logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2016/11/21

ストレッチ教室を行いました!!

昨日の11月20日(日)に当院近くの公民館にてストレッチ教室を行いました

参加してくださった皆さま、ありがとうございました

 

頚から足まで、体全体をストレッチしていきましたが、みなさんそれぞれしっかりと出来た箇所と、硬くてなかなか出来なかった箇所があったと思います。

 

途中、眠くなってきたという声も聞かれましたが、リラックスして出来ている証拠ではないでしょうか

ストレッチは副交感神経が優位になるので、リラックス・リフレッシュするには最適です

 

ストレッチは継続して行うことが大切です。

継続は大変ではありますが、日課となれば体にはとても良い事ですので、ひとつふたつでも良いので、頑張って継続してください

20161120%ef%bc%bf%ef%bd%bd%ef%be%84%ef%be%9a%ef%bd%af%ef%be%81%e6%95%99%e5%ae%a4%e2%91%a0 20161120%ef%bc%bf%ef%bd%bd%ef%be%84%ef%be%9a%ef%bd%af%ef%be%81%e6%95%99%e5%ae%a4%e2%91%a1%e5%8a%a0%e5%b7%a5

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/11/18

お尻の痛み・しびれ ももの痛み・しびれ 下腿の痛み・しびれ ~坐骨神経痛

坐骨神経とは、第4腰神経~第3仙骨神経が合わさる人体の中で最も大きな末梢神経です。

%e6%a2%a8%e7%8a%b6%e7%ad%8b

%e5%9d%90%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お尻の梨状筋部から大腿部の後面を下行して、膝裏の上部分で『総腓骨神経』と『脛骨神経』に枝分かれします。

 

総腓骨神経は、さらに『浅腓骨神経』と『深腓骨神経』に枝分かれします。

脛骨神経も、さらに『内側足底神経』と『外側足底神経』に枝分かれします。

 

このように、枝分かれしながら下肢全体に分布します。

そのため、坐骨神経痛の症状(痛み、しびれ)は、お尻から下肢全体に症状が出る可能性があります。

 

ただし、坐骨神経は、第4神経~第3仙骨神経(L4L5S1S2S3)からなるので、このうちの障害されている箇所によって症状が出る箇所が限局されてきます。(下図のL4S3までの範囲)

%e3%83%87%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%a0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坐骨神経痛を引き起こす原因としては、

○梨状筋症候群

○腰椎椎間板ヘルニア

○腰部脊柱管狭窄症

○腰椎分離症

○腰椎すべり症

などが挙げられます。

 

梨状筋症候群については前回に載せてありますので、次回からはその他について載せていきます!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/11/16

お尻が痛い・痺れる ももの裏側が痛い・痺れる ~梨状筋症候群~

○お尻が痛い・痺れる

○ももの裏が痛い・痺れる

○お尻~もも裏~ふくらはぎまで痛み・痺れる

といった症状がある場合、梨状筋症候群の可能性があります。

 

梨状筋とは、下図の様に、お尻のほっぺ部分に、お尻中央から外側にかけて走行している筋肉です。

股関節を動かす際に使う筋肉で、その梨状筋近くには坐骨神経があります。

坐骨神経は、手の親指ほどの太さがある神経です。

%e6%a2%a8%e7%8a%b6%e7%ad%8b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梨状筋症候群とは、梨状筋の筋緊張が強まる事で坐骨神経を筋肉で圧迫してしまい、それによって生じる坐骨神経痛のことを言います。

誘因としては下記の様な点が挙げられます。

 

○ランニングなどの運動を良くする

○座っている時間が長い

○立っている時間が長い

 

ただし、坐骨神経痛は原因が腰にある事もありますので、しっかりとした鑑別診断が必要です。

 

○ランニングや運動をする方であれば、その前後のストレッチをしっかりと行いましょう!

○座っている時間が長い方は、理想は1時間毎に立ち上がって歩いたりして同一姿勢の継続で筋肉が硬くならない様に気を付けましょう!

○立っている時間が長い方も、同一姿勢でいないように少し動く様にします。そういった事が難しい場合は、お風呂上りや、就寝前にストレッチをしてケアしましょう!

 

原因が主に筋肉の緊張によるものなので、その筋肉の緊張を取り除いていかなければなりません。

ただし、梨状筋の表層には殿部を覆う大きな筋肉である大殿筋があったり、周りの筋肉の緊張もあるでしょうから、なかなか症状が改善しない場合もあります。

 

 

施術としては、梨状筋だけではなく、股関節周囲の筋肉の緊張や、場合によっては腰部の筋緊張を取り除き、股関節の動き、腰と股関節の連動性を良くして症状を改善させていきます!

%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%82%bd%e3%83%b3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/11/15

11月23日(水) 祝日も診療します。

11月23日(水) の勤労感謝の日(祝日)も

 

9:00~13:00 まで診療いたします。

※お時間のお間違えが無いようにご注意ください。

 

また、木曜日は休診となりますので、ご注意ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/11/14

脊椎のS字状カーブ の機能・役割 ストレートネック 猫背

人間の脊椎(背骨)は、頚から腰に掛けて前後に『S字状のカーブ』を呈しています。

それで地面からの衝撃や自身の重さを前後に分散させているのですが、そのS字状のカーブは強くても直線に近くても良くありません。

 

現代は、ストレートネック(頸椎のカーブが無い)猫背(背部のカーブが強い)など、S字状のカーブが理想的なカーブではなくなっている方が多くいます。

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e2%91%a1

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレートネックは、携帯電話の操作やデスクワークなどで常に下を向いている方に多いです。

下を向いていると、頭が下に垂れない様に頚から肩にかけての筋肉である僧帽筋やその他の筋肉にも負担が掛かります。

僧帽筋の緊張は肩こりの原因となりますし、下を向いている状態は頚の骨(頸椎)が真っ直ぐになる状態を作り出します。

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e2%91%a0

 

 

 

 

 

 

 

猫背は、背中が丸くなり、頭が前のめりになり、そのままでは視線が下に落ちるので、頚を上に向ける様にします。

%e7%8c%ab%e8%83%8c%e2%91%a0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頚を上に向ける状態だと、頭と頚の付け根の部分にある後頭下筋群の緊張を招きます。

後頭部には、後頭神経という神経が分布していますので、この部分の筋緊張は後頭神経痛という頭痛の原因にもつながります。

また、眼球の運動に関与する筋肉もありますので、眼の疲れにも繋がりますし、頭へ血を運ぶ椎骨動脈が通る箇所でもありますので、頭への血流不足も招いてしまいます。

 

猫背姿勢は、体の筋肉をあまり使わずに筋肉を包む『筋膜』や関節を支える『靭帯』に寄り掛かった状態でいる事になります。

筋肉は使わないでいると衰えますから、不良姿勢に慣れてしまっている方は、いざ正しい姿勢を保とうとしても保つことが辛くて出来ません。

適度な筋力と本来の脊椎カーブ(S字状カーブ)があれば、体に負担なく姿勢を保てるはずが、筋力の低下とカーブの消失or過度なカーブにより正しい姿勢を保つことが辛くなってしまっているのです。

 

 

猫背は体の前後に対する問題ですが、体の左右に対する問題もあります。

○立っている時や座っている時、いつも同じ側に荷重を掛けている

○座っている時、いつも同じ側の脚を組む

○いつも決まった側の手で荷物を持つor決まった側の肩に荷物を掛ける

○食事中、テレビを見るor会話をするのに、体を右や左に向けて捻らせている

○仕事中、いつも同じ方向に体を捻らせて作業している

などです。

 

人間の体は、脊椎(背骨)を中心にして、左右にテントを支えるロープの様に筋肉が張り巡らされています。

左右に均等にテンションを掛け合う事で真っ直ぐに保っているのが、片側に傾けたりした姿勢を続けていると片側に過剰な負荷を掛け続ける事になります。

 

そうすると、負荷が掛かっている筋肉に過剰な筋緊張が生じ、血行が滞ってしまいます。

血行が滞ると、発痛物質が蓄積されてくるので痛みとして感じるようになります。

 

 

以上の様に、本来、人間には体への負荷を逃がすための機能があります。

 

○足底には『土踏まず(横アーチ、縦アーチ)

○膝には衝撃を吸収する『半月板(線維軟骨)

○頚~腰にも主に水分が成分の『椎間板(線維軟骨)

○脊椎(背骨)は体の前後に『S字状のカーブ

 

上記の様な機能を日々の生活習慣において低下させています。

日々の繰り返しが蓄積されて、ちょっとした出来事をきっかけとして症状が現れてきますので、ご本人的には何もしていないのに…と思われるかもしれません。

改めて、生活習慣を見直してみるのも良いのではないでしょうか?

 

当院では、バイタルリアクトセラピー(カイロプラクティック)によって、姿勢を正し、人間が本来持っている体の各機能自然治癒力がしっかりと働く様に、体の根本からの改善を目指して施術していきます!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/11/12

半月板 椎間板 椎間関節 の機能・役割

次に、『半月板』『椎間板』ですが、これは誰しもがそうですが、加齢とともに機能が弱まってきます。

だからと言って、それで全ての人が体に不調をきたすわけではありません。

筋肉や関節の柔軟性と言った周囲の機能がしっかりとしていれば、充分に補えます。

 

○『半月板』がある膝であれば、もも(大腿部)の筋肉です。

大腿部前面の筋肉である大腿四頭筋の筋力が落ちている方が多くいます。

年輩の方に限らず、脚をすぐに組んでしまったりする方は大腿部の内側の内転筋の筋力が落ちている可能性があります。

これらの筋肉の筋力と柔軟性をしっかりとさせておく事が必要です。

%e5%a4%a7%e8%85%bf%e5%9b%9b%e9%a0%ad%e7%ad%8b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○頚~腰の背骨を形成する椎骨の間にある『椎間板』であれば、その周りを支える脊柱起立筋などの大きい筋肉や椎体のひとつひとつに付く多裂筋などの小さい筋肉、そして椎間関節と言った関節がしっかりと機能していなければいけません。

%e8%84%8a%e6%9f%b1%e8%b5%b7%e7%ab%8b%e7%ad%8b

 

%e6%a4%8e%e9%96%93%e9%96%a2%e7%af%80

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筋肉には充分な柔軟性と筋力、椎間関節には正常な可動域が必要です。

 

関節も筋肉と同様に動かしていないと動きが硬くなってきてしまいます。

関節は靭帯により支えられていますが、靭帯は弾力性の小さい膠原線維と弾力性に富んだ弾性線維で出来ています。

体を動かしていないと、これらの線維の弾力性が失われていき、関節の可動域が小さくなってきてしまいます。

 

筋肉の柔軟性と筋力、椎間関節の可動域、これがしっかりしていないと日常生活動作に知らず知らずの内に無理が生じてきますので、体も不調を来しかねません。

 

現代は平均寿命も長くなり、内科的な問題を抱えている方もいれば、内科的な問題は無くても加齢に伴う筋力の低下や関節や脊椎の問題、骨粗鬆症など運動器の機能にトラブルがあり、要介護や寝たきりになってしまう方もいます。

これがロコモティブシンドローム(運動器症候群)です。

(ロコモティブシンドローム ⇒ https://locomo-joa.jp/locomo/01.html に詳しく説明が出ているので参考にしてください。)

 

健康でいるためには、体の機能をしっかりと働かせるようにしなければいけません。

 

次回は『S字状のカーブ』についてです!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

浦和にあるメリー整骨院のブログでは日々のお体のケアのアドバイスもご提供しております

浦和で信頼と実績ある当院のブログでは、日々の診療の様子や患者様とのエピソードのご紹介をはじめ、気になるお体の悩みや辛い痛みの原因と改善方法のご紹介、痛みの改善や予防のためのアドバイスなどをご紹介しております。
メリー整骨院で患者様から信頼を寄せられ、親しみやすく優しい施術で人気の柔道整復師が、分かりやすいアドバイスをご提供しておりますので、ぜひブログをご覧ください。
ブログをご覧になって当院の施術にご興味をお持ちになった方や、当院が推進する痛みやコリの根本改善療法を受けてみたいと思われた方は、お気軽に浦和にある当院までお問い合わせください。お一人お一人のお悩みやお体の状態に寄り添い、親身で安心な施術をご提供させていただきます。