logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2017/04/17

バドミントンやテニス、ゴルフをしていて腕が痛い、肘が痛い

昨日は、当院にご来院いただいている患者さんが参加されているバドミントンの練習に参加させていただきました

バドミントンを競技としてやるのは初めてで、遊びでやったのは小学生の頃でしょうか…?!

プレーをしている後半からラケットを握る右前腕が筋肉痛を起こしそうだなという前兆を感じ始めました

※前腕:肘~手首までの腕の部分です。

バドミントン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラケットに当てようと手打ちな感じになっていたのはプレーしながら感じていましたが、このような感じで痛くなり始めるのだなと、痛みが発生する状態がわかる良い勉強になりました

ちなみに、今は腕よりも頚と腰が筋肉痛です(^^;)

シャトルを見上げると言う、いつもはしないような動きをしていた為ですね

 

バドミントン、テニスなどのラケット競技やゴルフでは、

前腕~肘が痛くなることが良くあります。

【 物を取るなどの動作で肘を伸ばすと痛い ~テニス肘・ゴルフ肘~ 】

前腕①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原因として考えられるのは、

過度の練習(overuse)

ストレッチなどのケアが不十分

打つ際のミートポイントがズレている

打ち返す際の振り遅れ

フォームの乱れ

などが考えられます。

 

気にせずプレーをしていると、

痛みが取れにくくなり、治るまでに時間を要してしまいます。

早期の治療開始やフォームの見直しが必要です。

 

また、日々のケアも必要となります。

ケアとしては、ストレッチをよくやって頂く事をお薦めします!

【 腱鞘炎の予防 腱鞘炎の治りを早める為のストレッチ 】

ストレッチは、気付いた時にちょくちょくと、1回に15~20秒はしっかりと伸ばしてください

 

予防や悪化を防ぐのに、テーピングも効果的です

当院では、早期の回復にハイボルト療法

プレーしながら回復させていくのにテーピング療法

行っていますので、ぜひお気軽にご相談・ご来院ください

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/04/14

ストレッチポールで猫背姿勢を解消し、肩こりや腰痛も解消!

肩こり腰痛の原因として、姿勢は大変重要です。

デスクワークや携帯電話の操作で猫背になっていませんか?

この姿勢が繰り返し続くと、腰痛につながります。

【 猫背の影響が肩こりや腰痛へ 】

 

そこで、毎日の猫背姿勢を一日一日リセットしていきます

 

その方法は…

ストレッチポールに乗るだけです

ストレッチポールのエクササイズは色々とありますが、ここでは、毎日手軽に続けて頂きたいので、シンプルなことだけを載せています。

 

そのストレッチポールとは、下の写真のような円柱状の棒です。

ストレッチポール

http://item.rakuten.co.jp/mobilebattery/yoga-pole-01/

※上記サイトより画像をお借りしています。

上の写真の物は、ポリエチレンで出来ているのでとても軽いです。

 

そして、前述したように、やって頂きたいのは、下の写真のようにストレッチポールの上に寝転がるだけです。

ストレッチポール①

①まず、ポールの上に座り、後ろ手を着きながらポールの上に仰向けに寝ます。

※頭もポールの上に乗るようにしてください。

※円柱ですので、転がらない様に手でしっかりと支えながら気を付けて寝てください。

②両足を肩幅ぐらいに開いて、安定する位置を探します。

③両腕は、手の平を天井に向け脱力します。

④肩の角度を30度ぐらいに開きます。(上の写真参照)

⑤この時に、肘~前腕~手の甲が床に着く様にします。

ゆっくりと呼吸をしながら、呼吸ごとに肩の力が抜け、胸が開いてくることを意識します。

※胸の開く感覚がわからなくても、ゆっくりとリラックスしていただければOKです。

⑦2~3分間、脱力した状態で鼻から息を吸って、ゆっくりと口から息を吐いてください。

※やっていて、ストレッチ感とは違った痛みを感じるようであれば無理してやらないでください。

 

慣れてきましたら、肩の角度を上げてみてください。

ストレッチポール②

”より”胸が広がると思います。

ここでも、肘~前腕~手の甲が床に着く様にしてください。

 

ストレッチポールが無い方は、バスタオルを巻いてバンド等で絞めて使用してみてください。

ストレッチポール③

上の写真は、バスタオルサイズのタオルを2枚使用して円柱状に巻いています。

これでも、ポールほどではありませんが胸が開きますので、試してみてください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/04/10

胸やけ ストレス 睡眠不足 自律神経の乱れ 逆流性食道炎

自律神経の乱れから睡眠不足になることもあると、前回に載せました

【 寝つきが悪い 夜中に目が覚める 疲れが取れない 自律神経の乱れ 】参照

 

今回は、

『ストレス・睡眠不足・自律神経の乱れが胃腸の調子を悪くさせることがある』

ということについて載せたいと思います。

※上記の要因が全てではありませんので、お気を付けください。

 

人は日々、様々なストレスにさらされています。

精神的なものだけではなく、気温の変化や睡眠が不足しているなどの肉体的に受けているものもあります。

 

これらのストレスは、食道粘膜の胃酸に対する感受性を高めるので、

胃酸が胃から食道へ少し逆流してしまっただけでも、食道は過敏に反応してしまいます。

これによって、胸やけが起きたりします。

これが逆流性食道炎を誘発してしまう原因につながります。

腹痛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレスは、胃酸の感受性を高めてしまうのですが、胃酸が逆流してしまうのは、何が原因で起こるのでしょうか?

 

胃酸の逆流の原因としては、下記の項目が挙げられます。

○筋力の低下

下部食道括約筋の閉まりが悪くなるのと、食道の蠕動運動も悪くなり、逆流したものを戻す力が弱くなる。

○食生活

食べ過ぎたり、脂肪分・タンパク質の多いものを取り過ぎたりすると、下部食道括約筋が緩んだり、胃酸の分泌が増えたりする。

○腹部の圧迫

肥満であったり、姿勢が悪かったり、ベルトで腹部を締め付け過ぎていたりしていると、腹部が圧迫され、それにより胃も下から押し上げられるように圧迫されてしまう。

下からの圧迫によって胃液の逆流が起きやすくなってしまう。

○口呼吸・便秘

口呼吸が多かったりすると、食事の際に空気を食べ物と一緒に飲み込んだり、呼吸の際に空気を飲み込んだりして、腸の方にガスが溜まってしまうことがある。

『空気呑気症(空気嚥下症)』と言い、ストレスが影響している事もあります。)

そうすると、腸が膨れ上がり、胃を下から押し上げてしまう。

また、便秘によっても腸にガスが溜まり、同様に胃を下から押し上げてしまい、胃液の逆流が起きやすくなる。

 

上記を見ると、日々の生活で防げる項目もありますね。

食生活はすぐにでも改めていくことが出来ます。

腹部の圧迫も、姿勢を意識することで改めていけます。

 

そして、姿勢が改善されると、呼吸も深く出来る様になりますので、リラックス状態を作りやすくなります。

リラックスして副交感神経を優位にすることが出来れば、質の良い睡眠もとれるようになり、一日一日しっかりと疲れ・ストレスを取り除けるようになります。

【疲れがとれない だるい 肩がこる ⇒ 姿勢の影響で呼吸が浅くなるのが原因?!】参照

 

%e6%b7%b1%e5%91%bc%e5%90%b8

 

 

 

 

 

 

 

 

当院で行っているバイタルリアクトセラピー(カイロプラクティック)は、

自律神経の働きと姿勢を正していきます。

自律神経を整える施術ですので、変に力んでしまうような強い刺激ではありません。

小さなお子様から、ご年輩の方まで安心して受けられます。

 

自律神経の働きと姿勢を正すことで、身体に掛かるストレスをなくしていきます。

ぜひ、お気軽にお問合せ・ご来院ください

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/04/06

寝つきが悪い 夜中に目が覚める 疲れが取れない 自律神経の乱れ

ようやく暖かくなってきました

桜も今が見頃ですね

 

4月に入り、春の季節になってきましたが、体調を崩したりしていないでしょうか?

 

暖かい日があったり、少し肌寒い日があったりすると、気温の変化に体がついていけずに体調を崩してしまいがちです。

風邪

 

 

 

 

 

 

 

体温を調節しているのは、自律神経です。

自律神経がしっかりと働いていないと、体調を崩しやすくなってしまいます。

 

しかし、現代の生活では、自律神経が乱れやすくなっています。

長時間のパソコン作業スマートフォンを見続けていたり

目を酷使している事で、目の周りの筋肉は緊張し続け、交感神経が働き続ける状態になります。

パソコン作業

 

 

 

 

 

 

 

交感神経は血管を収縮させますので、交感神経が優位の状態が続くと、

血流も悪くなり、肩こり緊張性頭痛の原因となります。

 

また、姿勢も悪いと呼吸が浅く早くなり、これも交感神経を優位にさせてしまいます。

疲れがとれない だるい 肩がこる 姿勢の影響で呼吸が浅くなるのが原因?!

 

交感神経が優位のままだと、心身は興奮状態ですので、

当然この状態で眠ろうとしても

寝つきが悪くなりますし、

睡眠の質も悪くなります。

ですので、意図的に

副交感神経を活性化

させていかなければなりません。

 

副交感神経を優位にさせるのに最も取り組みやすいものとしては呼吸です。

 

鼻からお腹を膨らませるようにして空気を吸い込み、

お腹をへこませながらゆっくりと口から息を吐き出します。

 

横隔膜をしっかりと動かし、ゆっくりと呼吸を行うことで副交感神経が優位になってきます。

10~15分ぐらい続けて行うと、脳内でもα波が増えて、心身ともにリラックス出来ます。

(α波は、リラックスしているけれども明晰な状態です。)

 

ただし、姿勢が悪い状態では大きな呼吸も行えません。

 

当院で行っているバイタルリアクトセラピー(カイロプラクティック)は、

振動の『共振』という性質を利用して自律神経と姿勢を正していきます。

 

自律神経を整える施術ですので、変に力んでしまうような強い刺激ではありません。

小さなお子様から、ご年輩の方まで安心して受けられます。

 

自律神経と姿勢を正すことで、身体に掛かるストレスをなくしていきます

 

ご来院いただいている患者さんの中にも、

寝つきが悪い

夜中に何回か目が覚めてしまう

という悩みをお持ちの方がいましたが、現在は

寝入りも良く

夜中に起きる事もなく

睡眠がとれるようになっています。

※状態の改善速度には個人差があります。

睡眠

 

 

 

 

 

 

 

寝ても疲れが取れない、

寝つきが悪い、

夜中に目が覚めてしまう

といった症状でお困りの方は、ぜひお気軽にご相談・ご来院ください

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/04/03

浦和の玉蔵院の”しだれ桜”

いい天気なので、院から5分ほどにある『玉蔵院』へ

しだれ桜が有名で、ちょうど良い咲き具合でした

 

お昼過ぎの時間帯でしたが、盛況でした

 

写真は少し逆光でいまいちですが…実際はもっとキレイでした

20170403_135026 20170403_134833

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170403_134633

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/03/31

股関節が痛い サッカー選手に多く見られる鼡径部の痛み グロインペイン症候群

股関節に関する痛みの原因は複数あり、腸腰筋に関する痛みを前回に載せました。

【 腰の痛み 股関節の痛み 鼠径部の痛み 腸腰筋が原因の痛み 】

 

今回は、サッカー選手に多く見られる

鼡径部痛症候群(Groin pain syndrome)

について載せたいと思います。

 

サッカー以外にも、ラグビーや陸上の長距離、野球、バスケットボールなどでも生じますが、サッカーが最も多く、プロサッカー選手にも生じる疾患です。

 

Groin pain syndromeについては、何年か前に、当時、浦和レッズの専任チームドクターであった仁賀先生と、同じく浦和レッズの野崎トレーナーが講師となって開かれたセミナーに全6回出席させていただき、大変勉強になりました。

 

 

鼡径部の痛みが主なのですが、患者さんに痛みの箇所を指で示してもらうと各人で微妙に場所が異なります。

右が患部側とした場合、下図の様な箇所で痛みを訴えることがあります。

groin pain syndrome①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼠径部~内股付近、殿部に症状が出て、日常生活ではそこまでの強い痛みは無く走ると痛いボールを蹴ると痛い、と言った運動時の痛みが発生します。

 

鼡径部痛症候群とは、

股関節周辺の痛みの原因となる器質的疾患がなく、体幹~下肢の可動性・安定性・協調性に問題を生じた結果、骨盤周辺の機能不全に陥り、運動時に鼠径部周辺に痛みを起こす症候群

です。

 

何を言っているのかわかりにくいかもしれませんね...(^^;)

 

つまり、股関節周辺の疲労骨折や筋損傷などの明らかな疾患がなく、なんらかの誘因により、体幹~下肢の可動性・安定性・協調性が失われた結果、鼠径部周辺に痛みが発生してしまうということです。

 

明らかな疾患がないために、日常生活ではそこまでの痛みが出てこないのです。

 

では、どのような事で痛みが発生してしまうのか?

 

人間の動作には、連動性があります。

例えば、右足でボールを蹴る動作。

蹴るのは右足ですが、左脚を軸足にしますし、上体や腕によってバランスを取ります。

 

ここで、左足関節を捻挫で痛めていたり、左脚の筋肉を痛めていたりした場合、軸足が不安定になる可能性があります。

同様に、腰が痛かったり、肩が痛かったりしてうまくバランスを取る事が出来なければ、ボールを蹴る動作が不安定になってしまいます。

 

このように不安定な状態でボールを蹴り続けていると、体の連動性が崩れていって、機能不全となり、痛みが生じます。

 

これは、以前『野球肘』『野球肩』でもありましたが、足関節や股関節などが原因でフォームが崩れて肘が痛くなる、肩が痛くなるといったものと同じです。

【 投球時に肘が痛い スポーツ障害 ~ 野球肘 ~ 】

【 投球時にが痛い スポーツ障害 ~ 野球 ~ 】

 

運動をすると痛いけど、日常生活は大丈夫だからそのうち治るかな...?!

などと思わずに、痛みを放っておけば、そのうち日常生活でも痛みが生じてきます。

早目の対処が早期の回復につながりますので、気になり始めたらお近くの医療機関を受診してください。

 

当院でも、痛みの経過をしっかりとお聞きしながら、各種checkを行い、明らかな損傷が無いかを確認しながら施術を進めていきますので、お気軽にご相談・ご来院ください!!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

浦和にあるメリー整骨院のブログでは日々のお体のケアのアドバイスもご提供しております

浦和で信頼と実績ある当院のブログでは、日々の診療の様子や患者様とのエピソードのご紹介をはじめ、気になるお体の悩みや辛い痛みの原因と改善方法のご紹介、痛みの改善や予防のためのアドバイスなどをご紹介しております。
メリー整骨院で患者様から信頼を寄せられ、親しみやすく優しい施術で人気の柔道整復師が、分かりやすいアドバイスをご提供しておりますので、ぜひブログをご覧ください。
ブログをご覧になって当院の施術にご興味をお持ちになった方や、当院が推進する痛みやコリの根本改善療法を受けてみたいと思われた方は、お気軽に浦和にある当院までお問い合わせください。お一人お一人のお悩みやお体の状態に寄り添い、親身で安心な施術をご提供させていただきます。