logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2018/06/22

健康な身体を維持するには『栄養・運動・睡眠』

昨日は、久し振りにバドミントンをしてきました。

20180621_182730

『運動』が定期的に出来ていないので…。

 

健康な身体を維持する為には、『栄養』『運動』『睡眠』が重要です!

 

患者さんには、よく説明をしますが、自分が疎かになっていたのでは説得力が無いと思い、取り組んできました!

もちろん、単発的では効果が無いので継続的に取り組んでいきます。

 

早速今日は筋肉痛が出始めています。

明日の方が強く出そうですね(^^;)

 

ストレッチ等で筋肉をしっかりと動かして、血液循環を促し、早期に無くなるようにします!

 

 

注意して頂きたいのは、身体に痛みがある方は、運動不足だからと言って、むやみに運動をしないでくださいね。

 

運動不足によって生じている痛みもあれば、運動で悪化する痛みもあります。

安易に自身で判断せずに、通院中の方であれば、通院先の医療従事者に相談し、通院されていない方は、医療機関を受診し、相談してから運動をしてください。

当院へもお気軽にご相談・ご来院ください!

 

 

当院の施術は、

身体の『構造(=姿勢)』を整えて、

身体の『機能(=自律神経の働き)』を良くし、

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させて、不調を繰り返し起こさない体つくりを目指しています!

『バイタルリアクトセラピー』

 

『治療』から『予防』まで行い、今現在だけでなく、5年後、10年後も見据えた、健康な身体作りをしていきます!!

 

『慢性腰痛』『ぎっくり腰』『肩こり』『頭痛』『めまい』『不眠』などでお困りの方は、ぜひご相談・ご来院ください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
https://www.ekiten.jp/shop_94937901/
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/06/18

育児による首・背中・腰の痛み。その予防には?!

前回、育児中の姿勢は身体に負担が掛かる事を載せました。

【 育児による首・背中・腰の痛み 】

 

痛みが出始めたら、治療を開始するのはもちろんですが、気になり始めた時や辛くなる前に【予防】をするのも大切です。

 

虫歯予防に歯磨きをしますね?

歯磨きでは取り切れない部分には『フロス』を行います。

さらには、定期的に歯医者さんで検診なども。

 

 

人間は、睡眠中に身体を回復させていきます。

睡眠①

 

『質の良い睡眠』『充分な睡眠時間』

が取れていて、普段の姿勢も良く、体内の神経の伝達が良好で『自然治癒力』がしっかりと働いていれば回復は充分に行われます。

 

しかし、現代では様々な要因(ストレス)から、自律神経が乱れ、質の良い睡眠が取れていない事が多いです。

充分な睡眠時間を取れていない方も多いと思います。

【 肩こり、腰痛、体の疲れ、睡眠時間は足りていますか??睡眠負債 】

 

育児中であれば、夜泣きもあるでしょうから、なかなか『質の良い睡眠』『充分な睡眠時間』は取れないですよね?!

となると、自身でのケアには限界が生じます。

 

当院の施術では、『質の良い睡眠』が取れるように促していきます。

そして、骨格にアプローチすることにより、余計な筋肉の緊張を取り除きます

 

痛みが出てからの治療はもちろんの事、【予防】も重要と考えていますので、痛みが辛くなる前の段階でもお気軽にご相談・ご来院ください。

 

 

お肌のシミが後々に出てくることがあるように、身体の不調は5年後、10年後に影響してきます。

ですから、今現在の治療だけでなく、先々も考えた【予防】であるメンテナンスも大切です。

人生100年の時代に突入していきますから、『健康寿命』を延ばすにはメンテナンスもしっかりとしていきましょう!

 

 

当院の施術は、

身体の『構造(=姿勢)』を整えて、

身体の『機能(=自律神経の働き)』を良くし、

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させて、不調を繰り返し起こさない体つくりを目指しています!

『バイタルリアクトセラピー』

 

『治療』から『予防』まで行い、今現在だけでなく、5年後、10年後も見据えた、健康な身体作りをしていきます!!

 

『慢性腰痛』『ぎっくり腰』『肩こり』『頭痛』『めまい』『不眠』などでお困りの方は、ぜひご相談・ご来院ください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
https://www.ekiten.jp/shop_94937901/
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/06/17

育児による首・背中・腰の痛み

育児をしていると、どうしても前傾姿勢が多くなりますよね?

また、抱っこすることもありますので、それでも負担が掛かります。

 

◆目線が下になるため、下を向いたり、前屈みになったり。

◆授乳時にも下向きに。また、背中を丸める形にも。

◆抱っこをするため、肩・腰に負担が掛かる。

などなど。

 抱っこ②

育児はノンストップですから、身体には常に負担が掛かりますね(><)

 

下を向いていれば、首~肩~背中には下記の様な負担が掛かります。

肩こりサイクル③

 

これだけではなく、下を向いてばかりいると、正常では前方に弯曲があるはずの首の弯曲を無くなってきてしまいます。

いわゆる『ストレートネック』ですね。

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e2%91%a1

 

こうなってしまうと、筋肉だけの問題では無くなってきます。

神経の伝達に影響を及ばし始め、首や肩の痛み、肩こりをはじめ、腰痛や頭痛、自律神経の乱れにまで進行してしまいます。

 

赤ちゃんや子供を抱き上げる際の前屈み姿勢では、腰に下記の様な負担が掛かります。

椎間板内圧

意外に思うかもしれませんが、立った状態から前屈みになるよりも、椅子で座った状態から前屈みになった方が腰には負担が掛かります。

 

くれぐれも『ぎっくり腰』には注意してください!

 

上記から、育児中は、身体に負担の掛かる姿勢を常に取らなければいけないということですよね…。

では、どのようにすれば良いのか??

 

それは、【予防】です!

 

多くの方は、痛みが出てから整形外科や病院に行ったり、整骨院/接骨院に行ったりしますね?

もちろん痛みが出た時は早期に医療機関を受診して頂きたいのですが、気になり始めた早期の段階や、常日頃からのメンテナンスにも気を配ると良いのではないでしょうか?

 

みなさん、歯磨きは毎日しますよね?

これは、虫歯にならない為の予防です。

定期的に歯医者さんで検診を受けている方もいると思います。

 

では、身体に対してはどうすれば良いのか??

それはまた次回に。

 

 

 

当院の施術は、

身体の『構造(=姿勢)』を整えて、

身体の『機能(=自律神経の働き)』を良くし、

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させて、不調を繰り返し起こさない体つくりを目指しています!

『バイタルリアクトセラピー』

 

『治療』から『予防』まで行い、今現在だけでなく、5年後、10年後も見据えた、健康な身体作りをしていきます!!

 

『慢性腰痛』『ぎっくり腰』『肩こり』『頭痛』『めまい』『不眠』などでお困りの方は、ぜひご相談・ご来院ください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
https://www.ekiten.jp/shop_94937901/
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/06/14

開幕!!

いよいよ4年に1度のサッカーワールドカップが始まります!!

開催地はロシア!

2018W杯ロシア①

 

時差は、4~7時間と試合会場によって異なるようです。

各試合会場も、ヨーロッパ寄りになっていますが、それでも同一国内で3時間も時差が生じるとは、広い国土です!?(0_0)

 

その為、ちょうど良い時間帯に行われる試合もあれば、深夜の時間帯に行われる試合も…。

寝不足になりそうです

 

しかし!

睡眠は身体にはとても大切です!!

<睡眠の役割>

①脳と体の疲れを取る

②ストレスの解消

③身体の成長や老化の防止

④病気の予防

参照⇒【 身体の疲れを取るには、脳を休ませる! 】

 

早目に寝て睡眠時間を確保するなど、寝不足を溜めないようにしてください!

少しずつの睡眠不足でも、身体には確実に蓄積していきますので。

参照⇒【 肩こり、腰痛、体の疲れ、睡眠時間は足りていますか??睡眠負債 】

 

身体に負担を掛けないように、4年に1度のワールドカップを楽しみましょう!!

2018W杯ロシア②

 

 

 

当院の施術は、

身体の『構造(=姿勢)』を整えて、

身体の『機能(=自律神経の働き)』を良くし、

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させて、不調を繰り返し起こさない体つくりを目指しています!

『バイタルリアクトセラピー』

 

『治療』から『予防』まで行い、今現在だけでなく、5年後、10年後も見据えた、健康な身体作りをしていきます!!

 

『慢性腰痛』『ぎっくり腰』『肩こり』『頭痛』『めまい』『不眠』などでお困りの方は、ぜひご相談・ご来院ください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
https://www.ekiten.jp/shop_94937901/
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/06/13

肩の痛みや腰の痛み、年齢が原因と言われた…

肩の痛み腰の痛み『歳だから…』なんて言われたり、思ったりして諦めていませんか?

 

確かに、年齢と共に姿勢が悪くなり、それに伴い骨に変形が出てきたりします。

さらに筋力も弱くなり、筋肉の柔軟性も無くなってきてしまいます。

 

では、そのまま『歳のせい』にしておいて良いのでしょうか?

高齢者②

 

『フレイル』

という言葉があります。

日本老年医学会が、『高齢になって筋力や心身の活力が衰えた虚弱な状態』『フレイル』と名付けました。

 

フレイルになる要因は3つあり、

①身体的要素:筋力が低下し、動作が遅くなって転倒しやすくなる。

②身体的要素:認知機能の低下、うつ病などの精神や心理的な問題。

③社会的要素:ひとり住まいや閉じこもりを含む社会的孤立。

となります。

 

現代は、平均寿命が延びていく中で、健康寿命をいかに延ばしていくかが重要になります。

 

フレイルの予防が健康寿命を延ばすことに繋がるのです!

 

フレイルの予防には、『栄養』『運動』『社会参加』が大切だそうです。

 

当院の考える、健康の為の要素『栄養』『運動』『睡眠』です。

共通していますね!

 

フレイルは、『高齢になって~』とありますが、予防は早く始めるに越したことはありません。

 

30代であろうが、40代,50代であろうが、健康を維持するのには不調を感じ始める前に取り組むべきです。

 

肩や腰の痛み、膝の痛みなど、すでに不調を感じている箇所があるのであれば、早くに治療に取り組み、不調の無い状態にして、その後はそれを維持するための予防(メンテナンス)、そして健康増進へと進めていきます。

下記参照

【 治療→身体のメンテナンス→健康増進 】

【 身体のメンテナンス→健康増進 】

 

 

当院の施術は、

身体の『構造(=姿勢)』を整えて、

身体の『機能(=自律神経の働き)』を良くし、

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させて、不調を繰り返し起こさない体つくりを目指しています!

『バイタルリアクトセラピー』

 

『治療』から『予防』まで行い、今現在だけでなく、5年後、10年後も見据えた、健康な身体作りをしていきます!!

 

『慢性腰痛』『ぎっくり腰』『肩こり』『頭痛』『めまい』『不眠』などでお困りの方は、ぜひご相談・ご来院ください!

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
https://www.ekiten.jp/shop_94937901/
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/06/11

正しい姿勢を身に付けて、肩こり・腰痛を未然に防ぐ!②

『ストレートネック』『猫背』『腰椎の前弯消失』などの不良姿勢になってしまうと、何をしていなくても身体には負荷が掛かっていますから、『肩こり』『腰痛』になってしまいます!

というお話をしました。

【 正しい姿勢を身に付けて、肩こり・腰痛を未然に防ぐ!① 】

 

まずは、予防が第一です!

 

正しい姿勢は、子供の頃から気を付けましょう!!

 

背骨の弯曲は、生まれてから、順々に形成されていきます。

生まれたばかりの時、背骨は逆Cの字状です。

脊椎C字形

 

寝返りを打って、うつ伏せで顔を挙げるようになり、

ハイハイをするようになり、

背骨は弯曲が頚椎から順に形成されていきます。

 

せっかく形成されてきた背骨の弯曲、こんな姿勢で台無しにしていませんか??

子供不良姿勢⑥

これでは、また逆C字状になってしまっていて不良姿勢となります。

正しい姿勢は、骨盤を立てるようにして座ります。

子供姿勢②

不良姿勢の図では、赤い矢印の先端が斜めに寝てしまっています。

正しい姿勢の図では、赤い矢印の先端が立っています。

こうすることで、背骨の弯曲を保ちます。

下図の様に、腰にクッションを当ててあげるのも良いですね!

子供姿勢③

始めはこの姿勢が辛く感じるかもしれません。

それは、正しい姿勢時に使用する筋肉を使っていなかったことを表します。

正しい姿勢をキープして、姿勢を維持する筋力を鍛え直さなければいけません!

これは、子供に限らず、大人にも言える事です。

デスクワーク時には、正しい姿勢を意識して、姿勢維持筋を鍛え直してください!

 

 

不良姿勢は、『肩こり』『腰痛』だけでなく。自律神経の働きも乱し、

『自律神経失調症』

にもつながってきます。

 

子供で、

○朝起きられない

○夜になかなか寝付けない

○立ちくらみがする

○立っていると気分が悪くなる

○食欲不振

○全身倦怠感

○頭痛

などなど、こんな症状はありませんか?

 

これらが当てはまる場合、

『起立性調節障害』

の可能性があります。

これは、思春期に好発する自律神経失調症です。

 

 

大人でも、子供でも、不良姿勢でいる事は、

『肩こり』『腰痛』『自律神経失調症』

などに繋がります。

 

 

当院の施術は、

身体の『構造(=姿勢)』を整えて、

身体の『機能(=自律神経の働き)』を良くし、

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させて、不調を繰り返し起こさない体つくりを目指しています!

『バイタルリアクトセラピー』

 

今現在だけでなく、5年後、10年後も見据えた、健康な身体作りをしていきます!!

 

『慢性腰痛』『ぎっくり腰』『肩こり』『頭痛』『めまい』『不眠』などでお困りの方は、ぜひご相談・ご来院ください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
https://www.ekiten.jp/shop_94937901/
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

浦和にあるメリー整骨院のブログでは日々のお体のケアのアドバイスもご提供しております

浦和で信頼と実績ある当院のブログでは、日々の診療の様子や患者様とのエピソードのご紹介をはじめ、気になるお体の悩みや辛い痛みの原因と改善方法のご紹介、痛みの改善や予防のためのアドバイスなどをご紹介しております。
メリー整骨院で患者様から信頼を寄せられ、親しみやすく優しい施術で人気の柔道整復師が、分かりやすいアドバイスをご提供しておりますので、ぜひブログをご覧ください。
ブログをご覧になって当院の施術にご興味をお持ちになった方や、当院が推進する痛みやコリの根本改善療法を受けてみたいと思われた方は、お気軽に浦和にある当院までお問い合わせください。お一人お一人のお悩みやお体の状態に寄り添い、親身で安心な施術をご提供させていただきます。