logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2017/02/11

足首を捻った 足首の捻挫が慢性化している 何回も足首を捻っている 足関節捻挫

以前、足関節の捻挫について載せました↓↓↓

『足首の捻挫 スポーツ外傷 ~ 足関節捻挫 ~』

スポーツでも、日常生活でも、遭遇しやすい怪我だと思います。

%e8%b6%b3%e9%96%a2%e7%af%80%e6%8d%bb%e6%8c%ab

 

 

 

 

 

足首の捻挫を何回も繰り返していると...

○慢性的に腫れた状態になる

○長く歩くと痛くなる、腫れてくる

○平坦な道なのに足首を捻ってしまう

etc etc

日常生活においては、大きな障害ではないかもしれませんが、ちょっとした障害が生じます。

スポーツであれば、少なからずパフォーマンスに影響を及ぼします。

 

 

足関節部には、足関節の動き具合や位置情報を小脳に伝える器官があり、捻挫を何回も繰り返していたり、しっかりと治療せずにいたりすると、その機能が悪化た状態になってしまいます。

(※小脳は、体の平衡や姿勢を保持したり、それに伴う四肢や体幹の筋緊張の調整を行います!)

 

そのため、平坦な道を普通に歩いているのに、足首を捻ってしまったりしてしまいます。

 

スポーツであれば、慢性的な足関節捻挫を繰り返している選手は、足関節の捻挫をしていない選手と比較するとパフォーマンスの低下がみられることは、データとして出ています!

 

◎例えば...

足関節捻挫が起きやすい、サッカーやバスケットボールにおいて、

ストップ・ジャンプ動作カッティング動作

慢性的な足関節の捻挫をしている選手は、その動作において、捻挫を起こしていない選手と比較して、膝関節や股関節でカバーしながらプレーをしているというデータが出ています!

 

また、上方や前方への跳躍力の低下がみられる選手もいるとのデータも出ています。

足関節捻挫(パフォーマンス低下)

 

 

 

 

 

 

足関節捻挫によって、

足関節周囲の機能低下・バランス能力の低下、

膝関節・股関節への負担

などが生じ、スポーツパフォーマンスに影響を及ばしてしまいます。

たかが捻挫と思わずに、しっかりと治療をしましょう!!

 

当院では、治療において、足関節捻挫の再発防止も含め、

①足関節の背屈可動域の改善

②足趾の運動機能の改善

③足関節周囲筋の筋力改善

④バランス感覚の改善

を意識して行っていきます。

 

上記の各項目については、次回に載せていきます!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇