logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2018/04/11

ランニングをすると膝の外側に痛みが出る~腸脛靱帯炎~

暖かくなり、運動をするには気持ちの良い季節となりました。

今は、健康の為にランニングをされている方が多くいますね。

ランニング

健康の為に運動することは良いことですが、運動後のケアはされていますか??

運動をしたままの状態にしておくと、筋肉の緊張や疲労が取り切れず、痛みが発生する原因を作りだしてしまう事になります。

 

食事をしたら、虫歯にならない様に歯を磨きますよね?

それと同じように体もケアが必要です。

運動をしているから、健康でいられる!というわけではありません。

逆に、運動のやりっぱなし、運動のやり過ぎは、体に痛みを生じさせる可能性を高めてしまいます。

 

 

ランニングで起きやすい痛みとして、『腸脛靱帯炎』があります。

【 走ると膝が痛い!しゃがむと膝が痛い!自転車をこぐと膝が痛い! ~腸脛靱帯炎(ランナー膝)~ 】

↑↑↑こちらでも紹介しました。

%e8%85%b8%e8%84%9b%e9%9d%ad%e5%b8%af%e7%82%8e

上図の様に膝の外側には『腸脛靭帯』という大きな靭帯がありますが、ここがジョギングなど、膝を動かすことが多い時に、大腿部の骨(外顆)とこすれて炎症を起こします。

なぜこすれてしまうのか?!

 

◆単に使い過ぎの場合もあるでしょう。

◆普段運動しないのに急に過剰に運動をした。

◆悪路を走ったことで脚の外側に負担が行った。

◆走るフォームが悪い。

◆履いていた靴が良くなかった。

などなど様々な誘因があるでしょう。

 

では、ご自身の体のバランスは大丈夫でしょうか??

◇真っ直ぐに立てていない。

◇股関節の動きが硬い。

◇体が硬く、上半身と下半身の連動性が悪い。

など。

体のバランスが悪いと、自然とランニングフォームも悪くなってしまいます。

 

ランニングに限らず、体のバランスがとれていないと運動のパフォーマンスは落ちてしまいますし、ケガやスポーツ障害を起こす原因となります。

 

あなたの体のバランスは大丈夫ですか??

 

当院の施術は、

体の『構造(=姿勢)』を整えて、

体の『機能(=神経の働き)』を良くし、

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させて不調を改善させていきます!

『バイタルリアクトセラピー』

 

体の構造が整うと、スポーツ障害やケガを起こすリスクを減らしたり、運動のパフォーマンスupが期待できたりします!

ぜひお気軽にご相談・ご来院ください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇