logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2017/11/21

足を着くと踵が痛い、歩くと踵が痛い!踵の痛みにはさいたま市浦和区のメリー整骨院へ

『かかと』の痛みにも色々とあります。

例えば、

○10歳前後の子供の場合 ⇒『踵骨骨端症(シーバー病)』

○踵の足裏側が痛い ⇒『足底腱膜炎』

○踵の真下が痛い ⇒『有痛性踵パッド』

○踵の後ろのアキレス腱に近い部分が痛い ⇒『アキレス腱付着部炎』

○踵の真後ろが痛い ⇒『アキレス腱滑液包炎』

などが挙げられます。

踵の痛み②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『踵骨骨端症=Server病(シーバー病)』

sever%e7%97%85%e2%91%a1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の骨はまだ完全ではなく、これから成長していく骨端軟骨という部分があります。

ここは弱い部分でもあるので、上図の様に過度に外力を受けるとそれが負荷となって痛みを伴います。

詳しくはこちらも↓↓↓

【 歩くときに踵が痛い 押すと踵が痛い 骨端線が原因の痛み 】Click

 

 

『足底腱膜炎』

踵の痛み③足底腱膜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2足歩行である人間は、常に足底に負荷が掛かっています。

ジョギングなどのスポーツ、立ち仕事による立ちっぱなしなど、足底やふくらはぎの柔軟性が無くなってくると、足底からの衝撃を吸収し切れなくなります

 

また、5060歳代の女性に多くみられるのが、踵骨棘という骨のトゲが出来てしまっている状態です。

足底腱膜による張力が踵に過度に掛かってしまう事で形成されてしまいます。

 踵の痛み④踵骨棘

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

但し、この骨棘が出来てしまったら痛みが消えないかと言うと、そんなことはありません。

痛みは、炎症が起きてしまっている為に生じるものなので、炎症が治まれば、痛みも治まります

詳しくはこちらも↓↓↓

【 朝起きてからの一歩目が痛い 踵を着くと痛い 足の裏が痛い ~足底腱膜炎~ 】Click

 

 

続きは次回に

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇