logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2018/05/01

脚は動くし、痛がるわけでもないのか…【先天性股関節脱臼】

先日、こんな記事を目にしました↓

『股関節脱臼、目立つ発見の遅れ マラソン有森さんも診断』

2018430() 朝日新聞より

 

股関節の痛みを訴えて来院された大人の患者さんに、既往歴として『先天性股関節脱臼』の有無を聞くことはありますが、今回、上記の記事を読んで、知らなかった事が多く、知ることが出来て良かったです。

 

現在は、股関節脱臼の予防の啓発や脚が動かしやすい紙おむつの普及で発症の数は激減しているようですが、逆に

『症例が減って、乳児健診を担う医師や助産師の経験が乏しくなっている』

ことで、発見が遅れるケースが目立っているようです。

 

また、

『脱臼していても痛がるわけでも、脚が動かないわけでもない』

とのことで、これでは気付きにくいですよね。

私は、この事を恥ずかしながら知りませんでした…。

 

日本小児整形外科学会が、2011年,2012年の両年度に全国規模で調査したところ、脱臼していた事例のうち、15.3%は1歳以上での診断だったとの事で、1歳でも股関節脱臼を起こしているケースが少なくない事がデータでも出ています。

 

ちなみに、日本小児整形外科学会では、以下の5点の内、複数に当てはまれば、乳児健診で脱臼の有無を確認してもらうことや、診断を受ける事を勧めているようです。

①向きぐせがある、股関節が硬くM字の形に脚が開きにくい。

②女児。

③家族に股関節が悪い人がいる。

④逆子で生まれた。

⑤寒い地域や寒い時期に生まれた。

e21754d5f030a92ffcb0771e78b29a77_s

当院にも、赤ちゃん連れでご来院いただいて、抱っこをさせていただく時がありますが、抱っこの仕方も気を付けなければいけませんね(^^;)

 

 

当院は、赤ちゃん連れでご来院いただいても大丈夫です!

赤ちゃん連れでご来院される時には、なるべくお待たせしない様にしたい為、事前にお電話にてご予約ください

『赤ちゃん連れで行きたいのですが』

とお伝え頂ければ大丈夫です。

 

お気軽にお問合せください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
https://www.ekiten.jp/shop_94937901/
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇