logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2018/10/21

子供の頭痛、肩こり…睡眠障害を起こしていませんか?

◆朝、起きられない(起き上がれない)

◆立ちくらみ

◆食欲不振

◆全身倦怠感

◆頭痛

◆夜、寝付けない

◆集中力の低下、イライラする

お子さんに、上記のような症状は出ていませんか??

頭痛⑥

今は、子供にも自律神経の乱れからくる身体の不調が生じます。

 

こんな記事も出ていました↓↓↓

大人よりも深刻――子どもの「睡眠負債」その実態とは

 

 

保育園や幼稚園から小学校に進学する際、

小学校の高学年になり、塾など習い事を始めた際、

小学校から中学校に進学する際、

上記のようなタイミングで生活リズムは変わります。

それによって睡眠時間も変わってしまいます。

 

塾や部活で帰りが遅くなり、それによって就寝時間も遅くなり、生活のリズムが崩れ始め、例え短くなる睡眠時間が30分だけだとしても、それは蓄積されていきます。

そして、それが『睡眠負債』となって、身体の不調に繋がるのです。

(睡眠負債については ⇒【 肩こり、腰痛、体の疲れ、睡眠時間は足りていますか??睡眠負債 】

 

 

成長期は、自律神経もまだまだ未熟な時期。

『生活のリズム』だけでなく、『新しい環境』、『新しい人間関係』、といった様々なストレスに対応していかなければなりません。

 

子供自身が、冒頭で挙げた様な身体の不調を自覚して訴えてくることは難しかったりします。

親御さんが、子供たちのシグナルに気付いてあげて、対応をしてあげる事が重要です!

 

 

また、この様な症状を抱えた子供達には、姿勢が崩れているケースが多いです。

 

姿勢の崩れ(身体の構造の崩れ)は、

自律神経の働き(身体の機能の働き)を悪くします。

 

睡眠時間を確保する!

生活のリズムを正しくする!

といった事をするのは、もちろんですが、『ではやってください!』と言って出来るものではありません。

 

まずは、

『身体の構造(姿勢)』を整え、

『身体の機能(自律神経の働き)』を良くし、

『眠れる身体』にしていかなければいけません。

 

◆朝、起きられない(起き上がれない)

◆立ちくらみ

◆食欲不振

◆全身倦怠感

◆頭痛

◆夜、寝付けない

◆集中力の低下、イライラする

といった症状でお困りの方は、ぜひ、メリー整骨院までご相談ください!!

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
https://www.ekiten.jp/shop_94937901/
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇