logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2018/03/13

なぜ腰が痛い??何もしていないのに…

『今日はなぜか腰が痛いのよね~何かしたわけでもないんだけど…』

はてな?

この様な訴えを患者さんからよくお聞きします。

昨日も訴えを受けたのですが、内科的な疾患などが無い限り、何かしらの原因はあるはずです。

 

よくよくお話を伺っていくと、週末に映画を観に行ったとのこと。

映画館では、座席の位置にもよりますが、多少上を向く形になります。

体を後ろに倒し気味に、腰を丸めて座ってしまうことが多いのではないでしょうか?

 

お聞きすると、その様な姿勢になっていたとの事でした。

腰に痛みが無い方だと、大丈夫かもしれませんが、腰痛のある方がこの姿勢を続けると、痛みが増してしまうと思います。

 

何か運動や、力仕事をしていなくても、『姿勢』によって痛みは増してしまいます。

 

たまたま同じ日に、背中の痛みがいつもより出ている患者さんがいました。

同じく、特に何か作業をしたわけでもありませんが、いつもより痛みが出ています。

お話を伺うと、新幹線で遠出をし、座っている時間が長かったとのこと。

 

このケースも『姿勢』が影響したのだと思います。

 

座っている時、ついつい腰を丸めてしまいます。

この方が楽にしていると思ってしまうのですが、体的にはこの姿勢は負担となり、筋肉の緊張を起こしてしまいます。

%e7%8c%ab%e8%83%8c%e2%91%a0

体幹の力が弱く、正しい姿勢をキープ出来ないケースもあると思います。

 

『姿勢』が崩れるだけで、肩こりや頭痛、背中の痛み、腰痛、むくみなど、様々な身体の不調に繋がっていきます。

 

逆に言うと、『姿勢』を注意するだけで、身体の不調を防げるかもしれません。

 

当院では、

体の『構造(=姿勢)』を整えて、

体の『機能(=神経の働き)』を良くし、

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させて不調を改善させていきます!

『バイタルリアクトセラピー』

 

肩こり腰痛でお困りの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご来院ください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/03/12

40代女性 右肩の挙上時痛と腰の痛み【患者さまの声】

さいたま市浦和区からお越しいただいた患者さんの症状を紹介します。

 

年齢:40

性別:女性

<主訴>

右肩:上の物を取る時や、洗濯物を干そうと腕を挙上させると痛い。

右腰:お勝手仕事などで立っていることが長くなると辛くなる。

寝ていて痛みが出ることも。起き上がり動作時が痛い。

腰痛②

ご本人の訴えの中にはありませんでしたが、就寝は2時間半ぐらい毎に目が覚めてしまうようで、睡眠の質は悪そうでした。

睡眠がしっかりと取れていないと、身体も休まらず、筋肉の緊張もとれません。

参照⇒【 質の良い睡眠はとれていますか? さいたま市浦和区のメリー整骨院 】

 

姿勢を見てみると…

右肩が上がってしまっていて、右肩周囲と右腰周囲の筋緊張が大分強くなっていました。

右股関節の可動域も悪く、立ち姿勢は前傾で、壁際に正しい姿勢で立っていただくと、前につんのめりそうになるのと、姿勢を維持するのに左のふくらはぎに力が入ってしまうとの事でした。

 

『バイタルリアクトセラピー』の施術によって、姿勢を整えて行くと…

 

右肩と右腰の筋緊張は大分緩み、右股関節の可動域はほぼ正常に。

壁際に正しい姿勢で立つことも力みが減り、大分楽に立てていました

右肩の挙上時痛は、まだ残存していましたが、継続的な治療で無くなってくると思います。

 

特にマッサージの施術はしていませんが、姿勢が整うことで、筋肉の緊張もとれてきます。

※効果には個人差があります。

 

体の『構造(=姿勢)』を整えて、

体の『機能(=神経の働き)』を良くし、

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させて不調を改善させていきます!

『バイタルリアクトセラピー』

 

同じような症状でお困りの方は、ぜひご来院ください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/03/07

その腰痛、座り過ぎではありませんか??

今や仕事に欠かす事の出来ないパソコン、しかしこれが『肩こり』『腰痛』の原因になっていることは、多くの方が感じていると思います。

腰痛③

平日に座っている長さを調査したところ、日本人は

男性が7時間

女性が8時間

 

世界の中でも、最も座っている時間が長いようです。

 

座りっぱなしの同一姿勢でいると、筋肉の動きがないので血流が悪くなります。

そうすると、筋肉の緊張が生じて肩こりや腰痛の原因となります。

これに不良姿勢が加われば、なおさら緊張が生じやすくなります。

 

肩こり腰痛だけでなく、血流&代謝が悪くなりますので、

『脚のむくみ』や、『メタボリックシンドローム』になる可能性もあります。

メタボ

更には、血流が低下することで、血管の機能が落ちてしまう為に『高血圧』になる危険性もあります。

 

今は、座りっぱなしを防ぐために、机が上下に昇降する机もあるようですが、職場が導入してくれない限りは難しいですよね?!(^^;)

 

まずは正しい姿勢で座り、長い時間座り続けずに、仕事の合間に出来る限り立ったり伸びをしたりして体を動かすように(可能であれば、1時間に5分程度)してみてください。

 

 

姿勢改善には『バイタルリアクトセラピー』

体の『構造(=姿勢)』を整えて、

体の『機能(=神経の働き)』を良くし、

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させていきます!

 

『自然治癒力』により、肩こり腰痛体の不調改善を図ります!!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/03/05

肩こりや腰痛、体が悲鳴を上げていませんか??

世界スプリント選手権に出場していたスピードスケートの小平選手1000mの種目を棄権したようです。

 

コメントに

『連覇に挑むつもりで最大限、体調を整える準備をしてきたが、体が悲鳴を上げてしまったことが悔しい。思っていた以上に疲れが残っていたようなので~(以下略)。』

 

オリンピックで金メダル・銀メダルを獲得し、世界スプリント選手権でも500mでは優勝しているわけですから、充分凄いのですが、やはり連戦の疲労は残っていたようですね。

怪我をしないで済んだのが何よりと思います。

 

疲労が溜まっている状態では、今回の小平選手のように風邪を引いてしまったり、いつもなら大丈夫そうな動きでも怪我をしてしまったりすることがあります。

 

これは、日々の生活の中でも言える事で、疲労が溜まっている状態の時に寝違いを起こしたり、ぎっくり腰を起こしたり…。

疲れや痛みは自身が思っている以上の状態にある事が多々あります。

 

肩こり腰痛睡眠不足…ごまかし、ごまかしで無理をしていませんか?

肩の痛み①

痛みとして現れるのは、まさしく体が悲鳴を上げている状態です。

悲鳴を上げる前に気付いて上げるのが最善ではありますが、気が張りつめていると、なかなか気付かない事もあると思います。

 

違和感が出始めた時や、痛みが弱い状態の時でも、早目のケアを心掛けてください。

 

当院では、

体の『構造(=姿勢)』を整えて、

体の『機能(=神経の働き)』を良くする

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させる事を目的として施術していきます。

バイタルリアクトセラピー

 

体が悲鳴を上げる前に、悲鳴を上げてからでもお早めに、ご相談・ご来院ください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/02/27

寝ていて腰が痛い、何もしていないのに腰が痛い

腰痛のある方は、腰の痛みの為に寝る姿勢が限られてしまうこともあるのではないでしょうか?

 

◆仰向けだと腰が痛くて眠れない。

◆右向きで寝ると腰が痛い。

◆左向きで寝ると腰が痛い。

◆目が覚めると腰が痛い。

◆寝返りの際に腰の痛みで目が覚める。

などなど。

 

本来であれば、寝ている姿勢は腰に負担が少なく、寝ている最中に体に蓄積されている疲労を回復させます。

上記の状態では、それが出来ていないことになりますね?!

睡眠①

 

なぜそうなってしまうのでしょう?

 

◇寝具が悪く、体に合っていない

寝床が硬過ぎたり,柔らか過ぎたり、枕の高さが合っていなかったりして寝る環境が良くないケースです。

カーペットやソファで寝てしまったりというのも腰が痛くなる要因になります。

 

◇赤ちゃんに添い寝している、ペットと一緒に寝ている

覆いかぶさってしまわない様に気を遣いますので、縮こまって寝ている可能性があります。

 

◇寝返りをうたない

同じ姿勢で寝ていては、同一の場所に長く圧が掛かる事になってしまうと共に、動きが無いことで血行が悪くなり、体が固まってしまいます。

適度に寝返りをうつことが望ましいです。

寝床が合わないが為に行う寝返り(体が痛くて行う寝返り)は、不要な寝返りです。

 

◇姿勢が悪い

姿勢が悪く、腰の反りが強い方は仰向けで寝ると、床と腰の間に大きなスペースが出来てしまい、腰に緊張が生じてしまいます。

 

◇長時間の睡眠、長時間横になっている

寝返りをうたないのと一緒で、寝過ぎるのも腰が痛くなる原因となります。

眠っていなくても、一日中横になってゴロゴロしているのも腰が痛くなる原因となるので気を付けてください。

 

< 対策 >

★仰向けで寝るのであれば、膝下にクッションなどを入れて、膝を曲げた姿勢で眠るのが良いでしょう!

★横向きで、少し体を丸める様にして寝ると腰に負担が掛かりにくくなります。

★寝やすい寝具を使う。

※寝具を選ぶのは難しいですね(^^;)

実際に使用してみないとわからないので…ただし、柔らかくて体が沈んでしまったり、硬過ぎたりするのはよくありませんので、避けてください!

 

寝ていて腰が痛かったりする方にとって少しでも参考になれば幸いです!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/02/23

抱っこヒモによる肩の痛みが無くなった!産後のケア【 患者さまの声 】

抱っこ

当院にも、産後の体のケアでご来院いただいている患者さんがいます。

 

◆抱っこひもで外出すると、数メートル歩いただけで肩が辛くなってきてしまう。

◆頭痛や吐き気が出てきてしまう。

◆肩だけでなく、腰も辛い。

という患者さんがいらっしゃいました。

頭痛④

赤ちゃんはすくすくと成長していってくれることは大変喜ばしいことですが、大きくなる分、抱っこをする際の負担は当然増えますよね?!

 

産後、母体は元の状態に戻ろうとしますが、妊娠前から体に不調を抱えていたり、子育てが大変だったりすると、それが順調にはいかない可能性があります。

 

当院では、それが少しでもスムーズにいくように、骨盤だけでなく、全身のバランスをみながらケアをしていきます。

添い寝や授乳、抱っこ、抱っこしながらの作業など、産後のお母さん達の体のバランスは崩れやすい状況に置かれていると思います。

 

産後のお母さんたちに限らずですが、

体の『構造(=姿勢)』を整えて、

体の『機能(=神経の働き)』を良くする

事はとても大切です。

 

冒頭の症状があった患者さんも今では、

『抱っこひもで抱っこをしても肩は大丈夫!』

『腰の痛みもそこまで気にならない!』

という状態になりました。

 

 

肩や腰だけではなく、手や腕、股関節などに不調を抱えて来院される方もいます。

 

育児で自分のことに時間を割くことは難しいとは思いますが、後回しにせず、自身の体調を整えてお子さんに接してあげてください!

53f96ba5b6cfd9e21b8696b24e00fa29_s

ぜひ当院に、ご相談・ご来院ください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

浦和にあるメリー整骨院のブログでは日々のお体のケアのアドバイスもご提供しております

浦和で信頼と実績ある当院のブログでは、日々の診療の様子や患者様とのエピソードのご紹介をはじめ、気になるお体の悩みや辛い痛みの原因と改善方法のご紹介、痛みの改善や予防のためのアドバイスなどをご紹介しております。
メリー整骨院で患者様から信頼を寄せられ、親しみやすく優しい施術で人気の柔道整復師が、分かりやすいアドバイスをご提供しておりますので、ぜひブログをご覧ください。
ブログをご覧になって当院の施術にご興味をお持ちになった方や、当院が推進する痛みやコリの根本改善療法を受けてみたいと思われた方は、お気軽に浦和にある当院までお問い合わせください。お一人お一人のお悩みやお体の状態に寄り添い、親身で安心な施術をご提供させていただきます。