こんなお悩みありませんか?

こんなお悩みありませんか?
  • 朝、目が覚めると腰が痛い
  • ズボンや靴下を履く動作で腰が辛い
  • 歩いていると腰が辛くなってくる
  • お尻から脚に掛けて痛みや痺れがある
  • 子供のおんぶや抱っこで腰が痛い
  • マッサージや鍼治療では
    一時的に楽になるがまた辛くなる
  • 根本的に良くしたい

4人に1人は
抱えている腰痛

右図は、国民生活基礎調査による腰痛の自覚症状のある人の割合です。男性では第1位、女性でも肩こりに次いで第2位となっています。
腰痛の悩みを抱えている方は2,800万人!
4人に1人にも及びます。

性別にみた有識者率の上位5症状(複数回答)

なぜ腰痛が改善しないのか

腰痛でお悩みの方の多くは、マッサージや鍼治療、整体にかかられた事があるのではないでしょうか?
そして、施術を受けると楽にはなるが、一時的でまたすぐに辛くなる。こんな事を繰り返していませんか?
マッサージで筋肉の緊張を緩めると、血流が良くなって楽になります。しかし、筋肉の緊張は、根本的な原因の結果として出ている症状である為、いくら筋肉の緊張を緩めても根本的な解決にはなりません。

なぜ腰痛が改善しないのか

腰痛の根本原因

改善しない腰痛の根本原因は、身体の歪み(不良姿勢)にあります。
身体の歪み(不良姿勢)があることで、2つの問題が発生します。

01姿勢で変わる腰への負担

生活の中で、立つ、座る、前屈み、物を持ち上げるなど、様々な動きがありますが、その姿勢・動作によって腰に掛かる負担が変わってきます。
姿勢良く立っている状態で腰に掛かる負担が『100』とすると姿勢良く座っていても『140』
姿勢が悪い状態で立っていると『150』、座っていると『185』。1.5~2倍近い負担が腰に掛かります。

※姿勢良く立っている状態で腰に掛かる負担が『100』とした時の数値

02神経の働きが悪くなる

歪みがあると、神経の通り道が阻害され、神経の働きが悪くなります。その中でも、自律神経の働きが阻害されると様々な不調症状が生じます。腰痛は、筋肉の緊張を緩和させる副交感神経の働きが阻害されている為に、筋肉が緊張してしまうのです。

神経の働きが悪くなる

check!メリー整骨院はここが違う!

根本原因である歪み(不良姿勢)に対し、
医学的根拠に基づいた検査・施術を行っていきます。
歪みを整える事で体への負荷を無くし、神経(自律神経)の
働きを良くし、その結果として腰痛が改善
されていきます!

一般的な治療法だと・・・

例: マッサージ / 電気治療 / 鍼治療 / 腰の牽引

筋肉の緊張は緩和されるが、一時的でまた元に戻る。

お客様の声
嬉しいお声が続々届いています!

  • Voice
  • Voice
  • Voice
  • Voice
  • Voice
  • Voice
  • Voice
  • Voice
患者様の声をもっと見る

料金

完全自費

初診時 6,600
2回目以降 3,300

保険適用時

初診時 4,400
2回目以降 2,400

※全て税込み
※保険適用には条件があります
(負傷原因がはっきりしている痛みなど)

メリー整骨院

〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤4-11-2​
倉林ビル102

受付時間
9:00〜12:30
15:00〜20:00
  • 木曜午後、日曜定休・祝日(不定休)、土曜日は9:00~18:00となっております。
  • 当日の予約、直前の予約可。
  • 臨時休診、臨時診療の場合があります。お知らせにてご確認ください。
予約制
Page Top Page Top

JR浦和駅北口から
当院までの道順(徒歩約10分)

1

浦和駅北口改札、蔦谷を通り抜け、
アトレから出て右に進みます。

道順
2

左手にイトーヨーカドーが見えたら、
イトーヨーカドーの前の通りに入ります。

道順
3

イトーヨーカドーの前の通りを直進します。

道順
4

国道463号線に突き当たるので、
右折します。
右手にローソンがあります。

道順
5

国道463号線に沿って直進します。

道順
6

左手に浦和ロイヤルパインズ
ホテルが見えたら、
ホテル先の信号を左折します。

道順
7

左折したら、浦和ロイヤルパインズホテルを
左手にして直進します。

道順
8

浦和ロイヤルパインズホテルを過ぎ、
2つ目の信号を渡り、直進します。

道順
9

直進していくと、ピンク色のビルが見えます。
そこが当院があるビルです。

道順
10

白い扉の中、
1階通路奥に当院があります。

道順
11

通路奥の入口が当院です。
ビル内に入り辛いかもしれませんが
遠慮なくお入りください。

道順
12

ご来院を
お待ちしております。

道順