logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2016/10/13

あしのつり! ~こむら返り~

夜中や明け方、または運動中にふくらはぎをつったりしたことはありませんか?

つる原因として、

○疲労や冷えで筋肉の緊張が強い

○汗をかいたりして体内の水分、ミネラルが不足している

○妊娠中である

などがあります。

 

つる箇所は、ふくらはぎ 足の裏 足の指 スネなどですが、ふくらはぎが一番多いと思います。

 

つる原因をそれぞれ見ていくと…

①筋肉の緊張

筋肉の緊張状態が続くと、筋肉の伸び具合を感知している筋紡錘は刺激を受け続けて麻痺してしまいます。

また、血行不良も起こる事で筋紡錘はミネラルやエネルギー不足となり、その感度が悪くなってしまいます。

筋紡錘に異常をきたすと、脳が筋肉の状態を把握できなくなり、それにより縮みなさいという命令を必要以上に出してしまい、つってしまうのです。

 

②汗をかいて

汗をかくと、体内の水分と塩分が出ていきます。塩分にはナトリウムが含まれていますので、体内のミネラルが減っていってしまい、つってしまうのです。

 

③妊娠中

妊娠中は、赤ちゃんの骨を形成するのにカルシウムが不足してミネラルバランスが崩れます。

また、骨盤が歪む事で下半身への血行が悪くなったり、お腹が大きくなることで体重が増え、下半身への負担が増して筋肉の緊張が強くなったりします。これによりつってしまうのです。

 

また別に、糖尿病や腎臓疾患、肝臓疾患、神経痛などの影響でもつることがあります。

 

つる予防としては、

適度な運動ストレッチで筋肉の緊張を避けて、

水分・ミネラルの補給をし、

湯船につかり、筋疲労をしっかりと取り除く様にしてください!

 

ストレッチは【 腰痛予防のストレッチ② ~ハムストリング・腓腹筋ストレッチ~ 】を参照してください!!

 %e3%81%93%e3%82%80%e3%82%89%e8%bf%94%e3%82%8a

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/10/12

交通事故、転倒などによる むち打ち

むち打ち交通事故転倒による衝撃で

首がムチの様にしなって振られる

ことで起こる損傷です。

 

交通事故の場合は、すぐに症状が出てこない事もありますので、1週間ぐらいはしっかりと経過をみましょう

%e4%ba%a4%e9%80%9a%e4%ba%8b%e6%95%85%e2%91%a3
%e3%82%80%e3%81%a1%e6%89%93%e3%81%a1%e2%91%a1

 

 

 

 

 

症状としては、

○首を動かすと痛い、動かせない

○首や肩が重い、張り感がある

○背中が痛い、重くなる

○頭痛がする

○吐き気がする

○めまいがする

など、損傷の仕方によって症状は様々です。

%e3%82%80%e3%81%a1%e6%89%93%e3%81%a1%e2%91%a0

 

 

 

 

 

 

 

急性期(痛めて間もない)の場合は、患部に強い刺激を与えてしまうと症状が強くなる可能性がありますので、しっかりと状態を確認しながら施術していきます。

 

交通事故にあってしまったら…

安全な場に移動する

二次被害に合わない様に安全な場所に移動してください。

重症な場合は、動かずに救急車の到着を待ってください!

警察に連絡

警察に届け出ないと、保険会社に保険金を請求する交通事故証明書が発行されません。

その場で痛みがなくても、後日痛みが出てくることも多々あるので、痛くないので…と自己判断をしないことです

連絡先を確認

加害者の氏名・連絡先、加害者が加入している保険会社の名前・担当者・連絡先を聞きます。

④病院にて検査

事故直後は症状がなくても、後日症状が出る事も多々ありますので、レントゲンなどの画像検査を受けて自分の体の状態を確認しておく方が良いでしょう。

医療機関を選択

継続して治療を続ける際、治療する医療機関をどこに選ぶかは患者さんの自由です。

継続して通院しやすい医療機関を選択して、その医療機関に通院する旨を保険会社に連絡します。

仕事帰りや自宅の近くと言った、通院しやすい医療機関を選ぶことがポイントです

⑥通院開始

保険会社が医療機関に連絡をして、通院することが可能となります。

⑦患者さんの負担額は無し

交通事故であれば、自賠責保険の適用となりますので、患者さんの負担はなく治療が受けられます。

%e4%ba%a4%e9%80%9a%e4%ba%8b%e6%95%85%e2%91%a1

 

 

 

 

 

 

当院でも、自賠責保険・任意保険による交通事故の治療が可能です。

患者さまの負担はなく、無料で受けられます。

平日は20時まで受付していますので、会社帰りの方でも大丈夫です

受付時間へ click!

アクセスへ click!

 

また、他の医療機関(病院、接骨院)に通院中の方でも、転院することは可能です。

通院しやすい場所・時間を考慮して選択してください。

転院する際は、まずは保険会社の方とご相談ください。

 

早期からの治療が重要ですので、そんなに痛くないから…と放っておいたり、痛みを我慢したりせずにご来院ください!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/10/11

手や腕が痺れる!腕がだるい・痛い! ~ 胸郭出口症候群 ~

手や腕に痺れが出る症状として、胸郭出口症候群というものがあります。

 

胸郭出口症候群は、

○首がスラ~っとしていて、なで肩である(女性に多い)、

○事務作業などで不良姿勢が多い

○重い物を背負う事が多い

方に出やすく、

 

○手や腕が痺れる

○手や腕が痛い・だるい

○洗濯物を干す、吊革につかまるなど腕を上に挙げると手や腕が痺れる

などの症状が出ます。

 

腕や手には首から神経が出ていますが、下の写真の①~③で神経が圧迫されてしまう事があります。

%e8%83%b8%e9%83%ad%e5%87%ba%e5%8f%a3%e2%91%a0

 

 

 

 

 

 

 

①~③の部分には、首から枝分かれしている『腕神経叢』という神経と『鎖骨下動脈』という血管が通っています。この各箇所で神経障害を起こしやすく、それぞれ呼び名があます。

①~③を総称して、胸郭出口症候群と言います。

 

①斜角筋症候群

①の箇所で、前斜角筋,中斜角筋という筋肉の間を腕神経叢と鎖骨下動脈が通過し、そこで圧迫を受けて症状が出る。

 

②肋鎖症候群

②の箇所で、鎖骨と肋骨の間を腕神経叢と鎖骨下動脈が通過し、そこで圧迫を受けて症状が出る。

 

③小胸筋症候群(過外転症候群)

③の箇所で、小胸筋の後方を腕神経叢と鎖骨下動脈が通過し、そこで圧迫を受けて症状が出る。

 

それぞれ、不良姿勢や過剰な筋緊張が原因となっているので、姿勢を正していくと共に、強まっている筋肉の緊張を取り除いていきます。

 

また、『頚肋』と言って形態上の問題が原因となるものもあります。

本来肋骨は胸の骨(胸椎)からあるものですが、極々まれにですが、首の骨(頸椎)から出ていることがあります。

これが頚肋です。

これは、胎生期の遺残したもので、必ずしも症状を発生させるわけではありませんが、症状が弱い場合は保存療法で様子をみていき、症状が強い場合は手術療法の適用となる事もあります。

 

当院では、日常生活での注意点もアドバイスしていますので、ご不明な点などがありましたらお気軽にご質問ください!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/10/08

手が痺れる!指が痺れる! ~ 手根管症候群 ~

手や指が痺れるという症状は、首が原因で起こる事もありますが、手首が原因の事もあります。

症状としては主に、

○手が痺れる(主に手の平中央から親指側)

○親指が痺れる

○人差し指が痺れる

○中指が痺れる

と言った症状が出ます。

%e6%89%8b%e6%a0%b9%e7%ae%a1%e2%91%a1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手首のところには、下図の様に

%e6%89%8b%e6%a0%b9%e7%ae%a1%e2%91%a0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手の骨(手根骨)と屈筋支帯に囲まれた手根管と呼ばれるトンネルの様なものがあります。

そこを、指を動かす腱と正中神経という神経が通っています。

 

手を使い過ぎたりすると、手根管の内圧が上がり、神経を圧迫して痺れを引き起こします。

また、手首付近の骨折などにより骨が変形し、神経を圧迫してしまうこともあります。

 

手根管症候群は、妊娠・出産時期の女性や更年期の女性に多く発症するのですが、これは女性ホルモンの乱れによる腱鞘のむくみが原因と言われています。

 

治療としては、固定具やサポーターなどで手首を固定して安静を図ったり、テーピングで負担を軽減させたり、前腕の筋肉の緊張が強い事が多いのでそちらの筋緊張も和らげていきます。

 

母指球筋(親指の付け根部分)に委縮が見られたり、神経圧迫の原因が腫瘍であったりした場合は、手術療法の適用となります。

 

気になる症状がありましたら、ぜひお気軽にご相談・ご来院ください!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/10/07

歩くと踵が痛い 走ると踵が痛い 子供の踵の痛み 踵骨骨端症 ~シーバー病~

10歳前後の子供に多く発症し、明らかな原因がなく、歩行時や走行時に踵に痛みを訴えます。

 

子供はまだ完全に骨が出来あがっていないので、下の写真の様に骨端軟骨という、これから成長していく部分があります。

sever%e7%97%85%e2%91%a1

 

 

 

 

 

 

 

 

この部分はまだ弱い部分でもありますので、アキレス腱や足底腱膜による牽引力が加わったり、地面からの繰り返しの衝撃が加わったりすると痛みが生じます。

スパイクなど靴底の硬いシューズを履いている事が長かったり、ふくらはぎの筋肉の緊張が強かったりすると、この部分にストレスが掛かるので、痛みを発生させる原因となります。

 

治療は、下記の様になります。

○インソールやサポーターで靴底のクッション性を高める

○足底腱膜や腓腹筋(アキレス腱)の緊張をゆるめる

○アキレス腱~腓腹筋にかけてテーピングをして踵にかかる負担を軽減

○テーピングやサポーターで足底のアーチをサポートして踵にかかる負担を軽減

 

痛みが非常に強い場合は、スポーツを控えて安静を保つようにします。

 

成長していく上で骨端軟骨は誰にでもあるものです。

しかし、ケアすることで予防したり、早期に回復させたりする事は可能ですので、少しでも異変を感じましたらお気軽にご相談・ご来院ください!!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/10/06

朝起きてからの一歩目が痛い 踵を着くと痛い 足の裏が痛い ~足底腱膜炎~

足の裏の中央部が痛かったり、踵の部分が痛かったりする場合、足底腱膜炎の可能性があります。

 

特徴として、

○朝起きて、歩き出しの数歩が痛い

○歩き出しは痛いが、動いているうちに痛みが引いてくる

○運動開始時は痛いが、動いていると痛みは引く。ただし運動後はまた痛くなる

といった症状が出ます。

 

それが、足の裏の中央部であったり、踵の部分であったりします。

足の裏は足底腱膜という腱膜に覆われていますが、この腱膜は歩行やランニングなどで常に伸び縮みを繰り返し強いられています。

この繰り返しにより、組織が微小な損傷を起こしていきます。

また、腱膜の付着部である踵は、直接荷重にもさらされるので、繰り返し踏み潰されることによって、この箇所に組織の損傷が起こっていきます。

 

この腱膜の付着部は、レントゲンを撮ってみると、腱膜に引っ張られる形で、骨棘という骨の棘が出来ている事があるのですが、骨棘があるからと言って、必ずしも痛みが出るとは限りません。

 

この足底腱膜炎は、よくランニングをされる方や、跳躍系の運動をされる方底の硬い靴を長時間履かれる方足底腱膜やふくらはぎの筋肉の柔軟性がない方体重が急に増えた方などに出やすいと言えます。

 

治療としては、足底やふくらはぎの筋肉をゆるめていくのですが、歩行の仕方が悪かったり、ランニングフォームが悪かったりする場合もあるので、そこも改善していかないと再発させてしまう確率が高くなってしまいます。

歩き方、走り方に関しては、もも裏(ハムストリング)やお尻の筋肉(殿筋)の柔軟性、足の着き方、足の指(足趾)の使い方に問題がある事が多いです。

 

外反母趾内反小趾開張足と言った足のトラブルも原因となります。

(開張足:足の指が上を向くような感じで、足部前側の横のアーチが無くなっている状態。魚の目やタコが出来やすい。)

ですので、足趾のグーパー運動や、タオルギャザーといったトレーニングも必要となります。

 

日常生活において、足を着かない訳にはいきませんので、インソールサポーターテーピングなどによって日々の生活の負担を減らし、足部や下腿の柔軟性を取り戻しながら足趾のトレーニングも行い、症状を改善させていきます!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

浦和にあるメリー整骨院のブログでは日々のお体のケアのアドバイスもご提供しております

浦和で信頼と実績ある当院のブログでは、日々の診療の様子や患者様とのエピソードのご紹介をはじめ、気になるお体の悩みや辛い痛みの原因と改善方法のご紹介、痛みの改善や予防のためのアドバイスなどをご紹介しております。
メリー整骨院で患者様から信頼を寄せられ、親しみやすく優しい施術で人気の柔道整復師が、分かりやすいアドバイスをご提供しておりますので、ぜひブログをご覧ください。
ブログをご覧になって当院の施術にご興味をお持ちになった方や、当院が推進する痛みやコリの根本改善療法を受けてみたいと思われた方は、お気軽に浦和にある当院までお問い合わせください。お一人お一人のお悩みやお体の状態に寄り添い、親身で安心な施術をご提供させていただきます。