logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2016/11/01

足の親指の付け根が痛い 母趾の付け根が痛い ~ 種子骨炎(種子骨障害) ~

○つま先立ちをした時に、足の親指の付け根が痛い

○歩行時、走行時、地面を蹴る際に足の親指の付け根が痛い

○足の親指の付け根を押すと痛い

などの症状がある際に、種子骨炎(種子骨障害)が疑われます。

%e7%a8%ae%e5%ad%90%e9%aa%a8%e7%82%8e%e2%91%a0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

種子骨は、上の写真にある様に、母趾(親指)と足部の境にあります。

%e7%a8%ae%e5%ad%90%e9%aa%a8%e7%82%8e%e2%91%a1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足の裏側から見ると2つあるのですが、それぞれ短母趾屈筋と言う親指を下に曲げる筋肉が走行します。

種子骨の周りには、他の筋肉や腱が集まるので、これらが効率良く動くのを助けています

(※膝のお皿も種子骨になります。)

 

陸上競技バスケットボールなどの走ったりジャンプしたりする競技や、剣道空手などの踏み込み動作が多い競技にも好発します。

 

踏み出す際には、足の裏の筋肉群が強く収縮します。

その際に種子骨に掛かる負荷や、地面からの衝撃によってこの箇所で炎症を起こします。

 

対処法としては、この症状が起こる人は開張足で横アーチが消失していたり、足趾が浮いている“指上げ足”であったりすることが多いので、テーピングやクッションで足のアーチを形成してあげます。

また、ドーナツ型クッションなどを作成して、種子骨に衝撃がいかない様にしてあげます。

 

種子骨に直接の負荷がいかないようにしつつ、足底部の筋肉を緩めていきます。

 

先天的に種子骨が横割れしている様な“二分種子骨”という状態の人もいます。

骨折ではありませんので、痛みはおさまります。

 

種子骨は、足の親指の付け根にありますので、常に負荷が掛かってしまいます。

我慢して、かばっていては、変な歩行になってしまい他の部分に負担がいってしまいます。

異変を感じたら、早目に対処しましょう!

 

当院でも、テーピングやクッションの作成、競技特性に沿った足の使い方のアドバイスなどをしていきます。

ぜひ、ご来院ください!!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇