logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2016/12/05

呼吸と姿勢の関係③ さいたま市浦和区 メリー整骨院

良い姿勢と言えば、胸を張って背筋が伸びた姿勢を思い浮かべると思いますが、“胸を張る”という部分が過度に意識されてしまうと逆に緊張を高めてしまう姿勢になります。

 

%e8%83%b8%e7%aa%81%e3%81%8d%e5%87%ba%e3%81%97%e5%a7%bf%e5%8b%a2%e2%91%a0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①は“良い姿勢”であり、横から見た時に、

耳垂(耳たぶ) ⇒ 肩峰(下の図参照) ⇒ 大転子(股関節横の骨のでっぱり) ⇒ 膝関節 ⇒ 外果(外くるぶし)前方

を通ります。

 

②は“猫背姿勢”で、胸椎が後方に突出して背中(肩甲骨部分)が丸まります。

 

③は“腰反り姿勢”で、腰を前方に突き出すようにして立ちます。お尻が後方に突き出されたようでもあります。

腰の前方への弯曲が強くなるので、バランスをとるのに自然と胸椎(背中)の後方への弯曲も強くなります。

 

④は“胸張り姿勢”で、一見背筋が伸びて良い姿勢に見えますが、重心が前方に移動してしまっています。

 

重心が前方に移動してしまうと、前方に倒れない様に下腿三頭筋(ふくらはぎ)や大腿四頭筋(前もも)に力が入り、腰が反って腰の筋肉も緊張してしまいます。

 

また、胸を張っている事で背部の筋肉にも力が入ってしまいます。

 

下の図は体を上方から見た時の脊椎(背骨)と肋骨と肩甲骨の位置関係です。

図の様に、肩甲骨は脊椎の平行面に対して30度の角度を成しています。

 

%e8%82%a9%e7%94%b2%e8%83%b8%e9%83%ad%e9%96%a2%e7%af%80

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の胸郭(肋骨で覆われた部分)は、脊椎(背骨)はゆるやかに後弯し、肩甲骨は脊椎(背骨)の平行面と30度の角度にあります。

胸を張り過ぎると、生理的な脊椎の弯曲と肩甲骨の30度の角度が減少してしまうのです。

 

このように筋肉の緊張を伴う姿勢は、交感神経が優位になります。

交感神経が優位になると、呼吸は早くなり、心拍数は増加、さらに筋肉の緊張が増す。と言った悪循環に陥ります。

 

また、胸を張って胸郭を拡張させたような姿勢では、息を吸って胸郭を拡張させるスペースがないので、深く息を吸い込むことも出来ません。

 

正しい姿勢を意識した時に、慣れないうちは余計な力が入ってしまうかもしれませんが、良い姿勢とは、リラックスした状態で、自然体で、維持できる事が重要なのです。

 

 

姿勢矯正、自律神経を整えるには『バイタルリアクトセラピー』

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇