logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2016/12/17

子供が転んで肘を痛がる・腫れている 子供が肘を抱えて泣いている 上腕骨顆上骨折

5~10歳の子供に多く発生する骨折です。

 

○走行中、転んで手を着く

○自転車で転んで手を着く

○滑り台や鉄棒、ブランコから落ちて手を着く

 

などの転倒時に手を着く、肘を着くことで起こりやすい骨折です。

%e9%a1%86%e4%b8%8a%e9%aa%a8%e6%8a%98%e2%91%a0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回に記しました【 肘内障 】よりも好発する年齢が少し上になります。

 

上図のように手を着くと、下図のように肘の少し上の箇所で骨折を起こす事があります。

%e9%a1%86%e4%b8%8a%e9%aa%a8%e6%8a%98%e2%91%a1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転んだ後に肘を抱えて泣いている、肘を抱えて動かさない、肘が腫れていると言った場合は、すぐに近くの医療機関に受診してください。

 

骨折部の近くには神経や血管が走行しているので、それらが一緒に損傷してしまっていると危険ですし、骨が曲がって癒合してしまうと変形が残る事もあります。

 

しっかりとした治療が必要ですので、当院でも骨折が疑われる際には、整形外科に紹介しております。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇