logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2016/10/13

あしのつり! ~こむら返り~

夜中や明け方、または運動中にふくらはぎをつったりしたことはありませんか?

つる原因として、

○疲労や冷えで筋肉の緊張が強い

○汗をかいたりして体内の水分、ミネラルが不足している

○妊娠中である

などがあります。

 

つる箇所は、ふくらはぎ 足の裏 足の指 スネなどですが、ふくらはぎが一番多いと思います。

 

つる原因をそれぞれ見ていくと…

①筋肉の緊張

筋肉の緊張状態が続くと、筋肉の伸び具合を感知している筋紡錘は刺激を受け続けて麻痺してしまいます。

また、血行不良も起こる事で筋紡錘はミネラルやエネルギー不足となり、その感度が悪くなってしまいます。

筋紡錘に異常をきたすと、脳が筋肉の状態を把握できなくなり、それにより縮みなさいという命令を必要以上に出してしまい、つってしまうのです。

 

②汗をかいて

汗をかくと、体内の水分と塩分が出ていきます。塩分にはナトリウムが含まれていますので、体内のミネラルが減っていってしまい、つってしまうのです。

 

③妊娠中

妊娠中は、赤ちゃんの骨を形成するのにカルシウムが不足してミネラルバランスが崩れます。

また、骨盤が歪む事で下半身への血行が悪くなったり、お腹が大きくなることで体重が増え、下半身への負担が増して筋肉の緊張が強くなったりします。これによりつってしまうのです。

 

また別に、糖尿病や腎臓疾患、肝臓疾患、神経痛などの影響でもつることがあります。

 

つる予防としては、

適度な運動ストレッチで筋肉の緊張を避けて、

水分・ミネラルの補給をし、

湯船につかり、筋疲労をしっかりと取り除く様にしてください!

 

ストレッチは【 腰痛予防のストレッチ② ~ハムストリング・腓腹筋ストレッチ~ 】を参照してください!!

 %e3%81%93%e3%82%80%e3%82%89%e8%bf%94%e3%82%8a

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇