logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2018/06/18

育児による首・背中・腰の痛み。その予防には?!

前回、育児中の姿勢は身体に負担が掛かる事を載せました。

【 育児による首・背中・腰の痛み 】

 

痛みが出始めたら、治療を開始するのはもちろんですが、気になり始めた時や辛くなる前に【予防】をするのも大切です。

 

虫歯予防に歯磨きをしますね?

歯磨きでは取り切れない部分には『フロス』を行います。

さらには、定期的に歯医者さんで検診なども。

 

 

人間は、睡眠中に身体を回復させていきます。

睡眠①

 

『質の良い睡眠』『充分な睡眠時間』

が取れていて、普段の姿勢も良く、体内の神経の伝達が良好で『自然治癒力』がしっかりと働いていれば回復は充分に行われます。

 

しかし、現代では様々な要因(ストレス)から、自律神経が乱れ、質の良い睡眠が取れていない事が多いです。

充分な睡眠時間を取れていない方も多いと思います。

【 肩こり、腰痛、体の疲れ、睡眠時間は足りていますか??睡眠負債 】

 

育児中であれば、夜泣きもあるでしょうから、なかなか『質の良い睡眠』『充分な睡眠時間』は取れないですよね?!

となると、自身でのケアには限界が生じます。

 

当院の施術では、『質の良い睡眠』が取れるように促していきます。

そして、骨格にアプローチすることにより、余計な筋肉の緊張を取り除きます

 

痛みが出てからの治療はもちろんの事、【予防】も重要と考えていますので、痛みが辛くなる前の段階でもお気軽にご相談・ご来院ください。

 

 

お肌のシミが後々に出てくることがあるように、身体の不調は5年後、10年後に影響してきます。

ですから、今現在の治療だけでなく、先々も考えた【予防】であるメンテナンスも大切です。

人生100年の時代に突入していきますから、『健康寿命』を延ばすにはメンテナンスもしっかりとしていきましょう!

 

 

当院の施術は、

身体の『構造(=姿勢)』を整えて、

身体の『機能(=自律神経の働き)』を良くし、

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させて、不調を繰り返し起こさない体つくりを目指しています!

『バイタルリアクトセラピー』

 

『治療』から『予防』まで行い、今現在だけでなく、5年後、10年後も見据えた、健康な身体作りをしていきます!!

 

『慢性腰痛』『ぎっくり腰』『肩こり』『頭痛』『めまい』『不眠』などでお困りの方は、ぜひご相談・ご来院ください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
https://www.ekiten.jp/shop_94937901/
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/06/17

育児による首・背中・腰の痛み

育児をしていると、どうしても前傾姿勢が多くなりますよね?

また、抱っこすることもありますので、それでも負担が掛かります。

 

◆目線が下になるため、下を向いたり、前屈みになったり。

◆授乳時にも下向きに。また、背中を丸める形にも。

◆抱っこをするため、肩・腰に負担が掛かる。

などなど。

 抱っこ②

育児はノンストップですから、身体には常に負担が掛かりますね(><)

 

下を向いていれば、首~肩~背中には下記の様な負担が掛かります。

肩こりサイクル③

 

これだけではなく、下を向いてばかりいると、正常では前方に弯曲があるはずの首の弯曲を無くなってきてしまいます。

いわゆる『ストレートネック』ですね。

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e2%91%a1

 

こうなってしまうと、筋肉だけの問題では無くなってきます。

神経の伝達に影響を及ばし始め、首や肩の痛み、肩こりをはじめ、腰痛や頭痛、自律神経の乱れにまで進行してしまいます。

 

赤ちゃんや子供を抱き上げる際の前屈み姿勢では、腰に下記の様な負担が掛かります。

椎間板内圧

意外に思うかもしれませんが、立った状態から前屈みになるよりも、椅子で座った状態から前屈みになった方が腰には負担が掛かります。

 

くれぐれも『ぎっくり腰』には注意してください!

 

上記から、育児中は、身体に負担の掛かる姿勢を常に取らなければいけないということですよね…。

では、どのようにすれば良いのか??

 

それは、【予防】です!

 

多くの方は、痛みが出てから整形外科や病院に行ったり、整骨院/接骨院に行ったりしますね?

もちろん痛みが出た時は早期に医療機関を受診して頂きたいのですが、気になり始めた早期の段階や、常日頃からのメンテナンスにも気を配ると良いのではないでしょうか?

 

みなさん、歯磨きは毎日しますよね?

これは、虫歯にならない為の予防です。

定期的に歯医者さんで検診を受けている方もいると思います。

 

では、身体に対してはどうすれば良いのか??

それはまた次回に。

 

 

 

当院の施術は、

身体の『構造(=姿勢)』を整えて、

身体の『機能(=自律神経の働き)』を良くし、

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させて、不調を繰り返し起こさない体つくりを目指しています!

『バイタルリアクトセラピー』

 

『治療』から『予防』まで行い、今現在だけでなく、5年後、10年後も見据えた、健康な身体作りをしていきます!!

 

『慢性腰痛』『ぎっくり腰』『肩こり』『頭痛』『めまい』『不眠』などでお困りの方は、ぜひご相談・ご来院ください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
https://www.ekiten.jp/shop_94937901/
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/06/09

正しい姿勢を身に付けて、肩こり・腰痛を未然に防ぐ!①

正しい姿勢で立てていますか?

正しい姿勢で座れていますか?

姿勢

 

正しい姿勢をキープするのは、意外と辛いですね?

正しい姿勢なのに辛い…?!

おかしいですよね??

正しい姿勢であれば、楽なはずなのに…。

 

不良姿勢が身についてしまうと、いざ正しい姿勢をしようとしても、普段使用していない筋肉を使うことになるので、姿勢を維持することが辛くなってしまいます。

本来使用すべき筋肉が使えていないわけですね。

 

筋肉だけではありません。

姿勢によって骨格が変わってきてしまいます。

 

よく耳にする『ストレートネック』

現在は、スマートフォンを使用することが多いと思いますが、下を向いていると、頚椎の前弯が消失してきます。

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e2%91%a0

 

頚だけではなく、下を向いていれば、当然背中も丸くなります。

背中が丸くなれば、自然と腰も…

 

不良姿勢③

 

この不良姿勢、楽なように感じますが、身体には負担となりますし、

『ストレートネック』『猫背』『腰椎の前弯消失』

へと繋がっていきます。

 

こういった姿勢になると、何をしなくても身体には負荷が掛かっていますから、『肩こり』『腰痛』になります。

 

では、どのようにしていけば良いのでしょうか?

それは、また次回に!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
https://www.ekiten.jp/shop_94937901/
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/04/14

思い当たる原因が無い首の痛み

先日、以前より来院していただいている70代女性の方が、左首の痛みを訴えてきました。

特に寝違えたなどの覚えもなく、気付いたら痛みが出てきたと。

 

確かに、左首の筋肉には緊張があり、運動痛もあります。

しかし、特に原因が無く…

 

よくよく話を聞いていくと、左奥歯に入れてある歯のブリッジが少し前から合わなくなってきていたようで、少し痛みを感じていたとのこと。

 

それによって、左首の緊張が出ていたようです。

 

ちょうど、歯科に行く予定となっていたので、大きな問題とはなりませんでした。

 

虫歯などで歯に痛みがあったり、入れ歯が合っていないなどで痛みを感じていたりすると、顎周囲の筋肉や首の筋肉に緊張が伴います。

それによって、首の痛み起こる事もあるのです。

首の痛み

 

痛みは、何か原因があって出てくるものです。

 

今回のケースであれば、原因は歯のブリッジにあります。

首の筋肉の緊張があるからと、首のマッサージをして筋肉の緊張を取り除いても、歯のブリッジの問題を解決しないと筋肉の緊張はまた起きてしまいます。

 

このように、『肩こり』『腰痛』も、筋肉の緊張を伴いますが、何かしらの原因があって筋肉の緊張が生じます。

この根本を解決しないと、マッサージなどで筋肉の緊張をほぐしたとしても、また筋肉の緊張は生じてしまうでしょう。

 

当院では、そのようなことにならない様に、

体の『構造(=姿勢)』を整えて、

体の『機能(=神経の働き)』を良くし、

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させて、不調を繰り返し起こさない体つくりを目指しています!

『バイタルリアクトセラピー』

 

なかなか改善しない『肩こり』『腰痛』でお困りの方は、ぜひご相談・ご来院ください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/02/19

緊張性の頭痛でお困りではありませんか?

○肩の凝りが強くなると頭痛がでてくる

○パソコン作業をしていると頭痛がでてくる

○スマホを操作していると頭痛がでてくる

などなど。

頭痛①

後頭部やこめかみ、耳の上や後ろ付近が痛むことはありませんか?

  

そして、デスクワークやスマホ操作で下記イラストの様な姿勢になっていませんか?

%e7%8c%ab%e8%83%8c%e2%91%a1%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e2%91%a0

パソコン作業の、顔を前に出して、顎を挙げた状態では、頭と頚の境の筋肉が緊張してきます。

スマホ操作でも、下を向いていると、頭が落ちない様に支えますので、頚の筋肉が緊張します。

頭痛③

上の写真の赤丸部分からは、

大後頭神経という神経が後頭部から頭頂部にかけて、

小後頭神経という神経が側頭部に分布します。

これらの神経が、不良姿勢の影響を受けて頭痛を引き起こします。

 

不良姿勢を改善しない限り、いくら筋肉の緊張を取り除いても辛い頭痛はまた出てきます。

 

そのような事にならない様に、『構造(=姿勢)』を整えていきましょう!

 

当院で行う、バイタルリアクトセラピーでは、

『構造(=姿勢)』を整え、

『機能(=神経の働き)』を良くして、

『真の健康』を手に入れられるようにしていきます!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/02/07

子供の腰痛や肩こり、姿勢矯正、めまい には さいたま市浦和区のメリー整骨院

☆こんな症状はありませんか?

○学校から帰ってくると腰痛を訴える

○学校から帰ってくると肩こりを訴える

○朝の目覚めが悪く、疲れている

○朝、起きられない

○眩暈(めまい)がある

○頭痛がする

頭痛

 

 

 

 

 

先日、テレビにて“子供の腰痛が増えている”と放送されていました。

スポーツが原因のものではありません。

 

『脱ゆとり教育』になり、教科書がカラーになったり、ページ数が増えたりしてランドセルの重みが増した事が原因にあるのではないか?

とのことでした。

 

たしかに、教科書が何冊も入っていたら、低学年の子供には大変ですよね?!(@@;)

また、中高生では、部活の荷物も加わってかなりの重さになっているのではないかと思います。

 

荷物の重さが負担になっている事もあるとは思いますが、これだけが原因では無い様にも感じます。

 

スマートフォンの普及により、今は子供でもスマートフォンを使用していると思います。

☆スマートフォン操作による不良姿勢

☆寝る前のスマートフォン操作による睡眠の質の低下

☆塾などにより机に向かう時間が増え、その際の不良姿勢

☆塾で帰りが遅かったり、テレビを見ていて就寝が遅くなったりなどの睡眠不足

などなど。

子供不良姿勢②

 

 

これらが日々積み重なると、体の

『構造=骨格・姿勢』

『機能=自律神経の働き』

に支障を来してくる恐れがあります。

 

子供の体は、これから成長していく段階にあります。

 

例えば、木の幹が曲がって生えていたとします。

木は、そのまま曲がった方向に成長していきますよね??

 

子供の体も同じです。不良姿勢のままでいると、不良姿勢のまま成長していってしまいます!

子供のうちから気を付けて、整えて行きましょう!

 

当院の施術では、

体の『構造』を整え(不良姿勢を正し)

体の『機能』を回復させ(自律神経の働きを促し)、

症状を取り除いていきます。

☆バイタルリアクトセラピー

 

お問合せ、ご来院をお待ちしています!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

浦和にあるメリー整骨院のブログでは日々のお体のケアのアドバイスもご提供しております

浦和で信頼と実績ある当院のブログでは、日々の診療の様子や患者様とのエピソードのご紹介をはじめ、気になるお体の悩みや辛い痛みの原因と改善方法のご紹介、痛みの改善や予防のためのアドバイスなどをご紹介しております。
メリー整骨院で患者様から信頼を寄せられ、親しみやすく優しい施術で人気の柔道整復師が、分かりやすいアドバイスをご提供しておりますので、ぜひブログをご覧ください。
ブログをご覧になって当院の施術にご興味をお持ちになった方や、当院で行っている根本改善療法【M式テクニック】を受けてみたいと思われた方は、お気軽に浦和にある当院までお問い合わせください。お一人お一人のお悩みやお体の状態に寄り添い、親身で安心な施術をご提供させていただきます。