logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2017/06/03

投球で生じる痛み、野球肘・野球肩

先日、朝日新聞の紙面にて『肩・ひじを守る』と題して、中高生の『野球肩』『野球肘』に対しての記事が三回に渡って掲載されていました。

%e9%87%8e%e7%90%83%e8%82%98

 

 

 

 

 

 

 

 

1回は、『安楽、5試合772球 球児の連投、止めるか認めるか』

という見出しで、高校球児の連投に対して、投げさせてあげるべきか、止めさせるべきかと言った判断の難しさが現場では生じていることが掲載されていました。

参考URL(朝日新聞デジタル)↓↓↓

http://www.asahi.com/koshien/articles/ASK5Z5TLBK5VPTQP01Q.html

 

2回は、『小中学生の野球肘、痛み無くても注意 骨変形の恐れも』

という見出しで、小中学生でも、違和感や痛みと言った予兆が無く、投球した瞬間に激痛に襲われて剥離骨折を起こしてしまう事があると、実際の体験談が載せられています。

参考URL(朝日新聞デジタル)↓↓↓

http://www.asahi.com/koshien/articles/ASK5V3SY6K5VPTQP009.html

 

上記のように、一球投げた時に激痛に襲われたという場合は、骨折などの大きな怪我であることが多いです。

参考URLでは、押しての痛みが無いかのセルフチェック方法が動画で紹介されていますが、正確にポイントを押せているかが重要になります。

 

先日出席した『東京スポーツ整形外科研究会』の中でも、プロ野球選手を診ている先生や、全国各地で野球教室や検診のイベントなどを行っている先生の野球肘に関しての講演がありましたが、どこに痛みが出ているのかが重要と話されていました。

痛みの原因が、

○筋肉なのか

○靭帯なのか

○神経なのか

○疲労骨折を起こしているのか

セルフチェックで体の状態を常に確認しておくことは大変有意義ですが、セルフのチェックだけでは判断が難しい部分もあると思います。

 

3回は、『病院で定期検査・球数制限のリーグ 各校、球児守るため』

という見出しで、定期的に病院でメディカルチェックを受けている高校や、投手に球数制限を設けている高校が紹介されています。

参考URL(朝日新聞デジタル)↓↓↓

http://www.asahi.com/koshien/articles/ASK5Z6JFGK5ZPTQP016.html

 

投球は、肩や肘だけでなく、体全体を使う動作です。

体の柔軟性があれば、肩や肘に負担をあまり掛けずに投球が行えます。

 

当院では、投球によって肩・肘が痛い、と言った場合、肩・肘だけにとらわれずに体全体の柔軟性もみていきます

野球だけに限らず、テニスやバドミントンなどのラケット競技でも肩や肘を痛める事があります。

肩・肘の痛みについて

投球時に肩が痛い スポーツ障害 ~野球肩~

『投球時に肘が痛い スポーツ障害 ~野球肘~』

 

違和感や痛みを感じ始めたら、早期にご来院ください!

また、違和感や痛みが無くても、不安・心配がおありでしたら、お気軽にご相談ください!!

%e6%8a%95%e7%90%83

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/05/22

歩く・走るとスネが痛い シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

以前に、↓↓↓で載せましたが、シンスプリントはスネの部分が痛くなります。

走るとスネが痛い!ジャンプするとスネが痛い! スポーツ障害 ~シンスプリント~ click!

 

『シンスプリント』は、日本語では『脛骨過労性骨膜炎』と言います。

脛骨(けいこつ)は、スネ部分の内側の骨になります。

シンスプリント①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンスプリント③

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンスプリントは、上図の黄色部分に痛みが出ることが多く、下図の様に痛みの出る箇所によってタイプ分けがされています。

シンスプリント④

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『疾走型』は、走る競技に多く、

陸上・サッカー・テニス・バドミントン・バスケットボール・バレーボールetc

『跳躍型』は、ジャンプ系の競技に多く、

クラシックバレエ・バレーボール・バスケットボールetc

 

初期の段階では、常に痛みがあるわけはないので、そのままにして様子をみてしまいがちですが、早目の対処が早期回復に重要です。

痛みが強くなると、歩行にも支障が出てしまい、疲労骨折にもつながります。

 

痛みが無くなるまでには、程度によっては月単位の時間を要します。

 

状態の程度をみるのに、疼痛誘発テストとして『Hop Test』と言うテストがあります。

痛みの出ている側の脚で片脚ジャンプをするテストなのですが、ジャンプする時と着地の時で様子をcheckします。

 

○ジャンプ時に痛みが伴うようであれば、4週間以内

○ジャンプの着地時に痛みが伴うようであれば、4週間以上

復帰するまでに時間を要します。

 

もちろん、上記のテストは大まかな指標であって、加療できる頻度・安静に出来る程度などの諸条件で変化します。

また、押しての痛みがどこにあるのかも重要な指標になります。

○筋層にあるのか?

○骨膜上にあるのか?

○痛みの範囲はどのぐらいか?

などなど。

 

痛みが強くなってしまうと、長期の安静が必要となる事があります。

早期回復には、早期治療が大切ですので、スポーツ中またはスポーツ後、日常生活においても、スネの痛みを感じましたら、早目にご来院ください!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/05/11

熱中症に注意! こまめな水分補給を!!

今日は、昨日と比べて気温が上がり、暑くなりましたね!

気温の変化に体内の体温調節機能が追い付かず、体調を崩している方もいるのではないでしょうか?!

前回は、熱中症の症状を載せました。↓↓↓

【 暑い日の、めまいや立ちくらみ、頭痛、吐き気に注意! 熱中症に気を付けて!! 】

 

今回は、熱中症を起こさない為に大切な『水分補給』について載せたいと思います。

水分補給

 

 

 

 

 

 

 

○補給量

一般的に人は、1日に2~2.5リットルの水分を体から失います。

よって、飲み物や食べ物から2~2.5リットルの水分を摂取する必要があります。

(※運動の実施は考慮に入れていませんので、運動で汗をかいた場合は異なります。)

 

食事から、おおよそ1リットル程度の水分を摂取しますので、

飲料水としては、1.5リットル程度が必要となります。

 

1回の水分補給の量は、コップ1杯程度にします。

コップ1杯 ⇒ 200ml 程度

これをゆっくりと摂取します。

一度に摂取し過ぎても、吸収できませんので、コップ1杯程度を細かく摂取していくのが理想です。

水分補給①

 

 

 

 

 

 

○補給する水分

摂取する飲料水ですが、コーヒーやお茶などカフェインの含まれているものには利尿作用がある為、摂取しても体内から排出されてしまうので適していません。

 

また、水が一番手軽ではあるのですが、汗の中には水分と共に塩分(ナトリウム)も含まれています。

一日を通して考えると、水だけを摂取していては体内の血液中のナトリウム濃度が下がってしまい、それも熱中症の原因となってしまいます。

体内のナトリウム濃度が下がると、体は、濃度がこれ以上下がらない様にのどの渇きを止めたり、濃度を上げようとして水分を尿として排出したりしてしまいます。

結果として、体内の水分量が減ってしまうのです

 

運動時は特に、汗で塩分(ナトリウム)が体から消失していくので、水だけの補給ではなく、ナトリウムなども含まれているスポーツドリンクを摂取することが必要です

水分補給②

 

 

 

 

 

○補給するタイミング

運動時であれば、運動の強度・季節(気温)・競技種目によっても異なりますが、

15~30分毎にコップ1杯程度

を補給するのが理想です。

 

日常生活であれば、例えば

○寝起き/就寝時

○入浴前/入浴後

○3度の食事の際

○午前10時/午後3時

などのタイミングで摂取するのも良いと思います。

水分補給③

 

 

 

 

 

 

 

日常生活での水分補給には、ジュース炭酸飲料はカロリーが高かったりするので水分補給にはあまり向かないのと、スポーツドリンクも糖分が含まれているので、摂取のし過ぎには注意が必要です。

 

『水分補給』は、のどが渇いたな、と思った時は遅い状態です。

渇いたと思う前にこまめに摂取することを心掛けましょう

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017/05/09

暑い日の、めまいや立ちくらみ、頭痛、吐き気に注意! 熱中症に気を付けて!!

5月5日の『立夏』が過ぎ、暦の上ではが始まりました。

 

今日明日は、暑さも和らいでいますが、木曜日からはまた気温が上がりそうですね

 

これからの季節、気温が上がってくると、スポーツをしている人だけではなく、日常生活を送っている中でも『熱中症』に気を付けなければいけません!

外だけではなく、家の中にいても『熱中症』になる事はありますので、日に当たっていないから大丈夫!と思わずに、室内に居ても水分補給はしっかりと行ってください!

 

『熱中症』とは、暑い環境(屋外・屋内)で生じる健康障害の総称で、その状態により以下のように分類されます。

(1)熱失神

(2)熱疲労

(3)熱痙攣

(4)熱射病

 

(1)熱失神

人間の体温は、血液が運んでいます。

運動をしたり、暑い所にいたりして体温が上がると、体内の熱を体外へ逃がし易くする為に体の表面の血流量が増えます。

この時、血液が体全体に行き渡る為に、一時的に脳への血液が不足し脳が酸欠状態になり、

顔面が蒼白

めまい

立ちくらみ

失神

を起こしたりします。これが『熱失神』です。

めまい

 

 

 

 

 

 

 

 

(2)熱疲労

さらに、体温が上昇した際には、汗をかくことで体内の熱を体外へ逃がしますが、汗をかいて体内の水分を失い、脱水状態が続くと

脱力感

倦怠感

めまい

吐き気

頭痛

などの症状が起きたりします。これが『熱疲労』です。

%e9%a0%ad%e7%97%9b

 

 

 

 

 

 

 

 

(3)筋痙攣

汗をかき、水分だけを補給していると、血液中の塩分濃度が低下して

手足の筋肉がツル

などの症状が起こります。血液中の塩分は筋肉の収縮を調節する役割がある為です。

これが『筋痙攣』です。

%e3%81%93%e3%82%80%e3%82%89%e8%bf%94%e3%82%8a

 

 

 

 

 

 

 

(4)熱射病

そして、体温の上昇が強すぎると、体温を調節する働きが追い付かなくなり、中枢機能に異常をきたし、

うわ言を言う

応答が鈍くなる

意識障害起こす

と言った症状を起こしたりします。これが『熱射病』です。

夏バテ

 

 

 

 

 

 

 

『熱中症』は、意識が朦朧としていたり、うわ言をいったり、応答が無いなどの重度の場合、死に至ることもありますので、すぐに病院に搬送するか、救急車を呼んでください!

 

こうした状況にならない為にも、水分補給をしっかりとしましょう!

次回は、『水分補給』について載せていきます。

水分補給

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/04/17

バドミントンやテニス、ゴルフをしていて腕が痛い、肘が痛い

昨日は、当院にご来院いただいている患者さんが参加されているバドミントンの練習に参加させていただきました

バドミントンを競技としてやるのは初めてで、遊びでやったのは小学生の頃でしょうか…?!

プレーをしている後半からラケットを握る右前腕が筋肉痛を起こしそうだなという前兆を感じ始めました

※前腕:肘~手首までの腕の部分です。

バドミントン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラケットに当てようと手打ちな感じになっていたのはプレーしながら感じていましたが、このような感じで痛くなり始めるのだなと、痛みが発生する状態がわかる良い勉強になりました

ちなみに、今は腕よりも頚と腰が筋肉痛です(^^;)

シャトルを見上げると言う、いつもはしないような動きをしていた為ですね

 

バドミントン、テニスなどのラケット競技やゴルフでは、

前腕~肘が痛くなることが良くあります。

【 物を取るなどの動作で肘を伸ばすと痛い ~テニス肘・ゴルフ肘~ 】

前腕①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原因として考えられるのは、

過度の練習(overuse)

ストレッチなどのケアが不十分

打つ際のミートポイントがズレている

打ち返す際の振り遅れ

フォームの乱れ

などが考えられます。

 

気にせずプレーをしていると、

痛みが取れにくくなり、治るまでに時間を要してしまいます。

早期の治療開始やフォームの見直しが必要です。

 

また、日々のケアも必要となります。

ケアとしては、ストレッチをよくやって頂く事をお薦めします!

【 腱鞘炎の予防 腱鞘炎の治りを早める為のストレッチ 】

ストレッチは、気付いた時にちょくちょくと、1回に15~20秒はしっかりと伸ばしてください

 

予防や悪化を防ぐのに、テーピングも効果的です

当院では、早期の回復にハイボルト療法

プレーしながら回復させていくのにテーピング療法

行っていますので、ぜひお気軽にご相談・ご来院ください

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/03/31

股関節が痛い サッカー選手に多く見られる鼡径部の痛み グロインペイン症候群

股関節に関する痛みの原因は複数あり、腸腰筋に関する痛みを前回に載せました。

【 腰の痛み 股関節の痛み 鼠径部の痛み 腸腰筋が原因の痛み 】

 

今回は、サッカー選手に多く見られる

鼡径部痛症候群(Groin pain syndrome)

について載せたいと思います。

 

サッカー以外にも、ラグビーや陸上の長距離、野球、バスケットボールなどでも生じますが、サッカーが最も多く、プロサッカー選手にも生じる疾患です。

 

Groin pain syndromeについては、何年か前に、当時、浦和レッズの専任チームドクターであった仁賀先生と、同じく浦和レッズの野崎トレーナーが講師となって開かれたセミナーに全6回出席させていただき、大変勉強になりました。

 

 

鼡径部の痛みが主なのですが、患者さんに痛みの箇所を指で示してもらうと各人で微妙に場所が異なります。

右が患部側とした場合、下図の様な箇所で痛みを訴えることがあります。

groin pain syndrome①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼠径部~内股付近、殿部に症状が出て、日常生活ではそこまでの強い痛みは無く走ると痛いボールを蹴ると痛い、と言った運動時の痛みが発生します。

 

鼡径部痛症候群とは、

股関節周辺の痛みの原因となる器質的疾患がなく、体幹~下肢の可動性・安定性・協調性に問題を生じた結果、骨盤周辺の機能不全に陥り、運動時に鼠径部周辺に痛みを起こす症候群

です。

 

何を言っているのかわかりにくいかもしれませんね...(^^;)

 

つまり、股関節周辺の疲労骨折や筋損傷などの明らかな疾患がなく、なんらかの誘因により、体幹~下肢の可動性・安定性・協調性が失われた結果、鼠径部周辺に痛みが発生してしまうということです。

 

明らかな疾患がないために、日常生活ではそこまでの痛みが出てこないのです。

 

では、どのような事で痛みが発生してしまうのか?

 

人間の動作には、連動性があります。

例えば、右足でボールを蹴る動作。

蹴るのは右足ですが、左脚を軸足にしますし、上体や腕によってバランスを取ります。

 

ここで、左足関節を捻挫で痛めていたり、左脚の筋肉を痛めていたりした場合、軸足が不安定になる可能性があります。

同様に、腰が痛かったり、肩が痛かったりしてうまくバランスを取る事が出来なければ、ボールを蹴る動作が不安定になってしまいます。

 

このように不安定な状態でボールを蹴り続けていると、体の連動性が崩れていって、機能不全となり、痛みが生じます。

 

これは、以前『野球肘』『野球肩』でもありましたが、足関節や股関節などが原因でフォームが崩れて肘が痛くなる、肩が痛くなるといったものと同じです。

【 投球時に肘が痛い スポーツ障害 ~ 野球肘 ~ 】

【 投球時にが痛い スポーツ障害 ~ 野球 ~ 】

 

運動をすると痛いけど、日常生活は大丈夫だからそのうち治るかな...?!

などと思わずに、痛みを放っておけば、そのうち日常生活でも痛みが生じてきます。

早目の対処が早期の回復につながりますので、気になり始めたらお近くの医療機関を受診してください。

 

当院でも、痛みの経過をしっかりとお聞きしながら、各種checkを行い、明らかな損傷が無いかを確認しながら施術を進めていきますので、お気軽にご相談・ご来院ください!!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

浦和にあるメリー整骨院のブログでは日々のお体のケアのアドバイスもご提供しております

浦和で信頼と実績ある当院のブログでは、日々の診療の様子や患者様とのエピソードのご紹介をはじめ、気になるお体の悩みや辛い痛みの原因と改善方法のご紹介、痛みの改善や予防のためのアドバイスなどをご紹介しております。
メリー整骨院で患者様から信頼を寄せられ、親しみやすく優しい施術で人気の柔道整復師が、分かりやすいアドバイスをご提供しておりますので、ぜひブログをご覧ください。
ブログをご覧になって当院の施術にご興味をお持ちになった方や、当院が推進する痛みやコリの根本改善療法を受けてみたいと思われた方は、お気軽に浦和にある当院までお問い合わせください。お一人お一人のお悩みやお体の状態に寄り添い、親身で安心な施術をご提供させていただきます。