに筋肉の緊張が増す。と言った悪循環に陥ります。

 

また、胸を張って胸郭を拡張させたような姿勢では、息を吸って胸郭を拡張させるスペースがないので、深く息を吸い込むことも出来ません。

 

正しい姿勢を意識した時に、慣れないうちは余計な力が入ってしまうかもしれませんが、良い姿勢とは、リラックスした状態で、自然体で、維持できる事が重要なのです。

 

 

姿勢矯正、自律神経を整えるには『バイタルリアクトセラピー』

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/12/02

呼吸と姿勢の関係② さいたま市浦和区 メリー整骨院

体内にしっかりと酸素を取り込むには、体幹の筋肉がしっかりと使えていなくてはいけません。

 

呼吸は、吸息筋の働きで胸郭が広がると、胸郭内の圧力が低くなり、胸郭の広がりに引っ張られて肺も膨らみます(肺の中に空気が入る)

 

肺はゴムの様な弾性があるので、広がったらもとに戻ろうとします。

ただし、それだけでは息は吐き切れないので、呼気の後半は呼息筋が働いて空気を肺から押し出します。

 

肺から空気を押し出した状態でも、肺に空気は残ります。(機能的残気量と言います。)

この肺に残ってしまう量が多くなると、肺は常に過膨脹している状態となってしまうので、呼吸の換気量が少なくなってしまいます。

ちょっとした動きですぐに息切れしてしまいます。

 

肺の弾性は加齢によって衰えてしまうので、吐き出すための呼息筋は衰えないようにしないといけません。

 

吸息筋 ⇒ 僧帽筋、斜角筋、胸鎖乳突筋、外肋間筋、横隔膜

呼息筋 ⇒ 内肋間筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋、腹直筋

 

%e5%91%bc%e5%90%b8%e7%ad%8b%e7%be%a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

%e5%83%a7%e5%b8%bd%e7%ad%8b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吸息筋、呼息筋を見てみると、息を吸う際は体幹の上部息を吐く際は体幹の下部の筋肉が主に使われています。

ですので、体幹の筋肉は全体的に重要となります。

 

しっかりと息を吸う、しっかりと息を吐く、と言う行為は、筋肉の働きだけではなく、正しい姿勢が必要となります。

 

前屈みの巻き肩姿勢では、胸郭が縮まった状態ですので、いくら吸息筋が頑張っても、十分な息は入っていきません。

腰が丸まって骨盤が後ろに倒れた状態では、腹部周囲の呼息筋が十分に働けず、息がしっかりと吐き出せません。

%e7%8c%ab%e8%83%8c%e2%91%a1

 

 

 

 

 

 

 

shisei_isu_boy_bad

 

 

 

 

 

 

 

姿勢と言う、体の環境を整えてあげる必要があるのです!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/11/30

呼吸と姿勢の関係① さいたま市浦和区 メリー整骨院

パソコンや携帯電話の普及した現代では、不良姿勢になっている方が多いと思います。

その不良姿勢は、呼吸にも影響を及ぼしてしまいます

人間が生活していく上で、呼吸は欠かせない大切な働きです。

 

呼吸と姿勢は密接な関係にあり、

良い姿勢の方は良い呼吸が行えますし、

良い呼吸が出来ている方は良い姿勢であると言えると思います。

%e5%a7%bf%e5%8b%a2

 

 

 

 

 

 

人間は、1日に約3万回の呼吸を行いますが、そのうちの1回で体内に取り込む空気は約500mlです。(安静時)

ただし、500mlのうちの150mlは気道などにとどまるため、肺に到達して酸素と二酸化炭素のガス交換が行われるのは、350mlとなってしまいます。

 

この350mlというのは、通常に空気を体内に取り入れられた時の量なので、姿勢が悪かったりして、通常量の空気を体内に取り入れられなかった場合は、ガス交換される量がこの量よりも少なくなってしまいます。

また、空気中における酸素の割合は、20%ですので、純粋に350mlの酸素が取り入れられているわけではありません。

 

呼吸が浅く、酸素をしっかりと取り込めていないと、人間の活動に必要なエネルギーを充分に生み出せないので、疲れやすかったり、だるかったりと体の不調へと繋がります。

また、人間の体で最も酸素を消費するのは脳で、全体の25%もの量を消費します。

ですので、酸素不足は集中力の低下にもつながります。

 

呼吸は、姿勢だけでなく、筋肉の働きや、脳の働き、循環器の働きも影響してきます。

その大事な働きを順々に載せていきたいと思います。

%e8%85%b9%e5%bc%8f%e5%91%bc%e5%90%b8

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/11/14

脊椎のS字状カーブ の機能・役割 ストレートネック 猫背

人間の脊椎(背骨)は、頚から腰に掛けて前後に『S字状のカーブ』を呈しています。

それで地面からの衝撃や自身の重さを前後に分散させているのですが、そのS字状のカーブは強くても直線に近くても良くありません。

 

現代は、ストレートネック(頸椎のカーブが無い)猫背(背部のカーブが強い)など、S字状のカーブが理想的なカーブではなくなっている方が多くいます。

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e2%91%a1

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレートネックは、携帯電話の操作やデスクワークなどで常に下を向いている方に多いです。

下を向いていると、頭が下に垂れない様に頚から肩にかけての筋肉である僧帽筋やその他の筋肉にも負担が掛かります。

僧帽筋の緊張は肩こりの原因となりますし、下を向いている状態は頚の骨(頸椎)が真っ直ぐになる状態を作り出します。

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e2%91%a0

 

 

 

 

 

 

 

猫背は、背中が丸くなり、頭が前のめりになり、そのままでは視線が下に落ちるので、頚を上に向ける様にします。

%e7%8c%ab%e8%83%8c%e2%91%a0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頚を上に向ける状態だと、頭と頚の付け根の部分にある後頭下筋群の緊張を招きます。

後頭部には、後頭神経という神経が分布していますので、この部分の筋緊張は後頭神経痛という頭痛の原因にもつながります。

また、眼球の運動に関与する筋肉もありますので、眼の疲れにも繋がりますし、頭へ血を運ぶ椎骨動脈が通る箇所でもありますので、頭への血流不足も招いてしまいます。

 

猫背姿勢は、体の筋肉をあまり使わずに筋肉を包む『筋膜』や関節を支える『靭帯』に寄り掛かった状態でいる事になります。

筋肉は使わないでいると衰えますから、不良姿勢に慣れてしまっている方は、いざ正しい姿勢を保とうとしても保つことが辛くて出来ません。

適度な筋力と本来の脊椎カーブ(S字状カーブ)があれば、体に負担なく姿勢を保てるはずが、筋力の低下とカーブの消失or過度なカーブにより正しい姿勢を保つことが辛くなってしまっているのです。

 

 

猫背は体の前後に対する問題ですが、体の左右に対する問題もあります。

○立っている時や座っている時、いつも同じ側に荷重を掛けている

○座っている時、いつも同じ側の脚を組む

○いつも決まった側の手で荷物を持つor決まった側の肩に荷物を掛ける

○食事中、テレビを見るor会話をするのに、体を右や左に向けて捻らせている

○仕事中、いつも同じ方向に体を捻らせて作業している

などです。

 

人間の体は、脊椎(背骨)を中心にして、左右にテントを支えるロープの様に筋肉が張り巡らされています。

左右に均等にテンションを掛け合う事で真っ直ぐに保っているのが、片側に傾けたりした姿勢を続けていると片側に過剰な負荷を掛け続ける事になります。

 

そうすると、負荷が掛かっている筋肉に過剰な筋緊張が生じ、血行が滞ってしまいます。

血行が滞ると、発痛物質が蓄積されてくるので痛みとして感じるようになります。

 

 

以上の様に、本来、人間には体への負荷を逃がすための機能があります。

 

○足底には『土踏まず(横アーチ、縦アーチ)

○膝には衝撃を吸収する『半月板(線維軟骨)

○頚~腰にも主に水分が成分の『椎間板(線維軟骨)

○脊椎(背骨)は体の前後に『S字状のカーブ

 

上記の様な機能を日々の生活習慣において低下させています。

日々の繰り返しが蓄積されて、ちょっとした出来事をきっかけとして症状が現れてきますので、ご本人的には何もしていないのに…と思われるかもしれません。

改めて、生活習慣を見直してみるのも良いのではないでしょうか?

 

当院では、バイタルリアクトセラピー(カイロプラクティック)によって、姿勢を正し、人間が本来持っている体の各機能自然治癒力がしっかりと働く様に、体の根本からの改善を目指して施術していきます!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/11/12

半月板 椎間板 椎間関節 の機能・役割

次に、『半月板』『椎間板』ですが、これは誰しもがそうですが、加齢とともに機能が弱まってきます。

だからと言って、それで全ての人が体に不調をきたすわけではありません。

筋肉や関節の柔軟性と言った周囲の機能がしっかりとしていれば、充分に補えます。

 

○『半月板』がある膝であれば、もも(大腿部)の筋肉です。

大腿部前面の筋肉である大腿四頭筋の筋力が落ちている方が多くいます。

年輩の方に限らず、脚をすぐに組んでしまったりする方は大腿部の内側の内転筋の筋力が落ちている可能性があります。

これらの筋肉の筋力と柔軟性をしっかりとさせておく事が必要です。

%e5%a4%a7%e8%85%bf%e5%9b%9b%e9%a0%ad%e7%ad%8b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○頚~腰の背骨を形成する椎骨の間にある『椎間板』であれば、その周りを支える脊柱起立筋などの大きい筋肉や椎体のひとつひとつに付く多裂筋などの小さい筋肉、そして椎間関節と言った関節がしっかりと機能していなければいけません。

%e8%84%8a%e6%9f%b1%e8%b5%b7%e7%ab%8b%e7%ad%8b

 

%e6%a4%8e%e9%96%93%e9%96%a2%e7%af%80

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筋肉には充分な柔軟性と筋力、椎間関節には正常な可動域が必要です。

 

関節も筋肉と同様に動かしていないと動きが硬くなってきてしまいます。

関節は靭帯により支えられていますが、靭帯は弾力性の小さい膠原線維と弾力性に富んだ弾性線維で出来ています。

体を動かしていないと、これらの線維の弾力性が失われていき、関節の可動域が小さくなってきてしまいます。

 

筋肉の柔軟性と筋力、椎間関節の可動域、これがしっかりしていないと日常生活動作に知らず知らずの内に無理が生じてきますので、体も不調を来しかねません。

 

現代は平均寿命も長くなり、内科的な問題を抱えている方もいれば、内科的な問題は無くても加齢に伴う筋力の低下や関節や脊椎の問題、骨粗鬆症など運動器の機能にトラブルがあり、要介護や寝たきりになってしまう方もいます。

これがロコモティブシンドローム(運動器症候群)です。

(ロコモティブシンドローム ⇒ https://locomo-joa.jp/locomo/01.html に詳しく説明が出ているので参考にしてください。)

 

健康でいるためには、体の機能をしっかりと働かせるようにしなければいけません。

 

次回は『S字状のカーブ』についてです!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

浦和にあるメリー整骨院のブログでは日々のお体のケアのアドバイスもご提供しております

浦和で信頼と実績ある当院のブログでは、日々の診療の様子や患者様とのエピソードのご紹介をはじめ、気になるお体の悩みや辛い痛みの原因と改善方法のご紹介、痛みの改善や予防のためのアドバイスなどをご紹介しております。
メリー整骨院で患者様から信頼を寄せられ、親しみやすく優しい施術で人気の柔道整復師が、分かりやすいアドバイスをご提供しておりますので、ぜひブログをご覧ください。
ブログをご覧になって当院の施術にご興味をお持ちになった方や、当院が推進する痛みやコリの根本改善療法を受けてみたいと思われた方は、お気軽に浦和にある当院までお問い合わせください。お一人お一人のお悩みやお体の状態に寄り添い、親身で安心な施術をご提供させていただきます。