logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2018/06/11

正しい姿勢を身に付けて、肩こり・腰痛を未然に防ぐ!②

『ストレートネック』『猫背』『腰椎の前弯消失』などの不良姿勢になってしまうと、何をしていなくても身体には負荷が掛かっていますから、『肩こり』『腰痛』になってしまいます!

というお話をしました。

【 正しい姿勢を身に付けて、肩こり・腰痛を未然に防ぐ!① 】

 

まずは、予防が第一です!

 

正しい姿勢は、子供の頃から気を付けましょう!!

 

背骨の弯曲は、生まれてから、順々に形成されていきます。

生まれたばかりの時、背骨は逆Cの字状です。

脊椎C字形

 

寝返りを打って、うつ伏せで顔を挙げるようになり、

ハイハイをするようになり、

背骨は弯曲が頚椎から順に形成されていきます。

 

せっかく形成されてきた背骨の弯曲、こんな姿勢で台無しにしていませんか??

子供不良姿勢⑥

これでは、また逆C字状になってしまっていて不良姿勢となります。

正しい姿勢は、骨盤を立てるようにして座ります。

子供姿勢②

不良姿勢の図では、赤い矢印の先端が斜めに寝てしまっています。

正しい姿勢の図では、赤い矢印の先端が立っています。

こうすることで、背骨の弯曲を保ちます。

下図の様に、腰にクッションを当ててあげるのも良いですね!

子供姿勢③

始めはこの姿勢が辛く感じるかもしれません。

それは、正しい姿勢時に使用する筋肉を使っていなかったことを表します。

正しい姿勢をキープして、姿勢を維持する筋力を鍛え直さなければいけません!

これは、子供に限らず、大人にも言える事です。

デスクワーク時には、正しい姿勢を意識して、姿勢維持筋を鍛え直してください!

 

 

不良姿勢は、『肩こり』『腰痛』だけでなく。自律神経の働きも乱し、

『自律神経失調症』

にもつながってきます。

 

子供で、

○朝起きられない

○夜になかなか寝付けない

○立ちくらみがする

○立っていると気分が悪くなる

○食欲不振

○全身倦怠感

○頭痛

などなど、こんな症状はありませんか?

 

これらが当てはまる場合、

『起立性調節障害』

の可能性があります。

これは、思春期に好発する自律神経失調症です。

 

 

大人でも、子供でも、不良姿勢でいる事は、

『肩こり』『腰痛』『自律神経失調症』

などに繋がります。

 

 

当院の施術は、

身体の『構造(=姿勢)』を整えて、

身体の『機能(=自律神経の働き)』を良くし、

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させて、不調を繰り返し起こさない体つくりを目指しています!

『バイタルリアクトセラピー』

 

今現在だけでなく、5年後、10年後も見据えた、健康な身体作りをしていきます!!

 

『慢性腰痛』『ぎっくり腰』『肩こり』『頭痛』『めまい』『不眠』などでお困りの方は、ぜひご相談・ご来院ください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
https://www.ekiten.jp/shop_94937901/
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇