logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2018/04/26

身体の疲れを取るには、脳を休ませる!

身体に疲れがあると、

『肩こり』『腰痛』『頭痛』『目まい』『集中力の低下』『食欲不振』などなど

様々な不調を来たしてしまいますよね?!

頭痛④

疲労の原因と言えば『乳酸』

運動をすると筋肉中に乳酸が増え、それが疲労の原因となる。

と言われていましたが、それも昔の話。

『乳酸』は筋肉の活動を促進する成分があり、疲労の原因では無いと考えられています。

 

今は、『脳』が原因と考えられています。

つまり、臓器の働きを調節し、体のバランスを維持する自律神経を酷使した結果が『疲労』であると考えられている様です。

 

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

夜に寝ている時や安静にしている時に働くのが、副交感神経。

日中の活動時や運動時に働いているのが、交感神経。

 

交感神経が活発に働いている時、神経細胞内に活性酸素が大量に発生し、それが細胞にダメージを与え、これが『疲労』の原因となってしまう。

 

運動以外にも、事務作業に集中している時は、交感神経が活発に働く。

また、スマホやパソコン画面など、近距離を見続けている事でも、自律神経のバランスが崩れやすくなるので注意が必要です!

 

自律神経などの細胞が活性酸素によってダメージを受けると、老廃物の増加が合図となって疲労感をもたらす『疲労因子』が発生します。

この事が大脳に伝わって疲労感を発生させます。

 

そして、この『疲労』を回復させる唯一の方法が『良質な睡眠』です!

睡眠①

就寝中は、大脳も自律神経も働きが軽減し、『疲労回復因子』と呼ばれるたんぱく質の働きで『脳の疲労』が回復されます。

ただし、『睡眠の時間』を確保出来ていても、『睡眠の質』が悪いと、疲労の回復はうまくいきません。

 

日頃から、自律神経のONOFFがしっかりと働くようにしておかなければなりません。

◆寝る直前までスマホを見ない

◆寝る直前に食事をしない

◆晩酌は控えめにする

◆不良姿勢に気を付ける

などなど、注意する点がいくつかあります。

【 睡眠の質を良くするには?寝る前の準備② 】

 

当院の施術は、

体の『構造(=姿勢)』を整えて、

体の『機能(=自律神経の働き)』を良くし、

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させていきます!

『バイタルリアクトセラピー』

 

『良質な睡眠』を取り、『脳の疲労』を回復させると共に、身体を活性化させていきましょう!!

【 質の良い睡眠はとれていますか? さいたま市浦和区のメリー整骨院 】

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
https://www.ekiten.jp/shop_94937901/
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇