logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2017/03/14

歩くときに踵が痛い 押すと踵が痛い 骨端線が原因の痛み

以前、子供の踵の痛みで『シーバー病』を紹介しました。

【 歩くと踵が痛い 走ると踵が痛い 子供の踵の痛み 踵骨骨端症 ~シーバー病~ 】

 

10歳前後の子供に多く発症し、明らかな原因がなく、歩行時や走行時に踵に痛みを訴えます。

ただ、よくよく聞いてみると、最近運動量が増えた(運動会の練習や縄跳びの練習でなど)、靴を変えた、などのちょっとした変化が背景にあったりします。

 

『シーバー病』の項目で述べたように、治療としては、足底のクッション性を高めたり、アキレス腱や足底の筋肉の緊張を緩めたりするのですが、足趾の使い方が原因のひとつにもなるので、足趾のトレーニングも行います。

sever%e7%97%85%e2%91%a1

 

 

 

 

 

 

 

 

【 足の裏の痛み 足の痛み 足関節の痛み ~ 扁平足障害 ~ 】

で紹介したように、足の裏にはアーチがあり、地面からの衝撃を吸収する機能があります。

 

足趾が使えていないと、足で地面を蹴り出す動作や足が地面に接地する動作がブレて、衝撃をしっかりと吸収できないのと共に周囲の筋肉に余計な負担が掛かってしまいます。

 

これは踵だけでなく、下腿(スネやふくらはぎ)や膝関節、股関節、腰にまで影響が及ぶこともあるので、怪我の予防やパフォーマンスUPの為にも、しっかりと使える様にトレーニングをしておく必要があります。

 

『足趾が使えていない』とは??

 

足の指でグーパー運動が出来るかをcheckします。

足趾グーパー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

< グー >

足の指がしっかりと下に曲がり、指の付け根部分に手のコブシの様な骨の隆起が出るのがBestです!

※上の写真は自分の足趾ですが、あまり出ていません...。

 

< パー >

足の指が全体的にしっかりと広がるのがBestです!!

 

足のトラブルがある子や大人の方は、足趾のグーパー運動がしっかりと出来ない事が多いので、まずこのトレーニングを行います。

大人だと、まったく動かなくなってしまっている方もいますが、まずは手を添えながらでも、動きを体に覚え込ませていきます!

1日に最低30回はゆっくりと大きくグーパー運動をしましょう!

 

以前、大人の方で『足の指って動くんですか??』と言われたことがありますが、運動を継続すれば必ず動いてきます!!

 

そして、グーパー運動が出来る様になったら、今度は『タオルギャザー』と言うトレーニングです。

椅子に座った状態で、フェイスタオルサイズのタオルを足の下に敷きます。(タオルの端に足を置きます。)

足趾のグーパー運動により、タオルを引き寄せていきます。

この運動で足趾の機能をより高めていきます!

 

二足歩行である人間は、常に足が地面に接していますので、足の機能は重要です。

弱くなってしまった機能をトレーニングによって取り戻しましょう!!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇