logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2016/09/17

走るとスネが痛い!ジャンプするとスネが痛い! スポーツ障害 ~シンスプリント~

シンスプリントは、脚のスネの部分に痛みが出る症状です。

主にはoveruse(使い過ぎ)が原因で、中学・高校生に多く発症します。

走る、ジャンプする、の動作が過度に繰り返し行われることによって発症するため、陸上競技者に多いですが、バレーボールやバスケットボール、その他のスポーツでも発症します。

 

スネの前側、やや下寄りの部分が痛くなることが多いですが、上寄り、中央が痛くなることもあります。

痛くなる箇所によって呼び方があり、

○スネの上寄り、下寄りが『疾走型

○スネの中央部分が『跳躍型

と言います。

字の通り、『疾走型』は走る競技に多く、『跳躍型』はジャンプ系の競技に多いです。

 

シンスプリントは、痛みが強くなってしまうと痛みが治まるのに月単位の時間を要します。

無理をすると疲労骨折につながるので注意が必要です。

段階的な痛みの目安があり、

①痛みはあるが、ウォーミングアップで体が温まってくると痛みはなくなる。

②①のように痛みはなくなるが、練習終盤or練習後に痛くなる。

③日常生活は大丈夫だが、練習中は痛い。

④日常生活も、練習中も痛い。

それぞれ、痛みの程度に個人差はありますが、①の段階で早期に対応していく事が重要です。

特に、痛みのある側の脚で片足ジャンプをして、着地の際に痛みを伴う場合は練習を中断した方が良いでしょう。

着地ではなく、片足ジャンプ時に痛みを伴う時も要注意です。

 

損傷が、筋や腱なのか、骨膜なのか、骨髄にまで及んでいるのか、判断が難しいと思いますので、早目に医療機関に受診してください。

 

また、各個人によって脚の使い方や形状、筋肉の状態が違いますし、競技特性も大きく影響してきますので、その人その人に合ったケアが必要となります。

当院では、練習は続けて良いのか、テーピングでサポートしながらの方が良いのか、練習を中断した方が良いのか(出来るだけプレーしながらのサポートをしますが)をチェックすると共に、脚の使い方の注意点,ケアの仕方など、各個人に合ったアドバイス・施術をしますので、ぜひご来院ください!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/09/16

体がだるい!疲れがとれない! 秋バテ ~自律神経の乱れ~

9月に入り、台風の影響もあり涼しい日が続いています。

急な温度変化で体調を崩したりしていないでしょうか??

暑い時期は夏バテを起こしますが、涼しくなってくると今度は秋バテを起こす事があります。

それぞれ、

○暑さで体力が落ちたり、食欲が無くなったりするのが『夏バテ

○夏のきつい冷房による寒暖の差で体調を崩し、そのダメージを引きずってしまうのが『秋バテ

と言います。

 

厳しい暑さのピークが過ぎて、体のだるさや胃腸の不調が消えないなんて方は『秋バテ』の可能性があります。

もともと秋は、朝晩と日中の寒暖差や天候の変化が大きくなる時期です。

人間は自律神経の働きによって体温調節をしています。

夏のクーラーのきいた室内と外の暑さの寒暖差で自律神経に乱れを来していると、今度は気候の寒暖差で症状が悪化してしまう恐れもあります。

自律神経は内臓の働きにも関与しますので、“夏場に冷たい物ばかり食べていた”というのも自律神経が乱れる原因となります。

 

では、この『秋バテ』を防止するには…

①運動

②入浴

③食事

④服装

に気を付けましょう!

 

① ⇒ 夏バテ・秋バテは共に体力不足も原因となります。

秋は徐々に涼しくなってくるので、ウォーキングなどの運動をするのも良いと思います。

ウォーキングまでいかなくとも、普段から意識して階段を使用したり、電車では座らずに立ったりなど、日常生活の中で工夫して体を動かす様にしてみて下さい。

 

② ⇒ 乱れた自律神経を整えるには、38~40℃のぬるめのお風呂に20~30分浸かるのが効果的です。

心身のリラックスと共に体を温める事で全身の血液循環も良くなります。

③ ⇒ 胃腸の働きが弱らない様に、常温や温かい物を食べる様にします。

④ ⇒ 脱ぎ着しやすい服装で温度調節が出来る様にします。

 

また、当院で施術しているバイタルリアクトセラピー(カイロプラクティック)は自律神経を整える効果もありますので、体調の不調がある方はぜひご来院ください!!

 

暑い夏が過ぎても、体の不調を来す要因は残っていますので、日頃から食事に気を付けたり、体を動かしたりして“秋バテ”にならない様に気を付けましょう!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/09/15

冷たい湿布が良い?温かい湿布が良い??~冷湿布と温湿布の違い~

湿布には、『冷湿布』『温湿布』とありますが、正しくは『冷感湿布』『温感湿布』と言います。

 

湿布で冷やした方が良いのか?温めた方が良いのか??

という質問を受ける事がよくありますが、上記の名称通り、湿布は実際には冷やしたり温めたりする効果はなく、『冷たく感じる』『温かく感じる』だけです。

 

湿布の成分として、

冷湿布 ⇒ メントール

温湿布 ⇒ トウガラシエキス(カプサイシン)

が入っていますので、スースーしたり、カッカしたりする訳です。

どちらが効果的かというと、消炎鎮痛成分は同じなので効果は変わりません。

 

ただし、温湿布のトウガラシエキスは皮膚への刺激が強い為、かぶれ易いのと、“皮膚温度”は多少ではありますが、上がるので急性期には念の為避けた方が良いでしょう!

(血行が促進されて“筋肉の温度変化”が見られるほどの効果は無いようです。)

 

また、ぎっくり腰、足首を捻ったなど、痛めて間もない急性期の時には、アイスノンや氷水、保冷剤などをタオルで包んで直接患部を15~20分冷やした方が効果的です。

上記の様に直接患部を冷やすのと、冷湿布を併用して頂くと、より効果的な消炎鎮痛処置になります!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/09/14

物を取るなどの動作で肘を伸ばすと痛い ~テニス肘・ゴルフ肘~

日常生活においては、カバンを持ち上げたり、雑巾搾りの動作時に、

スポーツにおいては、テニスやバドミントンなどのラケットを使用するスポーツで

肘の外側から前腕(肘から先の腕部分)にかけての箇所で痛みを生じます。

%e3%83%86%e3%83%8b%e3%82%b9%e8%82%98%e2%91%a0

 

 

 

 

 

 

 

これが、テニス肘と言います。(正式な病名は、上腕骨外側上顆炎と言います。)

症状が強くなってくると、手首を動かすだけでも痛みが生じます。

生じる原因としては色々な原因があるのですが、一番多いのは前腕(肘から先の腕部分)の筋肉が障害を引き起こしているケースです。

下図の様に、肘の外側には複数の筋肉が付着します。

 

%e3%83%86%e3%83%8b%e3%82%b9%e8%82%98%e2%91%a1

 

 

 

 

 

 

 

 

これらの筋肉は、手首や指を動かしたり、物を握ったりする動作でよく使いますので、酷使されると筋肉の付着部である肘の外側や、前腕部(肘から先の腕部分)に負荷が掛かって痛みが生じます。

 

この症状は、痛みが強くなってしまうと、なかなか痛みが引かないので早期の対応が大切です!

手は日常生活において使用する頻度が高いので、なかなか安静にすることも出来ません。何か月単位での加療が必要となることが多いです。

加療としては、障害を引き起こしている筋肉の緊張が強くなっていることが多いので、その筋肉を柔軟にしていく事と、場合によっては安静を保つ為に手首を動かない様に固定をしたり、原因の元となっている筋肉に沿ってテーピングをしたりします。

ハイボルト療法による電気治療も効果を発揮します。

 

また、同じような症状として、肘の外側ではなく、肘の内側で痛みを生じるケースもあります。

これは、ゴルフ肘と言います。(正式な病名は、上腕骨内側上顆炎と言います。)

これも同じく前腕の筋肉が障害を引き起こすことが多いです。

テニス肘が、手の甲側の前腕の筋肉が原因となり、

ゴルフ肘が、手の平側の前腕の筋肉が原因となります。

 

なかなか症状が治まらなかったり、一度痛みが引いても使うとまた痛みが出たりと、痛みを引かすのに苦労をする症状です。

早期の対応がとても大切ですので、おかしいな!?と思いましたら、ぜひご来院ください!

日常生活での注意点やストレッチをアドバイスしながら早期回復に全力で取り組みます!!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/09/13

腰痛予防のストレッチ② ~ハムストリング・腓腹筋ストレッチ~

まずは、もも裏の筋肉=ハムストリングのストレッチです。

①バスタオルなど少し長めのタオルを土踏まずに引っ掛けて上に持ち上げます。

%e3%83%8f%e3%83%a0%e3%82%b9%e3%83%88%ef%bd%bd%ef%be%84%ef%be%9a%ef%bd%af%ef%be%81

②もも裏,もしくは膝裏が伸びているな~というところでキープします。

※膝裏に伸びている感がある方は、膝裏の方の硬さが強いのでそちらが伸びています。

膝裏の硬さが取れてくれば、違う箇所に伸びている感が出てくると思います。

 

次に、ふくらはぎ=腓腹筋のストレッチです。

①ハムストリングのストレッチではタオルを土踏まずに引っ掛けましたが、腓腹筋のストレッチではつま先の方に引っ掛けます。

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%95%ef%bd%bd%ef%be%84%ef%be%9a%ef%bd%af%ef%be%81

②ふくらはぎの筋肉が伸びているな~というところでキープします。

 

ハムストリングストレッチも腓腹筋ストレッチも、脚が床に対して垂直になる90度まで上がるのが理想です。

くれぐれも膝が曲がらない様に気を付けてください!

 

< 注意点 >

☆ストレッチは、15~20秒行ってください。これより短いと充分に筋肉が伸びません。

☆1日のうちで3セットはやるようにすると良いです。3セット以上でも多い分には問題ありません。

☆伸びているな~という感覚があるところまでで充分です。無理にやると逆に痛みを発生させてしまう原因となります。

☆勢いよく反動をつけてやるのも痛める原因となりますので注意してください。

 

殿筋,ハムストリング,腓腹筋のストレッチを、左右15~20秒3セット、これをしっかりとやると、体の硬い方は少し汗ばむぐらいになると思います。

腰痛予防に、お風呂上りでも、寝る前にでもぜひ実施してみてください!!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/09/12

腰痛予防のストレッチ① ~お尻のストレッチ~

走る、歩く、立った姿勢でいるなど、人間の生活動作において体の後面の筋肉は常に使われています。

よって体の後面の筋肉を柔軟に保つことは、頚痛,背部痛,腰痛などの予防になります。

その中で、腰痛の予防となるお尻,もも裏,ふくらはぎの筋肉のストレッチをご紹介します。

 

腰とお尻,もも裏,ふくらはぎの筋肉は連動性があります。

例えば、下の物を取ろうと前屈しようとします。

腰の筋肉の緊張が強くある方は前屈みをするのに充分に筋肉が伸びません。その為に、お尻から脚後面の筋肉が伸びなければいけませんが、この部分が硬くて伸びなければ充分に前屈が出来ません。

無理に前屈しようとすれば腰に負担が掛かります。

二足歩行である人間は、生活している中で常に腰から下の部分に負担が掛かっているのでケアをしてあげる事が大切です!

 

まずは、お尻=殿筋のストレッチです。

①両膝を立てます。

%e6%a2%a8%e7%8a%b6%e7%ad%8b%ef%bd%bd%ef%be%84%ef%be%9a%ef%bd%af%ef%be%81%e2%91%a0

 

②ストレッチする方の脚を逆側の膝に掛けます。下の写真の場合、右殿部がストレッチする側です。

%e6%a2%a8%e7%8a%b6%e7%ad%8b%ef%bd%bd%ef%be%84%ef%be%9a%ef%bd%af%ef%be%81%e2%91%a1

 

③立ててある脚の膝前or膝裏で手を組み、胸の方に引き寄せます。写真では膝の前で手を組んでいます。

%e6%a2%a8%e7%8a%b6%e7%ad%8b%ef%bd%bd%ef%be%84%ef%be%9a%ef%bd%af%ef%be%81%e2%91%a2

 

④膝に掛けた側のお尻、またはお尻~もも裏の部分が伸びると思います。③の写真の右殿部がストレッチされています。

 

このストレッチをすると腰が痛い、もしくは体が硬くて出来ないという方は、下の写真の様なストレッチで充分です。

%e6%ae%bf%e7%ad%8b%ef%bd%bd%ef%be%84%ef%be%9a%ef%bd%af%ef%be%81

↑伸ばす側のももを胸に引き寄せる。写真では右殿部のストレッチです。

 

また、同じく、痛い,硬くて出来ないという場合は座った状態でも出来ます。

伸ばす側の脚を逆の膝上に乗せて、伸ばす側の膝を軽く下に押します。下の写真では右殿部を伸ばしています。

%e6%a2%a8%e7%8a%b6%e7%ad%8b%ef%bd%bd%ef%be%84%ef%be%9a%ef%bd%af%ef%be%81%e5%9d%90%e4%bd%8d

 

< ストレッチを行う際の注意点 >

☆ストレッチは、15~20秒行ってください。これより短いと充分に筋肉が伸びません。

☆1日のうちで3セットはやるようにすると良いです。3セット以上でも多い分には問題ありません。

☆伸びているな~という感覚があるところまでで充分です。無理にやると逆に痛みを発生させてしまう原因となります。

☆勢いよく反動をつけてやるのも痛める原因となりますので注意してください。

 

次回は、もも裏,ふくらはぎのストレッチをご紹介します。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

浦和にあるメリー整骨院のブログでは日々のお体のケアのアドバイスもご提供しております

浦和で信頼と実績ある当院のブログでは、日々の診療の様子や患者様とのエピソードのご紹介をはじめ、気になるお体の悩みや辛い痛みの原因と改善方法のご紹介、痛みの改善や予防のためのアドバイスなどをご紹介しております。
メリー整骨院で患者様から信頼を寄せられ、親しみやすく優しい施術で人気の柔道整復師が、分かりやすいアドバイスをご提供しておりますので、ぜひブログをご覧ください。
ブログをご覧になって当院の施術にご興味をお持ちになった方や、当院が推進する痛みやコリの根本改善療法を受けてみたいと思われた方は、お気軽に浦和にある当院までお問い合わせください。お一人お一人のお悩みやお体の状態に寄り添い、親身で安心な施術をご提供させていただきます。