logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2016/09/12

腰痛予防のストレッチ① ~お尻のストレッチ~

走る、歩く、立った姿勢でいるなど、人間の生活動作において体の後面の筋肉は常に使われています。

よって体の後面の筋肉を柔軟に保つことは、頚痛,背部痛,腰痛などの予防になります。

その中で、腰痛の予防となるお尻,もも裏,ふくらはぎの筋肉のストレッチをご紹介します。

 

腰とお尻,もも裏,ふくらはぎの筋肉は連動性があります。

例えば、下の物を取ろうと前屈しようとします。

腰の筋肉の緊張が強くある方は前屈みをするのに充分に筋肉が伸びません。その為に、お尻から脚後面の筋肉が伸びなければいけませんが、この部分が硬くて伸びなければ充分に前屈が出来ません。

無理に前屈しようとすれば腰に負担が掛かります。

二足歩行である人間は、生活している中で常に腰から下の部分に負担が掛かっているのでケアをしてあげる事が大切です!

 

まずは、お尻=殿筋のストレッチです。

①両膝を立てます。

%e6%a2%a8%e7%8a%b6%e7%ad%8b%ef%bd%bd%ef%be%84%ef%be%9a%ef%bd%af%ef%be%81%e2%91%a0

 

 

 

 

 

 

 

②ストレッチする方の脚を逆側の膝に掛けます。下の写真の場合、右殿部がストレッチする側です。

%e6%a2%a8%e7%8a%b6%e7%ad%8b%ef%bd%bd%ef%be%84%ef%be%9a%ef%bd%af%ef%be%81%e2%91%a1

 

 

 

 

 

 

 

③立ててある脚の膝前or膝裏で手を組み、胸の方に引き寄せます。写真では膝の前で手を組んでいます。

%e6%a2%a8%e7%8a%b6%e7%ad%8b%ef%bd%bd%ef%be%84%ef%be%9a%ef%bd%af%ef%be%81%e2%91%a2

 

 

 

 

 

 

 

④膝に掛けた側のお尻、またはお尻~もも裏の部分が伸びると思います。③の写真の右殿部がストレッチされています。

 

このストレッチをすると腰が痛い、もしくは体が硬くて出来ないという方は、下の写真の様なストレッチで充分です。

%e6%ae%bf%e7%ad%8b%ef%bd%bd%ef%be%84%ef%be%9a%ef%bd%af%ef%be%81

 

 

 

 

 

 

 

↑伸ばす側のももを胸に引き寄せる。写真では右殿部のストレッチです。

 

また、同じく、痛い,硬くて出来ないという場合は座った状態でも出来ます。

伸ばす側の脚を逆の膝上に乗せて、伸ばす側の膝を軽く下に押します。下の写真では右殿部を伸ばしています。

%e6%a2%a8%e7%8a%b6%e7%ad%8b%ef%bd%bd%ef%be%84%ef%be%9a%ef%bd%af%ef%be%81%e5%9d%90%e4%bd%8d

 

 

 

 

 

 

 

 

 

< ストレッチを行う際の注意点 >

☆ストレッチは、15~20秒行ってください。これより短いと充分に筋肉が伸びません。

☆1日のうちで3セットはやるようにすると良いです。3セット以上でも多い分には問題ありません。

☆伸びているな~という感覚があるところまでで充分です。無理にやると逆に痛みを発生させてしまう原因となります。

☆勢いよく反動をつけてやるのも痛める原因となりますので注意してください。

 

次回は、もも裏,ふくらはぎのストレッチをご紹介します。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇