logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2018/04/21

足を着くと土踏まずが痛い、踵が痛い ~足底腱膜炎~

ここ数日、足の裏の痛みを訴える患者さんが続きました。

踵の痛み⑦

土踏まず(足底の縦アーチ)や踵の痛み

踵の痛みにも様々な症状がありますが、ご来院された症状は足底腱膜炎でした。

参照⇒【 足を着くと踵が痛い、歩くと踵が痛い!踵の痛みにはさいたま市浦和区のメリー整骨院へ 】

 

偶然にも?!みなさん、赤ちゃんを抱っこして歩くことが多かった後から痛みが強くなっています。

抱っこした状態だと、足には『自身の体重+赤ちゃんの体重』が掛かりますので、通常より負荷が掛かりますね?!

踵の痛み③足底腱膜

 

赤ちゃんを抱っこしながら歩く際は、

☆ソールのクッション性がしっかりとしている靴

☆靴のインソール部のアーチサポートがしっかりとしている靴

☆歩いている際に、靴の中で足が遊んでしまわない靴

(靴の中で足がズルズル動かない靴)

を選んでください。

 

 

足のトラブルは、姿勢が崩れる原因にもなりますし、膝の痛みや腰の痛みにつながります。

脱ぎ履きしやすいからと、スリッポンで長いこと歩くと、足が疲れるだけでなく、足底腱膜炎の様な足のトラブルにつながります。

 

気を付けましょう!!

 

 

当院の施術は、

体の『構造(=姿勢)』を整えて、

体の『機能(=神経の働き)』を良くし、

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させて、不調を繰り返し起こさない体つくりを目指しています!

『バイタルリアクトセラピー』

 

『腰痛』『肩こり』『頭痛』『めまい』などでお困りの方は、ぜひご相談・ご来院ください!

『足のトラブル』でもご相談・ご来院ください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/12/01

足を着くと踵が痛い、歩くと踵が痛い!踵の痛みにはさいたま市浦和区のメリー整骨院へ②

『かかと』の痛みの続き

○10歳前後の子供の場合 ⇒『踵骨骨端症(シーバー病)』

○踵の足裏側が痛い ⇒『足底腱膜炎』

○踵の真下が痛い ⇒『有痛性踵パッド』

○踵の後ろのアキレス腱に近い部分が痛い ⇒『アキレス腱付着部炎』

○踵の真後ろが痛い ⇒『アキレス腱滑液包炎』

 

 

『有痛性踵パッド』

踵の下は、脂肪組織で覆われていて、そのクッション性(弾力性)によって踵が地面から受ける衝撃を吸収しています。

踵の痛み⑥踵パッド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、そのクッション性(弾力性)が加齢などにより低下してくると、地面からの衝撃を吸収できずに踵に痛みが生じてしまいます。

 

また、過度のジョギングなど、スポーツで過度に踵に衝撃が加わる事で、衝撃を吸収し切れなくなってしまった場合にも生じます。

 

どちらとも、踵のクッション性(弾力性)を高める為に、テーピングをしたり、保護出来るものを靴に入れたりします。

 

 

『アキレス腱付着部炎』/『アキレス腱滑液包炎』

踵の痛み⑤アキレス腱滑液包炎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキレス腱は、ふくらはぎの筋肉=腓腹筋+ヒラメ筋から腱になった部分です。

激しい運動などで、腓腹筋の緊張が増すと、アキレス腱の付着部に負荷が掛かり、痛みを伴う事があります。

また、靴などの履き物が付着部に当たる事によって炎症が起きてしまう事もあります。

 

滑液包とは、緩衝材のようなもので、アキレス腱が骨と擦れないようにしたり、靴など外部からの刺激に対してクッションとなるように働きます。

しかし、それを上回る刺激を受けてしまった時には、炎症が起き、痛みとなって現れます。

こちらも参照してください↓↓↓

【 アキレス腱が痛い! アキレス腱炎 アキレス腱周囲炎 アキレス腱滑液包炎 】

 

 

靴が当たって生じている炎症であれば、それを取り除きます。

そして、テーピング療法や、ハイボルト療法にて炎症を鎮めていきます。

 

踵の痛みでお困りの方は、ぜひ当院にお気軽にご相談・ご来院ください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/11/21

足を着くと踵が痛い、歩くと踵が痛い!踵の痛みにはさいたま市浦和区のメリー整骨院へ

『かかと』の痛みにも色々とあります。

例えば、

○10歳前後の子供の場合 ⇒『踵骨骨端症(シーバー病)』

○踵の足裏側が痛い ⇒『足底腱膜炎』

○踵の真下が痛い ⇒『有痛性踵パッド』

○踵の後ろのアキレス腱に近い部分が痛い ⇒『アキレス腱付着部炎』

○踵の真後ろが痛い ⇒『アキレス腱滑液包炎』

などが挙げられます。

踵の痛み②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『踵骨骨端症=Server病(シーバー病)』

sever%e7%97%85%e2%91%a1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の骨はまだ完全ではなく、これから成長していく骨端軟骨という部分があります。

ここは弱い部分でもあるので、上図の様に過度に外力を受けるとそれが負荷となって痛みを伴います。

詳しくはこちらも↓↓↓

【 歩くときに踵が痛い 押すと踵が痛い 骨端線が原因の痛み 】Click

 

 

『足底腱膜炎』

踵の痛み③足底腱膜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2足歩行である人間は、常に足底に負荷が掛かっています。

ジョギングなどのスポーツ、立ち仕事による立ちっぱなしなど、足底やふくらはぎの柔軟性が無くなってくると、足底からの衝撃を吸収し切れなくなります

 

また、5060歳代の女性に多くみられるのが、踵骨棘という骨のトゲが出来てしまっている状態です。

足底腱膜による張力が踵に過度に掛かってしまう事で形成されてしまいます。

 踵の痛み④踵骨棘

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

但し、この骨棘が出来てしまったら痛みが消えないかと言うと、そんなことはありません。

痛みは、炎症が起きてしまっている為に生じるものなので、炎症が治まれば、痛みも治まります

詳しくはこちらも↓↓↓

【 朝起きてからの一歩目が痛い 踵を着くと痛い 足の裏が痛い ~足底腱膜炎~ 】Click

 

 

続きは次回に

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/09/29

足部内側の痛み(外脛骨)には さいたま市浦和区のメリー整骨院へ

○足の内側が腫れている

○足の内側の出っ張りを押すと痛い

○歩くと足の内側が痛い

○走ると足の内側が痛い

○運動後に足の内側が痛い

などの痛みにお困りの場合、『有痛性外脛骨』の可能性があります。

 

『有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)』は、

スポーツを盛んに行う10~15歳頃の年代に多くみられます。

 

外脛骨とは、人間の発生学的に生じる『過剰骨(余剰骨)』で、人間の骨が出来あがってくる過程で残ってしまう骨(=過剰骨(余剰骨))であり、ある方と無い方がいます。

その発生頻度は約15%であり、あるからと言って必ずしも痛みにつながるものではありません

 

この外脛骨は下図の様に『舟状骨』という骨に線維性軟骨性にくっついています。

外脛骨①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ここに後脛骨筋という筋肉の腱が付着します。

※外脛骨が無い方は、後脛骨筋腱は舟状骨に付着します。

 

後脛骨筋は、ふくらはぎからの筋肉ですので、活動量が多いと筋肉の緊張が強くなり、それにより外脛骨に牽引力が働いてしまいます。

外脛骨は、線維性・軟骨性に舟状骨に結合しているだけですので、牽引力が強く働くとその結合部で炎症を起こして痛みが生じます。

外脛骨②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、後脛骨筋足のアーチ形成にも関与するので、足のアーチが低下してしまっている場合も後脛骨筋が引っ張られて、外脛骨に牽引力が働き、痛みを起こす事があります。

外脛骨③

 

 

 

 

 

 

 

 

本症状が出た時には、後脛骨筋の筋緊張を緩めると共に足底の筋肉も緩めます

足底のアーチを補助するインソールなどを使用するのも良いでしょう!

 

当院では、

ハイボルト療法

テーピング療法により

早期回復に努めます!

 

足部の内側に痛みがありましたら、ご相談だけでも構いませんので、ぜひお問い合わせorご来院ください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/06/20

外くるぶしの近く、足首の外側が荷重をかけると痛い・歩くと痛い ~腓骨筋腱炎~

以前にも掲載したことがありますが、ランニングなどをする方に多く見られる症状で、

腓骨筋腱炎という疾患があります。

↓↓参照↓↓

【 歩くと足首の外側が痛い 走ると足首の外側が痛い 腓骨筋腱炎 】

%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%82%bd%e3%83%b3

 

 

 

 

 

 

 

先日、腓骨筋腱炎足を引きずるようにして来院された患者さんがいました。

 

フルマラソンを走り、走った23日後から徐々に痛みが強くなってきたとの事でした。

マラソンが久し振りだったという訳でもなく、Overuse気味だったというわけでもなく、足首を捻ったりもしていないとの事。

では、何が直接の原因となったのか??

 

ガタガタな道を走ったりしましたか?

と聞くと、途中、山道を走ったとの事!?

デコボコした道で、バランスをとるのに腓骨筋に負担がいってしまったのでしょう。

 

そこから炎症が徐々に上がり、腫れて熱も持ち、荷重を掛けると強い痛みを発するまでになってしまいました。

 

早期回復を促すために、

ハイボルト療法

テーピング療法

行いましたが、1週間後には、痛みが無くなるまでに回復しました!

 

ランニングによって生じるトラブルは、他にも腸脛靱帯炎鵞足炎といったものもありますが、

ハイボルト療法

テーピング療法

は、早期回復に効果を発揮します!

 

ランニング障害などでお困りの方は、ぜひ当院へご来院ください!

 %e8%b6%b3%e9%96%a2%e7%af%80%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/03/14

歩くときに踵が痛い 押すと踵が痛い 骨端線が原因の痛み

以前、子供の踵の痛みで『シーバー病』を紹介しました。

【 歩くと踵が痛い 走ると踵が痛い 子供の踵の痛み 踵骨骨端症 ~シーバー病~ 】

 

10歳前後の子供に多く発症し、明らかな原因がなく、歩行時や走行時に踵に痛みを訴えます。

ただ、よくよく聞いてみると、最近運動量が増えた(運動会の練習や縄跳びの練習でなど)、靴を変えた、などのちょっとした変化が背景にあったりします。

 

『シーバー病』の項目で述べたように、治療としては、足底のクッション性を高めたり、アキレス腱や足底の筋肉の緊張を緩めたりするのですが、足趾の使い方が原因のひとつにもなるので、足趾のトレーニングも行います。

sever%e7%97%85%e2%91%a1

 

 

 

 

 

 

 

 

【 足の裏の痛み 足の痛み 足関節の痛み ~ 扁平足障害 ~ 】

で紹介したように、足の裏にはアーチがあり、地面からの衝撃を吸収する機能があります。

 

足趾が使えていないと、足で地面を蹴り出す動作や足が地面に接地する動作がブレて、衝撃をしっかりと吸収できないのと共に周囲の筋肉に余計な負担が掛かってしまいます。

 

これは踵だけでなく、下腿(スネやふくらはぎ)や膝関節、股関節、腰にまで影響が及ぶこともあるので、怪我の予防やパフォーマンスUPの為にも、しっかりと使える様にトレーニングをしておく必要があります。

 

『足趾が使えていない』とは??

 

足の指でグーパー運動が出来るかをcheckします。

足趾グーパー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

< グー >

足の指がしっかりと下に曲がり、指の付け根部分に手のコブシの様な骨の隆起が出るのがBestです!

※上の写真は自分の足趾ですが、あまり出ていません...。

 

< パー >

足の指が全体的にしっかりと広がるのがBestです!!

 

足のトラブルがある子や大人の方は、足趾のグーパー運動がしっかりと出来ない事が多いので、まずこのトレーニングを行います。

大人だと、まったく動かなくなってしまっている方もいますが、まずは手を添えながらでも、動きを体に覚え込ませていきます!

1日に最低30回はゆっくりと大きくグーパー運動をしましょう!

 

以前、大人の方で『足の指って動くんですか??』と言われたことがありますが、運動を継続すれば必ず動いてきます!!

 

そして、グーパー運動が出来る様になったら、今度は『タオルギャザー』と言うトレーニングです。

椅子に座った状態で、フェイスタオルサイズのタオルを足の下に敷きます。(タオルの端に足を置きます。)

足趾のグーパー運動により、タオルを引き寄せていきます。

この運動で足趾の機能をより高めていきます!

 

二足歩行である人間は、常に足が地面に接していますので、足の機能は重要です。

弱くなってしまった機能をトレーニングによって取り戻しましょう!!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

浦和にあるメリー整骨院のブログでは日々のお体のケアのアドバイスもご提供しております

浦和で信頼と実績ある当院のブログでは、日々の診療の様子や患者様とのエピソードのご紹介をはじめ、気になるお体の悩みや辛い痛みの原因と改善方法のご紹介、痛みの改善や予防のためのアドバイスなどをご紹介しております。
メリー整骨院で患者様から信頼を寄せられ、親しみやすく優しい施術で人気の柔道整復師が、分かりやすいアドバイスをご提供しておりますので、ぜひブログをご覧ください。
ブログをご覧になって当院の施術にご興味をお持ちになった方や、当院が推進する痛みやコリの根本改善療法を受けてみたいと思われた方は、お気軽に浦和にある当院までお問い合わせください。お一人お一人のお悩みやお体の状態に寄り添い、親身で安心な施術をご提供させていただきます。