logo_tell

​優しい施術と一人ひとりに合った予防をご提案します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ブログ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
2017/09/14

立ち上がり時や前屈み時の急激な腰痛(ぎっくり腰)には さいたま市浦和区のメリー整骨院

日中の日差しはまだ強い日がありますが、朝晩は涼しくなり、過ごしやすくなってきましたね

夏から秋へと季節が変わっていくこの時期、ぎっくり腰を起こしやすい時期でもあるのでご注意ください

 ぎっくり腰

 

 

 

 

 

 

 

 

日中と朝晩の気温差が出てくるこの時期は、体温調節を管理する自律神経に負担が掛かってしまい、乱れが生じて、腰痛に限らず体調不良を起こしやすい時期となります。

(今は真夏でも、エアコンの効いた室内と日差しの強い外との気温差で自律神経が乱れやすいですが(^^;))

 

また、朝方の涼しさで体の動きが硬くなり、

立ち上がり起き上がり

下の物を取ろうと前屈みになった時など、

動作開始時に体を痛める事が多くなります。

 

朝方は、体温が下がっている時間帯でもあるので、筋肉に硬さが出て体の動きが鈍くなっています。

元々腰痛持ちの方や疲れが溜まって体の張りを感じている方などは注意しながら行動してください

 

万が一、ぎっくり腰になってしまったら…

 

移動が困難な時は、無理して動かずに横になり、痛みの強い部分にアイスノンや保冷材などをタオルで包んで1015分程冷やしてください。痛みが少し和らぐと思います。

 

安静時の姿勢は、痛みの強い方を上にして横向きに寝てください。その際に抱き枕があると楽だと思います。

全体が痛いと言う場合は、楽な姿勢がありますので、ご自身の楽な姿勢を探してください。

 

移動が出来る場合は、早目に医療機関を受診してください。早期の治療開始が早期の回復につながります!

 

『痛みが引いた=治った』わけではありません。痛みが引いたからといって無理な動き、急激な動きをすると再受傷してしまう可能性もありますので気を付けてください。

 

当院では、

ハイボルト療法

テーピング療法

カイロプラクティック

などで、早期回復が出来る様に努めていきます

 

近々試合がある、明日仕事に行かなくてはいけないetc 患者さんの生活に沿った対応を心掛けています

ぜひ、痛みでお困りの際にはご来院・ご相談ください!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メリー整骨院
http://merryseikotsuin.com
住所:​〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区
常盤4−11−2 倉林ビル102
TEL:048-711-1059
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇