logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2017/05/11

熱中症に注意! こまめな水分補給を!!

今日は、昨日と比べて気温が上がり、暑くなりましたね!

気温の変化に体内の体温調節機能が追い付かず、体調を崩している方もいるのではないでしょうか?!

前回は、熱中症の症状を載せました。↓↓↓

【 暑い日の、めまいや立ちくらみ、頭痛、吐き気に注意! 熱中症に気を付けて!! 】

 

今回は、熱中症を起こさない為に大切な『水分補給』について載せたいと思います。

水分補給

 

 

 

 

 

 

 

○補給量

一般的に人は、1日に2~2.5リットルの水分を体から失います。

よって、飲み物や食べ物から2~2.5リットルの水分を摂取する必要があります。

(※運動の実施は考慮に入れていませんので、運動で汗をかいた場合は異なります。)

 

食事から、おおよそ1リットル程度の水分を摂取しますので、

飲料水としては、1.5リットル程度が必要となります。

 

1回の水分補給の量は、コップ1杯程度にします。

コップ1杯 ⇒ 200ml 程度

これをゆっくりと摂取します。

一度に摂取し過ぎても、吸収できませんので、コップ1杯程度を細かく摂取していくのが理想です。

水分補給①

 

 

 

 

 

 

○補給する水分

摂取する飲料水ですが、コーヒーやお茶などカフェインの含まれているものには利尿作用がある為、摂取しても体内から排出されてしまうので適していません。

 

また、水が一番手軽ではあるのですが、汗の中には水分と共に塩分(ナトリウム)も含まれています。

一日を通して考えると、水だけを摂取していては体内の血液中のナトリウム濃度が下がってしまい、それも熱中症の原因となってしまいます。

体内のナトリウム濃度が下がると、体は、濃度がこれ以上下がらない様にのどの渇きを止めたり、濃度を上げようとして水分を尿として排出したりしてしまいます。

結果として、体内の水分量が減ってしまうのです

 

運動時は特に、汗で塩分(ナトリウム)が体から消失していくので、水だけの補給ではなく、ナトリウムなども含まれているスポーツドリンクを摂取することが必要です

水分補給②

 

 

 

 

 

○補給するタイミング

運動時であれば、運動の強度・季節(気温)・競技種目によっても異なりますが、

15~30分毎にコップ1杯程度

を補給するのが理想です。

 

日常生活であれば、例えば

○寝起き/就寝時

○入浴前/入浴後

○3度の食事の際

○午前10時/午後3時

などのタイミングで摂取するのも良いと思います。

水分補給③

 

 

 

 

 

 

 

日常生活での水分補給には、ジュース炭酸飲料はカロリーが高かったりするので水分補給にはあまり向かないのと、スポーツドリンクも糖分が含まれているので、摂取のし過ぎには注意が必要です。

 

『水分補給』は、のどが渇いたな、と思った時は遅い状態です。

渇いたと思う前にこまめに摂取することを心掛けましょう

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇