logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2018/06/04

歯も身体も予防が大切!肩こり腰痛、虫歯にならない為に!

虫歯や歯周病にならない為には、予防が大切!!

という内容のお話を聞く機会がありました。

 

私達、治療家の『肩こり』『腰痛』『頭痛』『不眠』などなど…にならない為には、予防が大切!

という想いと共通したお話でした。

 

歯磨きを毎日されている方は多くいると思いますが、歯磨きをしていても、虫歯になる方はいらっしゃいますよね?

歯磨き

 

正しく歯磨きをしたとしても、歯ブラシでは届かないところがあるため、その除去率は6割にとどまるそうです。

正しく磨いたとしても、6割しかキレイに出来ないのですね!?

驚きです!!

 

歯ブラシでは、歯と歯の間のプラーク(歯垢)は除去できないとのことで、歯ブラシにプラスしてフロスを使用すると、除去率が2割UP!

さらにさらに、歯間ブラシを使用すると、除去率がもっとUP!

適材適所の道具が必要となるようです。

※フロスとは?

http://jp.sunstar.com/useful/usage/interdentalbrush/

SUNSTARホームページより)

 

フロスを使用することによって、

①プラーク(歯垢)の除去

②虫歯や歯周病の予防

③口臭の予防と改善

が行えるとのこと。

 

プラーク(歯垢)とは、歯に付着した食べカスかと思っていたのですが、違うようですね。

『細菌の塊』のことを指し、食べカスをエサにして繁殖するとのこと。

 

『虫歯』『歯周病』は、プラーク(歯垢)をしっかりと除去できていなかったが為に起こる『結果』であり、『虫歯』『歯周病』にならない為には、『予防』が大切である!!

という貴重なお話でした。

 

 

『予防』が大切!という考えは、我々も同じです。

『肩こり』『腰痛』『不眠』『頭痛』など身体の多くの不調は、不良姿勢自律神経の乱れが生じたことによって起こる『結果』です。

肩こり腰痛

『肩が凝った!』『腰の筋肉がパンパンに硬くなった!』とマッサージをしても、一時的には緊張が取れるでしょうが、姿勢が悪いまま、自律神経の働きが悪いままでは、筋肉の緊張は時間と共に生じてしまいます。

 

原因の根幹である、不良姿勢自律神経の働きを改善させない事には、症状は消えません。

 

『虫歯』『歯周病』がある状態、

『肩こり』『腰痛』がある状態、

であれば、まずはその問題をクリアし、その後は

『虫歯』『歯周病』

『肩こり』『腰痛』

を再び起こさないために、

『予防』が必要となります。

 

人間は、食事しなければエネルギーを摂取できません。ですから、口内をケアし続けなければいけません。

また、日常生活では、パソコン作業、家事やスマホ操作など、ほとんどが不良姿勢になる行為ばかりです。

 

歯も身体も、生きていく上でケアが必要です!

 

発明王エジソンも、下記の様な言葉を残しています。

『未来の医師は薬を用いないで、患者の治療において人体の骨格構造、栄養、そして病気の原因と予防に注意を払うようになるだろう』

The doctor of the future will give no medicine but will interest his patients in the care of the human frame,in diet,and in the cause and prevention of disease.

 

 

当院の施術は、

身体の『構造(=姿勢)』を整えて、

身体の『機能(=自律神経の働き)』を良くし、

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させて、不調を繰り返し起こさない体つくりを目指しています!

『バイタルリアクトセラピー』

 

今現在だけでなく、5年後、10年後も見据えた、健康な身体作りをしていきます!!

 

『慢性腰痛』『ぎっくり腰』『肩こり』『頭痛』『めまい』『不眠』などでお困りの方は、ぜひご相談・ご来院ください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
https://www.ekiten.jp/shop_94937901/
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/05/26

ぎっくり腰に注意! さいたま市浦和区のメリー整骨院

少し暑いぐらいの気候になってきました。

しかし、こんな時でも油断をしていると『ぎっくり腰』を起こしてしまう事はありますので、注意が必要です!!

腰痛②

 

日中は、半袖で過ごせるぐらいになりましたが、夜は上に羽織るものがあった方が良いぐらいの日があります。

この様な、日中と夜の気温差があったり、まだ身体が暑さに慣れていなかったり...。

 

体温の調節は、自律神経の働きによります。

上記の様な気候の変動も自律神経には負担(=ストレス)となります。

 

それ以外にも、

◆生活の乱れ

◆不良姿勢

◆精神的ストレス

◆疲労

は自律神経の働きを悪くします。

※疲労と自律神経の関係⇒【 身体の疲れを取るには、脳を休ませる! 】

 

 

そして、自律神経の乱れは、筋肉の緊張に繋がります。

そのような状態で、子供を抱き上げる、荷物を持ち上げる、と言った作業は注意が必要です!

 

そして、身体を痛める事が多いのは、事の手順を抜かした時に多くみられます。

 

例えば、

◇子供を抱き上げる際、しゃがまずに前傾姿勢から抱き上げた。

◇荷物を持ち上げる際、荷物に対して正面にむかず、身体を捻りながら持ち上げた。

などなど。

 

この様な、はしょった動作をした時には、腰を痛めることが多いです。

 

他にも、自律神経の乱れによって生じる可能性のある症状は様々です。(下記参照)

  • 肩こり ●頭痛 ●めまい ●耳鳴り ●不眠
  • 手足のしびれ ●便秘・下痢 ●背中の痛み
  • 慢性腰痛 ●足のツリ ●むくみ ●冷え症
  • 動悸 ●息切れ ●食欲不振 ●倦怠感

など。

 

 

当院の施術は、

身体の『構造(=姿勢)』を整えて、

身体の『機能(=自律神経の働き)』を良くし、

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させて、不調を繰り返し起こさない体つくりを目指しています!

『バイタルリアクトセラピー』

 

今現在だけでなく、5年後、10年後も見据えた、健康な身体作りをしていきます!!

 

『慢性腰痛』『ぎっくり腰』『肩こり』『頭痛』『めまい』『不眠』などでお困りの方は、ぜひご相談・ご来院ください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
https://www.ekiten.jp/shop_94937901/
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/05/17

熱中症に注意!②

昨日、熱中症について載せましたが、こんな記事も見つけました。

【 熱中症、いまこそ対策 暑さ、慣れておらず油断しがち 】click!

(朝日新聞より)

熱中症

 

下記は、東京都の昨年の熱中症による救急搬送数です。

5月 212人(平均気温:20.0度)

6月 232人(平均気温:22.0度)

7月 1734人(平均気温:27.3度)

8月 1045人(平均気温:26.4度)

9月 122人(平均気温:22.8度)

救急車

気温が上がり始める5~6月は、7月、8月と比べれば少ないですが、暑さが残る9月よりも多くなっています。

 

5~6月は、身体が暑さにまだ慣れていなかったり、油断から水分補給が不充分であったりするようです。

 

熱中症は、重症化すると脳にダメージが生じて、障害が残ることもあるので、子供やご高齢の方は要注意です!!

下記の様な症状が出た場合は気を付けてください。

 

熱中症の重症度と症状(日本救急医学会 熱中症分類2015 参照)

<Ⅰ度 応急処置>

めまい、立ちくらみ、大量の発汗、筋肉の硬直(こむら返り)

<Ⅱ度 医療機関へ>

頭痛、嘔吐、倦怠感、虚脱感

<Ⅲ度 入院>

意識障害、けいれん発作

 

Ⅰ度の応急処置として、東京都医師会より↓↓が推奨されています。

◆応急処置◆

『FIRST(ファースト)』

Fluid(フルード)=液体(水分補給)

Ice(アイス)=体を冷やす

Rest(レスト)=涼しい場所で休む

Sign(サイン)=1530分ほど様子をみる

Treatment(トリートメント)=治療(症状の改善が見られなければ病院へ)

 

 

病院へ行こうか、救急車を呼ぼうか、わからなかったり、迷うようでしたら、

#7119(救急電話相談)

へ電話して相談するのも良いのではないでしょうか??

急な病気やけがの際に、家庭での対処方法や医療機関への受診の必要性について、看護師さんが電話で相談に応じてくれます。

 

熱中症は、気を付けていれば予防することが出来ますので、油断せずにご注意ください!!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
https://www.ekiten.jp/shop_94937901/
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/05/16

熱中症や自律神経の乱れに注意!

今日は暑くなりましたね!?

青空

私も、お昼に外に出ましたが、歩いていると汗ばむぐらいの天気でした。

まだ湿度が無いのが救いですが。

 

そろそろ熱中症に気を付けなければいけません。

こんな暑さの時には特にですが、知らず知らずのうちに汗はかいています。

『喉が渇いたな』と思った時には、遅いと思った方が良いでしょう!

 

そして、ちょうど昨年の5月11日に下記の記事を載せていました。

【 熱中症に注意! こまめな水分補給を!! 】

近年は5月の時点で夏の様な日差しが降り注ぐようになってしまったのですね…。

 

暑くなってきて、水分補給が大切な時期ですが、自律神経の乱れにも気を付けなければいけません。

 

自律神経は、体温調節を行う働きがあります。

暑ければ汗をかいて、身体を冷却しようとしたり、血管を弛緩させて熱を体外に逃がすようにしたりします。

寒ければ血管+筋肉を収縮させて熱が逃げないようにし、寒さが強ければ筋肉を震えさせて熱を産生しようとします。

 

今の時期の様に、昼間は暑く、夜は涼しかったりすると、自律神経の働きが過度になり、乱れの原因となってしまいます。

 

では、どのようにすれば良いのか??

それは、

『充分な睡眠時間』『質の良い睡眠』です。

身体を整えるのは、睡眠です。

【 快適な睡眠をとる為には?寝る前の準備① 】

【 睡眠の質を良くするには?寝る前の準備② 】

 

寝付きが悪い、夜中に目が覚める、寝起きがスッキリしない、

といった方は、睡眠時間を確保できていたとしても、睡眠の質は良くないと思われます。

睡眠不足

 

当院の施術は、

体の『構造(=姿勢)』を整えて、

体の『機能(=自律神経の働き)』を良くし、

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させて、不調を繰り返し起こさない体つくりを目指しています!

『バイタルリアクトセラピー』

 

施術によって、ぐっすり眠れるようになったというお声を患者さんからよく頂きます!

 

睡眠は、とても大切です!

眠れる身体つくり、不調を繰り返さない身体つくりをお手伝いさせていただきますので、『腰痛』『肩こり』『頭痛』『めまい』『不眠』などでお困りの方は、ぜひご相談・ご来院ください!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
https://www.ekiten.jp/shop_94937901/
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/05/09

気温の変化による体調不良・体の痛み(首肩痛、腰痛、関節痛など)にご注意を!

先週の暖かさが嘘のように寒くなりましたね!?(><)

寒い

気温差に体がついていかず、体調を崩してしまう方もいるのではないでしょうか??

 

気温の変化が生じた時に、体温を調節するのは『自律神経』です。

 

現代の生活において、疲れ精神的なストレス不規則な生活(夜更かし、遅い時間帯の食事)夜間のスマートフォン使用深夜テレビなど、自律神経を乱す要素はたくさんあります。

ただでさえ活発に働いている自律神経、急激な気候の変化にさらされると、対応しきれなくなって体調を崩してしまいます。

 

自律神経の乱れによって生じる可能性のある症状は様々です。(下記参照)

●肩こり ●頭痛 ●めまい ●耳鳴り ●不眠 

●手足のしびれ ●便秘・下痢 ●背中の痛み

●慢性腰痛 ●足のツリ ●むくみ ●冷え症 

●動悸 ●息切れ ●食欲不振 ●倦怠感

など。

 

では、自律神経を乱さない様にするには??

 

◇規則正しい生活

◇充分な睡眠時間を確保(早寝早起き)

◇適度な運動

◇深呼吸をしてリラックス

◇正しい姿勢で生活

などなど。

 

手軽に取り組めるのは、

◇充分な睡眠時間を確保

◇深呼吸をしてリラックス

でしょうか?

睡眠②

 

◇正しい姿勢で生活

も取り組みやすいですが、意外に一日を通して継続するのは大変なことです。

しかし、健康の為には、

◇充分な睡眠時間を確保

◇正しい姿勢で生活

は、大変重要なポイントです。

ここで言う『健康』とは、内科的な要素だけでなく、肩こりや腰痛、頭痛なども含みます

 

姿勢が乱れると、体の構造的な崩れが生じ、これが自律神経の乱れにも繋がります。

 

当院の施術は、

体の『構造(=姿勢)』を整えて、

体の『機能(=神経の働き)』を良くし、

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させて、不調を繰り返し起こさない体つくりを目指しています!

『バイタルリアクトセラピー』

 

<バイタルリアクトセラピーによって期待できる効果>

●肩こり ●頭痛 ●めまい ●耳鳴り

●不眠 ●手足のしびれ ●便秘・下痢

●頚椎椎間板ヘルニア ●むち打ち

●腰椎椎間板ヘルニア ●足のツリ

●慢性腰痛 ●坐骨神経痛 ●むくみ

●変形性股関節症 ●冷え症 ●猫背

など。

 

上記症状でお困りの方は、ぜひご相談・ご来院ください!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
https://www.ekiten.jp/shop_94937901/
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/05/07

根本的に治すとは?!~根本治療/対症療法~

痛み症状や不調症状があると、インターネットで、その対処法や治療を受けられる治療院or病院を探すことがあると思います。

 

そして、そこで目にする

『根本治療』『痛みの原因を根本から良くする!』

と言ったキーワード。

 

『根本から良くする』とはどういうことなのか??

はてな?

 

『根本治療』の前に…

『対症療法』という言葉がありますが、これは

『病気の原因に対してではなく、その時の症状を軽減するために行われる治療法』

とあります。(デジタル大辞泉)

 

肩こりや腰痛に対して行うマッサージが『対症療法』に当たります。

マッサージを受けて、その場は気持ちよくて楽になるのだけれど、またすぐに症状が戻ってしまう…。

 

なんてことを経験したことはありませんか??

 

筋肉のトラブルだけであれば、マッサージでも症状が改善されて消失するかもしれませんが、多くの場合、姿勢が影響するので、姿勢を正さない限り、時間の経過と共に症状が再発してきます。

参照⇒【 首や肩の痛み、肩こりには、さいたま市浦和区のメリー整骨院 】

 

姿勢の乱れと聞くと、肩こりや腰痛は想像しやすいと思いますが、それだけではなく、『自律神経』も乱れてきます。

 

< 自律神経が乱れると、様々な不調が起こる可能性が出てきます >

●肩こり ●頭痛 ●めまい ●耳鳴り ●不眠 

●手足のしびれ ●便秘・下痢 ●背中の痛み

●慢性腰痛 ●足のツリ ●むくみ ●冷え症 

●動悸 ●息切れ ●食欲不振 ●倦怠感

などなど。

 

当院で行う『根本治療』とは、『姿勢=体の構造』を変えていくことを目指していきます。

姿勢

 

体の『構造(=姿勢)』を整える事で、

体の『機能(=自律神経の働き)』を良くし、

体が本来持っている『自然治癒力』を活性化させて、自らの力で体の不調を取り除いていくのです!

『バイタルリアクトセラピー』

 

風邪を引いた、擦り傷や切り傷が出来た…

と言った時、風邪や傷口は自ずと回復していきます。

この時、働いているのが『自然治癒力』です。

 

体の『構造(=姿勢)』を良くするのにも、それなりの時間が掛かります。

なぜなら、現在出ている症状と言うのは、昔からの生活が影響してくるからです。

参照⇒【 痛みの原因はいつ作られる?? 】

 

 

身体の構造を整える!

などと聞くと、『バキバキッ!』と強い刺激で矯正されるのかと思うかもしれませんが、それでは逆に身体に負担を与えてしまいます

バイタルリアクターという『最新のコンピューター治療システム』により、低刺激で身体に負担の少ない施術を行います。

 

 

『腰痛』『肩こり』『頭痛』『めまい』『不眠』などでお困りの方は、ぜひご相談・ご来院ください!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
https://www.ekiten.jp/shop_94937901/
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

浦和にあるメリー整骨院のブログでは日々のお体のケアのアドバイスもご提供しております

浦和で信頼と実績ある当院のブログでは、日々の診療の様子や患者様とのエピソードのご紹介をはじめ、気になるお体の悩みや辛い痛みの原因と改善方法のご紹介、痛みの改善や予防のためのアドバイスなどをご紹介しております。
メリー整骨院で患者様から信頼を寄せられ、親しみやすく優しい施術で人気の柔道整復師が、分かりやすいアドバイスをご提供しておりますので、ぜひブログをご覧ください。
ブログをご覧になって当院の施術にご興味をお持ちになった方や、当院が推進する痛みやコリの根本改善療法を受けてみたいと思われた方は、お気軽に浦和にある当院までお問い合わせください。お一人お一人のお悩みやお体の状態に寄り添い、親身で安心な施術をご提供させていただきます。