logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2017/06/26

歩いたりして荷重が掛かると膝の外側が痛い!ももの外側が痛い! ~ 腸脛靱帯炎

前回は、ランニングによって生じやすい症状として『腓骨筋腱炎』を紹介しました。

同じように、ランニングによって生じやすい症状として『腸脛靱帯炎』があります。

以前にも掲載↓↓↓

【 走ると膝が痛い!しゃがむと膝が痛い!自転車をこぐと膝が痛い! ~腸脛靱帯炎(ランナー膝)~ 】

%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%82%bd%e3%83%b3

 

 

 

 

 

 

 

 

膝の外側・大腿部(もも)の外側において、

○走り始めは痛いが、走っていると痛みが無くなる。

○走っていると徐々に痛くなる。

○走り終わると痛くなる。

○歩くと痛い。

○荷重が掛かると痛い。

○階段の昇り降りが痛い。

○膝の曲げ伸ばしが痛い。

といった症状が出ます。

 

症状が強くなると、脚を引きずってしまうぐらいの痛みとなります。

 

本症状は、ランニングの様に膝の曲げ伸ばしを繰り返し行うことで、大腿部(もも)の外側にある腸脛靭帯という大きな靭帯が、大腿骨(ももの骨)の外顆部とこすれて炎症が生じます。

 

ですので、overuse(過剰なランニング)が原因となって生じる事が多いですが、それだけに限らず、走り慣れていない人が走った時や、久し振りに走った・走り過ぎた人などにも生じます!

 

当院では、

手技療法

ハイボルト療法

テーピング療法

にて早期の回復を促します

 

マラソンなどの陸上競技だけでなく、バスケットボールバレーボール自転車競技などでも生じます。

部活動が休めない、大会が近くて休めないと言った場合にもサポートいたします

Jones骨折③

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ、お気軽にご相談・ご来院ください

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇