logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2016/11/30

呼吸と姿勢の関係① さいたま市浦和区 メリー整骨院

パソコンや携帯電話の普及した現代では、不良姿勢になっている方が多いと思います。

その不良姿勢は、呼吸にも影響を及ぼしてしまいます

人間が生活していく上で、呼吸は欠かせない大切な働きです。

 

呼吸と姿勢は密接な関係にあり、

良い姿勢の方は良い呼吸が行えますし、

良い呼吸が出来ている方は良い姿勢であると言えると思います。

%e5%a7%bf%e5%8b%a2

 

 

 

 

 

 

人間は、1日に約3万回の呼吸を行いますが、そのうちの1回で体内に取り込む空気は約500mlです。(安静時)

ただし、500mlのうちの150mlは気道などにとどまるため、肺に到達して酸素と二酸化炭素のガス交換が行われるのは、350mlとなってしまいます。

 

この350mlというのは、通常に空気を体内に取り入れられた時の量なので、姿勢が悪かったりして、通常量の空気を体内に取り入れられなかった場合は、ガス交換される量がこの量よりも少なくなってしまいます。

また、空気中における酸素の割合は、20%ですので、純粋に350mlの酸素が取り入れられているわけではありません。

 

呼吸が浅く、酸素をしっかりと取り込めていないと、人間の活動に必要なエネルギーを充分に生み出せないので、疲れやすかったり、だるかったりと体の不調へと繋がります。

また、人間の体で最も酸素を消費するのは脳で、全体の25%もの量を消費します。

ですので、酸素不足は集中力の低下にもつながります。

 

呼吸は、姿勢だけでなく、筋肉の働きや、脳の働き、循環器の働きも影響してきます。

その大事な働きを順々に載せていきたいと思います。

%e8%85%b9%e5%bc%8f%e5%91%bc%e5%90%b8

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇