logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2017/02/08

疲労回復に! おすすめの食材

疲労回復には、呼吸、栄養が大事だと載せてきました。(下記参照)

○『疲れがとれない だるい 肩がこる 姿勢の影響で呼吸が浅くなるのが原因?!

○『疲れがとれない だるい 肩がこる 栄養のバランスは大丈夫ですか?!

○『疲れがとれない だるい 肩がこる 栄養のバランスは大丈夫ですか?!②

○『肩こり、疲労回復、手足のしびれにビタミンB

○『疲労回復 体のエネルギー生成に欠かせない ミネラル

 

では、食材としては何を食べれば良いのでしょうか??

それは...

なんといっても豚肉です!!

 

豚肉は、疲労回復栄養素と言われているビタミンB群を多く含み、

(ビタミンB1は牛肉の10倍!牛肉と鶏肉は、豚肉ほどのビタミンB1を含んでいません。)

エネルギーの源となる、タンパク質脂質も摂取できます!

 

そして、豚肉のどの部位であっても同じぐらいのタンパク質が摂取できて、

『ヒレ』『もも』であれば、『低カロリー高たんぱく』!!

(脂身が少ないため、ダイエット中の方やコレステロールが気になる方におすすめ!)

『レバー』であれば、『鉄分』『亜鉛』が豊富!!

(鉄分、亜鉛は人体に不足しがちなミネラル!)

と、疲労回復には最適な食材です。

 

 

では、豚肉を使った料理を食べようか...

と言った時に、一緒に摂取したいのが『クエン酸』です。

 

『クエン酸』は、体内でエネルギーを産生する『TCAサイクル(クエン酸回路)』と言う代謝サイクルの働きを活性化させる作用と、疲労物質を分解する働き血流を良くする働きがあるので、豚肉とクエン酸を一緒に摂取すると、疲労回復効果が高まります!

 

< 例えば... >

・豚肉をトマトソースで食べる

・とんかつを食べる時レモンを搾る

・食事に梅干しを添える

・副菜のサラダを食べる際にお酢やレモンを使ったドレッシングをかける

・食事の前に柑橘類の果物を食べる

・豚肉のお鍋をポン酢で食べる

etc

 

 

また、『にら』『タマネギ』『ネギ』には

ビタミンB1の吸収率を上げる効果があるので、

『レバニラ』

なども最適です!

 

ぜひ、疲労回復に食してみてください!!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇