logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2016/12/02

呼吸と姿勢の関係② さいたま市浦和区 メリー整骨院

体内にしっかりと酸素を取り込むには、体幹の筋肉がしっかりと使えていなくてはいけません。

 

呼吸は、吸息筋の働きで胸郭が広がると、胸郭内の圧力が低くなり、胸郭の広がりに引っ張られて肺も膨らみます(肺の中に空気が入る)

 

肺はゴムの様な弾性があるので、広がったらもとに戻ろうとします。

ただし、それだけでは息は吐き切れないので、呼気の後半は呼息筋が働いて空気を肺から押し出します。

 

肺から空気を押し出した状態でも、肺に空気は残ります。(機能的残気量と言います。)

この肺に残ってしまう量が多くなると、肺は常に過膨脹している状態となってしまうので、呼吸の換気量が少なくなってしまいます。

ちょっとした動きですぐに息切れしてしまいます。

 

肺の弾性は加齢によって衰えてしまうので、吐き出すための呼息筋は衰えないようにしないといけません。

 

吸息筋 ⇒ 僧帽筋、斜角筋、胸鎖乳突筋、外肋間筋、横隔膜

呼息筋 ⇒ 内肋間筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋、腹直筋

 

%e5%91%bc%e5%90%b8%e7%ad%8b%e7%be%a4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

%e5%83%a7%e5%b8%bd%e7%ad%8b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吸息筋、呼息筋を見てみると、息を吸う際は体幹の上部息を吐く際は体幹の下部の筋肉が主に使われています。

ですので、体幹の筋肉は全体的に重要となります。

 

しっかりと息を吸う、しっかりと息を吐く、と言う行為は、筋肉の働きだけではなく、正しい姿勢が必要となります。

 

前屈みの巻き肩姿勢では、胸郭が縮まった状態ですので、いくら吸息筋が頑張っても、十分な息は入っていきません。

腰が丸まって骨盤が後ろに倒れた状態では、腹部周囲の呼息筋が十分に働けず、息がしっかりと吐き出せません。

%e7%8c%ab%e8%83%8c%e2%91%a1

 

 

 

 

 

 

 

shisei_isu_boy_bad

 

 

 

 

 

 

 

姿勢と言う、体の環境を整えてあげる必要があるのです!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇