logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2016/10/06

朝起きてからの一歩目が痛い 踵を着くと痛い 足の裏が痛い ~足底腱膜炎~

足の裏の中央部が痛かったり、踵の部分が痛かったりする場合、足底腱膜炎の可能性があります。

 

特徴として、

○朝起きて、歩き出しの数歩が痛い

○歩き出しは痛いが、動いているうちに痛みが引いてくる

○運動開始時は痛いが、動いていると痛みは引く。ただし運動後はまた痛くなる

といった症状が出ます。

 

それが、足の裏の中央部であったり、踵の部分であったりします。

足の裏は足底腱膜という腱膜に覆われていますが、この腱膜は歩行やランニングなどで常に伸び縮みを繰り返し強いられています。

この繰り返しにより、組織が微小な損傷を起こしていきます。

また、腱膜の付着部である踵は、直接荷重にもさらされるので、繰り返し踏み潰されることによって、この箇所に組織の損傷が起こっていきます。

 

この腱膜の付着部は、レントゲンを撮ってみると、腱膜に引っ張られる形で、骨棘という骨の棘が出来ている事があるのですが、骨棘があるからと言って、必ずしも痛みが出るとは限りません。

 

この足底腱膜炎は、よくランニングをされる方や、跳躍系の運動をされる方底の硬い靴を長時間履かれる方足底腱膜やふくらはぎの筋肉の柔軟性がない方体重が急に増えた方などに出やすいと言えます。

 

治療としては、足底やふくらはぎの筋肉をゆるめていくのですが、歩行の仕方が悪かったり、ランニングフォームが悪かったりする場合もあるので、そこも改善していかないと再発させてしまう確率が高くなってしまいます。

歩き方、走り方に関しては、もも裏(ハムストリング)やお尻の筋肉(殿筋)の柔軟性、足の着き方、足の指(足趾)の使い方に問題がある事が多いです。

 

外反母趾内反小趾開張足と言った足のトラブルも原因となります。

(開張足:足の指が上を向くような感じで、足部前側の横のアーチが無くなっている状態。魚の目やタコが出来やすい。)

ですので、足趾のグーパー運動や、タオルギャザーといったトレーニングも必要となります。

 

日常生活において、足を着かない訳にはいきませんので、インソールサポーターテーピングなどによって日々の生活の負担を減らし、足部や下腿の柔軟性を取り戻しながら足趾のトレーニングも行い、症状を改善させていきます!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇